キッス
08/01/2001 2:33

ひとりよがりのドラマツルギー
2001/7/31
銀行から100万円を引き出し、市中引き回し。厚さ1ゼンチあまり、手に持つとずっしりとその重みを感じられる。100万円をポケットにねじ込み、何喰わぬ顔で人ごみの中へ。普段見慣れた風景が一変、市中みなあくとうにみえて来る。どいつもこいつも俺の金を狙っていやがるな。手に滲む汗。自ずと速くなる足取り。何を買うでもなく、どこにいくでもなく、ただただファンキーなダウンタウンと化した町を練り歩く。ティッシュ配り、近寄って来るんじゃない。拳銃をもっていたら間違いなく指は引き金にかかりっぱなしだろう。男は1歩外に出れば7人の敵とはよく言ったもんである。そのぞくぞくこみ上げてくる緊張感で自分を奮い立たせる。この国にはどこか緊張感がない。みんな寝ぼけて嫌がる。目を覚ませ武士の国の国民よ。

今じゃ言えない秘密じゃないけど…