いまだ制作途中です。迷い込んだ方はここで引き返してください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

この世の終りの地
(自殺志願者による自殺者を数えるページ)

 このページは、自殺を賛美するものではありません。かといって彼らを負け犬として嘲笑う意図も、その予備軍の人たちに自殺を教唆するものでもありません。彼らに強く共鳴する製作者が淡々と彼らを悼み、翻って己をかんがみよう、という意図のもとに開く極私的なページです。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

自殺掲示板
( 悪戯書きはやめよう!頼む )

 

旧掲示板 あなたの最後の言葉を  皆さんの最後の言葉です

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1998年以降の自殺者を数えています。

 

1998-2 新井将敬さん、

 彼の死に際して、感じたことは、かつて日本にいたという侍のような死に方だな、ということだった。葉隠。心情的には三島由紀夫の自決に近いものではなかったか。のちに、彼が帰化した在日の方であったこと、すでに自決していた右翼の大物、野村秋介との交流があったことなども知り、わたしとは全く違う高いレベルでの苦悩を抱え、プライドのためにその選択を採らざるを得なかったのかな、と思う。彼が書き残し持ち去られたという今際の際のメモにはなにが書かれていたのか。ブラウン管でお馴染みの彼の死に心を揺さ振られ、このページを密かに開設す。

1998-5 hideさん、

 x-japan 、とうとうデビュー曲「紅」しか、ぴんと来る曲がなかったのだけど、hideのオリジナル曲、とくに後半の作品は名曲が多かったと思う。これだけの才能が、バンドの一ギタリストとしての位置に満足しているということがまず気になっていた。かつて肥満児であったという過去。奇怪な風体の仲間を引き連れてのステージ。テッムバートンのごとき、フリークスへの慈愛の眼差しが感じられた。自殺か事故か分からないということになっているが、事故で間違いないと思う。そして、わたしの理解では自殺であるのです。彼は以前から、酩酊して頭蓋骨を骨折するような怪我を何度もしていたそうですから、その流れの中でのことでしょう。わたしが恐れているのもこの形の自殺なのです。冷静な状態で、毒の杯をあおるような、きちんと遺書をしたためて、ビルの屋上からダイブするような死に方は現在のわたしはしないし、できそうもありません。しかし、アルコールで酩酊し、判断力が落ちている時、激怒して我を忘れている時などの普通ではない時、わたしは発作的にこんな形で死んでしまいそうなのです。自殺すればそれで解決するじゃないか、みんなそれを喜ぶはずだ、そんな気持ちがいつも心の奥底に小さくあり、どんなに否定しても形を変えずに鈍く光っているのです。用心しなくては。それにしても本当にこれからと言う時であり、とても残念です。

1998- 5 ねこぢるさん

 彼の作品のブラックさ、そして、とうとう一枚の写真も公開せずに、死んでしまった、という謎に満ちたプロフィール。そうだったのか、ねこぢるとは三十二歳の女性だったのか。旦那は山野一だというのも始めて知った。暗黒夫婦、だったのかな。よく分からない。でも、山野が絞殺した、とかいうのはないかな。山野の漫画ちょっとしか読んだ事がないけど、もうとにかく暗く残酷だったと思う。それでも、専業漫画家で生計を立てているのだとインタビューに答える記事を読んだ事があるのだが、何の事はない、かみさんに食わせてもらっていただけじゃないか。散々寄りかかって暮らしてきた挙げ句、殺してしまったのではないかな。違うかな。どちらでもいいな、どちらでも同じ事だ。山野、これから、その罪を抱えて更に日当たりの悪い場所を歩むがよろしい。とにかく、ねこぢるさん、御到着です。彼女がどんな人だったのか、と今でも時々考える。やはり辛い人生だったのだろうな。

1998- 12 Dr.キリコと彼女たち

 インターネットの掲示板を介して青酸カリを配送し、自殺ほう助の罪が発生した事件。報道を受け、そのホームページを求める人々が溢れ、その余波でここもアクセスが異常に増加する。一日に三百以上のアクセスがしばらく続いた。キリコ氏、彼も親の過度な期待のもとで過酷な日々を送ってきたらしい。しかし、彼のしてしまったこと、それは麻原が弟子たちにしてしまったこと、させてしまったこと、と変わりがないと思う。わたしは彼とは違う道を行きたい。それにしても、二十七歳の彼が小学生の時からインターネットをしていたとはどういうことか、これだけでも彼への過剰な期待がうかがえる気がする。一人息子の彼は恵まれた環境で、インターネットの暗黒面に毒され、独善的な側面を膨らませてしまったのかな。たまらない話だ。

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

製作者 について
あった方が良いかな、ということで、自己紹介をこつこつと書いてますので、そのうち。例えば、あなたは何年間も誰とも話をしなかった人を知っていますか。いまだに電車に乗れない人を知っていますか。わたしはなぜか知っているのです。メールとか書いてみるとなにか反応しますので、お暇な人はどうぞ。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

GeoCities Japan

このベージは、製作者であるわたしがこの考えを実行に移した時、あるいは、この考えを必要としなくなった時、役割を終え、更新されなくなります。後者で終わりたいです。

updated 99/01/16 (since 98/02)