ANNOUNCEMENT

今年のコンサート情報です。

 

 

ジョイントコンサート 〜歌さえあれば トシの差なんて・・・(1999.2.7.フェニックスホール)

東京大学グリークラブのOB合唱団コール・アカデミーと。

ザ・フェニックスホール 開場 13:30 開演 14:00
入場料1000円 (全席自由)

女コラのOG合唱団である、コール・葉音(こーる・はおと・・・・と読みます。)がジョイントコンサートをすることになりました。
キャリア・ウーマンから主婦の方々までみなさん忙しい中がんばって練習しています。
女コラの現役も葉音さんと一緒にステージに立つことになりました。

オープニング 合同  
第1ステージ アンサンブル・葉音 「世界のうた」より
アイルランドの子守歌
ほか
第2ステージ コール・アカデミー 「シー・シャンティ」より
Swansea Town
ほか
第3ステージ アンサンブル・葉音 ペルゴレージ「Stabat Mater」より
Stabat Mater dolorosa
ほか
第4ステージ コール・アカデミー シューベルト男声合唱曲集より
Die Nacht
ほか
クロージング 合同  

もうすぐ本番です。どのステージも素敵な曲です。
オープニングとクロージングの曲は聴いてのお楽しみということで・・・・。

ホールの詳しい情報(地図など)はこちらへどうぞ。

 

第22回定期演奏会(1998.11.23.メイシアター)

第1ステージ 東京物語 副指揮者、りえちゃんのステージです。なかなかユニークな曲集です。どんな曲かはお楽しみに。
第2ステージ 企画ステージ『カルメン』 毎度おなじみ、女コラの企画ステージです。
第3ステージ 美しい訣れの朝 ジョイントの時は歌わなかった1曲を加えての完全バージョン。より美しく歌えるようにがんばっています。

もうすぐわたしたちの定期演奏会です!開場18:00、開演18:30。
本番に向けてみんなでがんばっています。冗談を飛ばしつつもみんな真剣です。
企画ステージの踊もなかなか凝っていると思うので、どうぞお楽しみに♪

ジョイントコンサート『音質保証?』(1998.6.30.吹田メイシアター)

関西大学工学部男声合唱団コール・テクニカ、神戸商科大学グリークラブ、帝塚山大学コーラス部グローリアと。

開場 18:15 開演18:45 入場無料

第1ステージ テクニカ 男声合唱組曲「海」 作詩:北川冬彦
作曲:高田三郎
第2ステージ グローリア 女声合唱とピアノのための「民話」より 作詩・作曲:鈴木憲生
第3ステージ 女コラ 女声合唱組曲「美しい訣れの朝」 作詩:阪田寛夫
作曲:中田喜直
第4ステージ 合同 A.ブルックナー「モテット」 作曲:Anton Bruckner
客演指揮:松井裕子
客演伴奏:関 由紀

やっとタイトルが決まりました。この、ラストの「?」がポイントです。音質を保証します・・・・・、したいなぁ・・・・、できるかなぁ・・・・。
という意味が込められています。某団が、あまり上手くないという評判なので(学生の間では)、こういうタイトルになったそうです。
でも、ご安心を。みんな一生懸命に練習しています。きっと来てくれた人には楽しんでもらえるはずです。

ソロを歌うメンバーも決定し、合同練習も正念場です。練習の時ばかりは、みんないつもとは違って真剣です。
個人的にも歌う技術がアップしたし、合唱としてもまとまってきました。新たに練習に参加している新入部員たちも頑張っています。

今回の合同ステージの曲は、ラテン語です。やれやれ・・・・。
普通の合唱曲とは違って、伴奏はエレクトーンです。ピアノ伴奏とは違って、なかなかおもしろい感じですよ。

女コラの単独ステージでは、「美しい訣れの朝」を歌います。病気で伏せていて、もうすぐ死ぬであろう妻が、死んだ母や生まれてこなかった
子供、残していく夫を思っている歌です。とても素敵な曲ですが、結婚したことも流産したことも、病気で死にかけたこともない私たちには想像
もつかない世界なので、表現するのが難しいです。でも、私たちなりに生への執着や、すべてを昇華してしまった澄んだ気持ちを少しでも表現
したいと練習していますので、ぜひお楽しみに♪

7/2
無事にジョイントコンサートの幕も降りました。まあ、成功に終わったといっても良いんじゃないでしょうか。
単独ステージも、なかなかの仕上がりでした(^^)この曲は11月の定期演奏会でも歌います。
その時にはよりグレードアップした「美しい訣れの朝」をお届けしたいと思います。

 


FRONT PAGE ABOUT ME LINKS
ABOUT THE CLUB MEMBERS AT THE CLUB CONCERT ANNOUNCEMENT PHOTO