人として

ここではアタシがアタシの人生の師匠と崇めているモッちゃん(♂35才)と語り合った「人間の有るべき姿」についてに書いてあるページです。
だから、読んでも全く面白く無い人もいると思うし、意見が全く違う人もいると思います。
でも、もしも貴方がこのページを読む事でアタシ達のパワーが少しでも伝わったら・・・・
みんな、人間は一人なんかじゃない。


1998/4/25(Sun)某居酒屋にて
今日は実に何年かぶりで、アタシの「人生の師匠」に会うのだ!!
ハッキリ言って、昔のアタシは嫌な奴だった。そんなアタシを変えてくれたのが師匠、モッちゃんなのだ!
昔のアタシは自分が大嫌いで、世界を憎んでて、どうしようもないガキだった。
いつも後ろばっかり振り向いてて、自分の足で歩く事はおろか、立つ事さえできなかった。
そんなアタシを支えてくれたのがモッちゃんだった。
アタシは、「生きてるだけでいいじゃねぇか」って事に気がついた。


「後ろばっかり振り向いてたって何も出来ねぇ」

これが1番アタシの心に響いてる言葉。
悩むのは悪い事じゃない。悩める時に悩んだ方がいい。でも、絶対「後悔」はしたくない。
それならば、とりあえずやってみて、「ああ、あんなことしなきゃヨカッタ」って思う方がいい。
やる前から諦めて、「あの時こうしてればヨカッタ」なんて、絶対思いたくない。
物事を始める前に諦めるのは「後ろを見てる」事なんだと思う。
そんなのは、ツマラナイ。
何時だって、1秒先を見つめていたい。
振り返る余裕があるなら、必死に前を見つめていたい。
あまり先の方を欲張って見つめていたって、転んじまう。
だったら・・・・いつでも1秒先をみつめていたい。


「悩んだ時には自分が1番カッコイイと思える道を選べ」

これもアタシが師匠から貰った大切な言葉。
人間て、しょっちゅう十字路に立たされる。自分で進む道を選ばなきゃならなくなる。
そんな十字路に立って、自分の進むべき道が解らなくなった時・・・そんな時は、迷わずに、「自分が1番カッコイイ」と思える道を進もう。
それでこけちまってもいいじゃねぇか。カッコイイって事だけで救われるじゃねぇか。
少なくとも、自分が選んで決めた道だろ?だったら素直に受止めろよ。
悩んで悩んで、自分の行く先が解らなくなったら、自分の中にある、「声」に従えばいい。
自分の行く先なんて、自分意外の誰も知らない。


「人間は自分の出来る仕事だけこなせばいい」

アタシ達は、学校にいったり、社会に出て働いたりしなきゃイケナイ。
働いて、お金を稼がなきゃイケナイ。
なぜなら、生活できないから。
でも、お金を稼ぐのは「仕事」なんかじゃない。それはあくまで「商売」。
自分の労働力を売って、日本が発行してる紙幣を貰う。これは商売。
人間の仕事。
それは、「考える事、生きる事」だと思う。
生きる事は生物として生れたものが全てこなしていかなければならない仕事。
考える事は(今の所)人間だけがこなしていける仕事。
素晴らしい仕事じゃねぇか!!
職業云々で悩むなんてバカらしすぎる。どんな職業かなんて、ただの肩書きだ。
本当に大事な事は、中身なんじゃないのか?
考えて、毎日を大切に生きる。
これが、本来の人間の仕事だ。


「死ぬ勇気があるなら生きろ!!」

最近子供の自殺が目立つ。スゲー悲しい事だ。
なぁ?なんで死ぬ勇気があるのに生きる勇気がないんだ?
イジメは辛い。実は・・・アタシもイジメに遭ってたことがある。
でも、そんなのっておかしいじゃんか?なんで理由も無くイジメなんて理不尽な目に会わなくちゃいけない?
なんで自分の存在を否定されなきゃいけないんだ?
なんで死んじまう前に相手と戦わない?
もしかしたらお互い理解しあえるかもしれないんじゃねぇのか?
アタシは・・・そうした。
イジメられる意味が分からなくて、イジメて来た相手をブン殴った。なぜアタシをイジメるのか、問いただした。
特別な理由なんてなかった。話してみれば、お互いが同じ人間だって事に気付き会えた。
黙ってれば・・・相手の思う壺だったんだと思う。
なぁ?思い切って叫んでみようぜ。死ぬ勇気があるなら、相手の事ブン殴る位の勇気はあるだろ?
自分を守るのは、結局自分しかいねぇんだ。
生きてれば、良い事は必ずある。


「不幸なだけの人間なんて絶対いない」

人間、生まれてから死ぬまで幸福な人生歩む奴なんてそうそうはいない。
でも、それと同時に、生まれてから死ぬまで不幸なだけの人生送る奴もいないと思う。
人間なんて、生きて1世紀だ。そんな中で、不幸の量も、幸福の量も、結局は同じなんだって気がする。
不幸は・・・手をつないでやってくる。1度にやってくる事が多い。まるで、落とし穴みたいに。
それに比べて幸福って奴はフワフワと身の回りに浮かんでるもんだ。
だから不幸には気がつけても、幸福には気がつけないなんて事が起こる。
でも、どんな不幸な時だって、飯が美味いと思えればそれは幸福なんじゃねぇのか?
空を見上げて、キレイな風景だったら幸福なんじゃねぇのか?
幸福は、小さくて見つけ難い。
でも、必ずいつも身の回りにいるものなんだ。


とりあえず、今回はここまで。
でも、もっともっと伝えたい事がある。
必ず、また更新する。
みんなに伝えたい言葉がある。

自分ニ偽ラズ
他人ニ流サレズ
風ニ逆ラワズ
決シテ俯カズ
 GO! STRAIGHT ON!



このホームページのホストは です。 無料ホームページをどうぞ!