" SHE LOVES YOU / I'LL GET YOU " THE BEATLES
 さて、記念すべき第1回目を何にしようかと考えたら、やっぱりビートルズになりました。初めて自分で買ったレコードだから。昔、エドウインのジーンズのCMに使われて(コピーかもしれないが)いたのを聴き、大興奮したのを覚えてる。”Yeah Yeah Yeah”というフレーズしか判らず、歌詞カードを見てヤマカンで購入。その後、マニアになるきっかけとなった1枚。”woo〜”というところで、頭を震わすのがカッチョヨカッタ。1963年4月5日(日本)発売。

" A HARD DAY'S NIGHT / THINGS WE SAID TODAY " THE BEATLES
 「ジャーン!!」という印象的なイントロから始まるこの曲は、映画「ビートルズがやってくるヤア!ヤア!ヤア!」のオープニング曲でした。そうそうBBCのライブでは、なぜか間奏の部分がテープでした。ライブだから、ピアノを弾く人がいなかったのか?いや、あのフレーズが速くて弾けなかったんだろう。たぶんレコーディングでも回転を落としてやっているに違いない。ところで、あの「ジャーン!!」のコードは何なんだろう?1964年9月5日(日本)発売。

" JUMP / HOUSE OF PAIN " VAN HALEN
 イントロのシンセ、みんな練習したでしょ?なんてったって、かっこいい!エドワードのギターが、また変態臭くも超絶倫テクニック(笑)途中で変拍子ぽい味付けをしているのに、まったく違和感を感じさせない。当時(1984)アメリカン・ロックの本道といわれたVAN HALENであるが、この曲以外には興味が沸かなかったのも事実。蛇足ながら、ベースの人が実はKISSのジーン・シモンズだという妙な噂も流れていた。やっぱり佳曲です。

" DETRIT ROCK CITY / BETH " KISS