このホームページは、日本の空港戦略について考える目的で設置しています。

シンガポールのチャンギ、韓国の仁川等、東南アジアを見渡しても、滑走路を複数持ち、
24時間離発着、巨大なターミナルビル、貨物ターミナルを保有する空港が続々と現れています。

急速な経済発展に伴い、アジア諸国での航空旅客数はいままでにないペースで増加し、
合わせて貨物量の増大も予想されます。
このような国際環境の中で日本がどのような空港戦略をとるべきか、考えていきたいと思います

現段階では、学生時代に授業で書いたレポートを掲載しているだけですが、
内容は徐々に増やしていきたいと考えています。

空港はその国の玄関です。
政府も唱えているように、日本はその豊富な観光資源を活用し切れているとはいえません。
1人でも多くの外国人に日本を知ってもらい、何度も訪れてもらうことは、
単に経済的な面だけでなく、国際関係の面でもソフトパワーの強化につながります。

また、中継地点として日本の空港を利用してもらうだけでも大きな経済効果があります。
各国が「ハブ空港」の建設を目指すのは当然のことなのです。

もちろん空港の建設は一朝一夕にはなりません。
私が日本に足りないと考える、長期的な視点での空港戦略について、
このページを通して考えてみたいと思います。

ご意見等がございましたら、お気軽にメールでご連絡下さい。

yusuke83@yahoo.co.jp

レポート