Net Gallery

田村 優幸  TAMURA masayuki


自然の中でのインスタレーション美術
休耕田を使っての泥と木(小枝)とワラと、それに時の流れを使っての
芸術をのぞいてみてください。

イメージ
(今年の暮より始めて約1年5ヶ月を予定)


自然と付き合い始めて気付いたことこは
兎に角ままならぬということ、
もう少し雨が降るかと思えば炎天続きで、かと思えば土砂降り、水かさが増えれば川は渡れず、さらに増えればながされる。
土いじりはまた、見たとするのとでは大違い実を言えば腰にきく、お百姓さんの苦労がいまさらながらに忍ばれる。
そこで成り行き次第に工夫して付き合うことを思い出す。
すると急に失われた時間が戻ってくるような感じになる。






enter