これが逆から読んでも同じ文なのか? 恐るべき面白さ!

この本で、あなたの言葉に対する考え方が一変します

さかさ言葉「回文」のすべて 〜脳がちがうの〜

著者: まさに何様、闇から神谷 (著者名も回文)
B6判、303頁 (ページ数も回文)
ISBN: 4-906391-74-5 C0095
本体価格: 1,221円(値段も回文)

はじめに
新聞紙(しんぶんし) 竹やぶ焼けた(たけやぶやけた) 前から読んでも、後ろから読んでも同じ言葉。  誰でも一度は聞いたことがあるでしょう。  このように、さかさから読んでも同じになる言葉を、 回文またはさかさ言葉といいます。  この本は、いろいろな回文を集めた本です。

「な〜んだ」なんて馬鹿にしないで。この本を読めば、いかに回文がおもしろく、 奥の深いものかがわかるはずです。  ま、理屈をいくらこねても仕方がないので、百聞は一見にしかず。

ママの意のまま
  意のままって、ママにいったい何をされるんだ〜!?

「寝てんなよ!」 なんてね
  学校や職場で寝てる奴がいたら言ってやりましょう。なんてねってつけるあたりが、かわいいじゃないですか。

しなちくに口なし
  「死人に口なし」ってことわざはあるけど、回文にかかると、「しなちくに口なし」です。確かに、しなちくに口はない〜。

従来の言葉遊び本とはひと味違う
いかかでしょう? ちょっと新聞紙とはひと味ちがう面白さでしょ。  この本は著者が構築した、九千個ものオリジナル回文から、面白いものだけを厳選した究極の言葉遊びの本なのです!!

今までにも、類似の言葉遊びの本はありましたが、つまらないないものばかりでした。  この本の回文がいかに優れているかは、以下の作品を見ていただければ納得いくはずです。(だてに九千個からピックアップしていません!)

例えば、あなたの周りの吉田君に
文句だしようもないな、もう吉田君も
なんて言ってみたらいかがでしょう? これが、なんとさかさ言葉なのです。

倉田はいつも、つい働く
あなたの周りの倉田くんはどうでしょうか?

日常会話で、
ノルマうまるの?
できんのに、のんきで

なんてつぶやいてみるのも笑えます。

家電のコジマ電機のCMをみて
マジ?好んで買いたい、家電のコジマ
と、さけんでみてはどうでしょう。

長い回文もあるんです
これだけで驚いていてはいけません。長い作品もたくさんあります。  川柳だって、短歌だってあるのです。

【川柳】
よくつかむ、薬のリスク、むかつくよ…
買うときに、ハマる車は、二気筒か

【短歌】
岸の谷、さまよい恋し、香る春、おかしい恋よ、まさに楽しき

これらがほんとに回文なのです。

筆者の「まさに何様」は、詩人でもあり、非常に美しい作品を連発します。

まだ恋し仲は遠のきて、消えた言葉と答え、汽笛の音は哀しいこだま…

ちょっとうなってしまいますね。どう見ても、これは普通の綺麗な詩でしょう?  なんと、恐るべきことに、100文字以上の綺麗な詩が、いくつも並ぶのです。  これは、現代文学に新たな衝撃を与えるのでは? なんて思えてきます。

笑える回文、エッチな回文
一方「闇から神谷」はパズルの達人で、思わず大笑いする作品を連発します。
カラスも飛ぶとモスラか?
デブのサマーバーゲン、ゲーバー「まさのぶ」で

ん〜、全く意味不明ですが、面白さに脳味噌がぴくぴくしちゃいます。

なお、実は、ここに載せるのがはばかれるほどの、エッチな回文にも20頁というすさまじい紙面をさいています。(ここまでやるのか!)

やらせるブルセラ屋
アニマルやるマニア
ママのリアルなア□ル、ありのまま…

ん〜、こんなの載せてしまっていいのでしょうか? 149文字という、究極のエロ回文ものっています。

回文研究の集大成
また、これら厳選された回文のほかにも、「外国語の回文」「回文の作り方」「いろは歌回文」「回文クロスワードパズル」「数式の回文」「回文の歴史」など、1221円という値段では信じられないほどの、回文のオンパレードとなっています。まさに、回文研究の集大成書です。

例えば、英語の回文では、
A Santa lived as a devil at NASA.
   サンタは、NASA(米国航空宇宙局)では悪魔として住んでいた。

なんてのが出てきます。ん〜、サンタクロースはNASAでは悪魔なんですな。  このほか、英語の面白い回文もたくさん紹介されており、なんと25ヶ国語の回文まででてきます。

こんな数式の回文だってあります。
2×(172+231) = 13×62 = 26×31 = (132+271)×2

ん〜、ひさびさに見る、何回でも笑える本です。 お近くの書店にないときは、書店で注文されるか、インターネットで購入されることをお勧めします。

なお、昨年の毎日新聞12月27日の書評にも紹介されました。内容には絶対の自信があります。