About
Happy Meal
ハッピーミールとは、マクドナルドから発売されているオモチャ付きバーガーセットのことをいいます。 日本ではハッピーセットとして400円(税抜)で販売されており、毎回4〜8種類のバリエーションを揃えています。

このページではハッピーミールのうち、米マテル社とのタイアップであるバービーシリーズのコレクションを紹介します。
バービーシリーズは本家バービー人形の販促グッズとして、年1回のペースで登場しています。


横スクロールでご覧下さい
→ → →

PHOTO
スリーピング
ビューティーバービー
1999
1997年のシリーズと同じく、スカート部分が布でできています。
クッションが付属していること以外、目新しさは特になし。
今年のハッピーミールは「Generation Girl」の展開を熱望していたのだけど、叶わず残念!
「Generation Girl」シリーズは、バービーの友達にいい子いっぱいいるんだけどな。

PHOTO
バースデーパーティー
バービー
1999
会社の人からいただきました。
亀有のマクドナルドでは、キャンペーン開始日の数日前から売られていたそう。ナゼ?
後ろのボタンを押すと、ケーキにあかりが灯ります。
仕掛けはスゴいけど、光るケーキなんてマズそう・・・。
ちょっと頭悪そうな顔だけど、そこがまた良し。

PHOTO
サッカーバービー
1999
サッカーボールを蹴るギミックになっています。
蹴るというより、摺り足をボールにぶつけてるといった感じに見えるんですが、どうでしょう?
それにしてもバービーのスポーツ体験ものって、なんだか張り切りすぎててナニだね。
どんなスポーツだろうが、いつも気合入りまくり。
そんなんだと、周りがひいちゃうって・・・。

PHOTO
バービーと
ゴールデンレトリバー
1999
これは、かなり前から人形版が発売されていたものです。
強力にうねって、ちょっとやそっとじゃ直らなそうな寝グセに親近感。
しかも犬を正面向かせると、ねじが丸見え(写真)。
さすがMade in ××。と思わせる作りになってます。
それにしてもレトリバー犬の人気は根強いですね。

PHOTO
ティーン・スキッパー
1998
髪染めシリーズの縮小版。
ハート型のスタンドは初登場ですが、安定感はイマイチ。
それにしても黄緑に染めますか!しかも逆立ってるし。
SHAZNAも負けてはいられませんナ(何を?)。
実際の人形は、コーデュロイのオーバーオールがキュートなシリーズでした。

PHOTO
ジーンズバービー
1998
この年のシリーズは、実際に製品として発売されているものの縮小版が多かったのですが、これだけは見たことがありません。
布製の上着を着ているのはこれが初めてでは?良く出来ています。
もしかするとガシャポン人形にも着せられるかも。
お手ごろサイズのガシャポン持ってる人は試してみては!?

PHOTO
ケリー
1998
子供人形の起用は新境地であるけれど、うーむ、ハッキリいって可愛くないぞ。
見てのとおり、椅子の脚をスコーンと蹴り倒したくなるような憎憎しい感じを秘めています。
もろ手を挙げて「万歳(マンセイ)、万歳(マンセイ)」を繰り返すおかしな子です。
一部で「かき氷マシン説」を囁かれている一品。

PHOTO
ラブラブビーズ
バービー
1998
ビーズを髪に通して遊べる「ラブラブビーズ」シリーズの縮小版。
本家バービーはこの年アイプリントが変更になり、今ドキの可愛い女の子に変身を遂げました。
肉感的な唇にメロメロ(死語)。
ハッピーミールのほうは顔、変わってませんねぇ。
それにしても、このビーズは重過ぎないか!?髪の毛抜けるって。

NO PHOTO
エンジェルプリンセス
バービー
1997
うっかりしている間に買い逃してしまいました。
あーあ。

PHOTO
ウエディングバービー
1997
ドレスが布製になり人形者としては嬉しい限りですが、出来がちょっとねェ。
目の部分にボンドがベットリ。
人形は自分でチョイスできないんだから、品質を統一化してほしいよなぁ。
ボンドを剥がすとアイプリントも一緒にとれそうなんで、そのままにしています。
もとは美人なだけに残念であります。

PHOTO
花の妖精バービー
1997
花柄ヒラヒラスカートをはいています。
裏から見ると、ビニール風呂敷着ているようで、ちょっぴりビンボくさい気も。
「頭隠して尻隠さず」とはこれ如何に。
もしかして見栄っ張りかもしんないですね。
でも可愛いですよ。
バービーらしい、ピンク色ドレスで好感度は大です。

PHOTO
ホリデーバービー
1997
黒髪です。
うーん、これってバービーなのかなぁ?
日本では金髪以外のバービーって売ってないので不思議な感じ。
口紅も濃くってケバく、ちょっと故ジョイナー入ってます。
この人形は2体持っているので、1つは改造用ということに。
うまくできたら公開するかも?

PHOTO
ディズニービデオ
オーロラ姫
1997
バービーではないけれど、一応人形の形をしているのでコレクションの一員としてみました。
ディズニービデオの販促物で、パッケージを模した箱に入っています。
顔面蒼白でコワイ。
仮死状態の白雪姫とでもいった方が良い感じ。
顔はともかく、全体的な出来はまあまあです。
髪が柔らかいのがいいですね。

PHOTO
レディちょうちょ
バービー
1996
ハッピーミール、そしてバービーにハマるキッカケとなった記念すべき人形。
新宿駅東口のマックで購入。
スカートの柄部分には回って模様が変わって見えるギミック付き。
「なんで今まで知らなかったの」と新鮮なショックを与えられました。
そして現在、我が家の人形は50体を数えるほどに。

PHOTO
スケートバービー
1996
1996年当時、貧乏だった&そんなに興味をそそられなかったこともあり、購入のチャンスを逃しました。
数年後フリマで見つけて即ゲット。
台座部分が歯車になって、人形が回転します。
うちのだけかもしれないけど、このコは自立不能。
何かよりかかるものが必要です。

PHOTO
ロデオバービー
1996
当時のクラスメートにもらったもの。感謝ッス!
申し訳程度についた三つ編みがへんてこ。
馬は小さいね〜。こんな子馬に無理やり乗るなんて、動物虐待かも?
馬の出来でいうなら、ディズニーの「ムーラン」シリーズのほうが良かったですね。
ゼンマイで動くようになってたし、脂乗ってそうな体つきだったし。

NO PHOTO
シャボン玉バービー
1996
スケートバービーと同じ理由で購入できず、今に至っています。
適価で譲ってくださる方、募集中。

PHOTO
キャンプバービー
1995(アメリカ版)
近所のフリマで購入。
もろ「カリフォルニア娘」(あくまで想像)。
しかも、かなり遊んでるタイプ。
ファイティングポーズにソソられますねー。
本体とスタンドが一体型になったこのタイプ、安定感が良く気に入っています。
人形というよりフィギュアといったほうがシックリきそうな一品。

PHOTO
キャンプテレサ
1995(アメリカ版)
同じく近所のフリマで。
火の近くで遊んだのか毛先は球状に溶けており、やむなく少々カット。
ところがこの「キャンプテレサ」、ももの部分に模様が入っているものは出回る量が少なかったとの事。 髪切らなきゃ良かった。と思ったけど後の祭り。
カバンを肩に担ぎ「俺は待ってるぜ」ポーズで決めている粋なひとです。

PHOTO
ジュエリーグリッター
ブライド
1995(アメリカ版)
同じく近所のフリマで購入。
パーリーなドレスが上品なバービーで、クラシカルな雰囲気を持っています。
どことなく70年代後半〜80年代前半の本家バービー人形を彷彿とさせる人です。アイメイク濃そうな感じ。
材質はポリプロピレン?
かなり軽いですが、安定感はあります。

PHOTO
ブライダスメイド
スキッパー
1995(アメリカ版)
同じく近所のフリマで購入。
大きさと顔がバービーっぽくないなと思ったら、妹のスキッパーだって。
パールピンクのドレスが可愛らしい。
ちょっと幼なげな表情が良いですね。
なんとなく優香っぽい雰囲気。
それにしても、古いシリーズの方が出来がいいのは何故?








PHOTO
チーズバーガー
1992
「へんしんマックかいじゅう」シリーズ。
一見チーズバーガー。切れ込みを開くと別キャラが現れます。
さてこのキャラ、果たして怪獣と読んで良い代物か? 「おーい、みんな来いョ」と胸をひろげるナイスな兄貴。
怪獣としてはムチャクチャ弱そう。足ないし。
ひょこひょこ跳ぶ技でも持っているのか!?

logo
ここはファンによる非公式のページです。
日本マクドナルド(株)及び米国McDonald's Corporationへのお問合わせはご遠慮下さい。
製品名、キャラクターは各社の商標または登録商標です。
また、このページに掲載しているものは個人のコレクションのため、オリジナルのラインナップとは異なる場合があります。