本文へスキップ
  

静岡英和女学院後援会

静岡英和女学院後援会のホームページへようこそ
静岡英和女学院 中学校・高等学校の後援会活動に関する情報をお知らせしています

お知らせtopics


【2017年8月25日掲載記事】

 9月9日( 土) 英和祭バザ一 お手伝いのお願いについて

 今年度、後援会として恒例の浜焼き販売(伊勢海老、あわび、鮭チャンチャン焼き など)・焼き鳥 ・ポップコーン販売 ドリンク販売および献品販売 (ティッシュペーパー、木製ミニチェアーなど)コーナーの出店を予定しております。
 今年もやります!英和制服体験コーナー (今年の会場は、本館2F イングリッシュカフェを予定しています)
また、 130周年記念の展示として礼拝堂前にこれまでの英和の姿を振り返る写真を掲示します。(担当 杉山寧)
 そこで、後援会スタ ッフとして参加して頂ける方を大募集しております。
 一緒に汗をかきつつ楽しく楽しく大いに盛り上げましょう!!
 尚、後援会販売 として献品して頂けるものがありましたら併せてお願い致します。

 日程 : バザー 当日 9/ 9(土)集合8:30 開始10:00〜終了15:00
      バザー 前日 9/ 8(金)後援会コーナー準備開始 13:00〜

 
※短時間のご参加でも大変助かりますので、お気楽に足をお運び願います。

 

【2017年8月21日掲載記事】

 第4回配信  田中佳子 
今年も第1回バザー拡大委員会が開かれ、9月のバザーへ向けての準備が始まりました。
娘が卒業して7年になりますが、卒業後も毎年楽しくバザーに関わらせていただいております。
私自身は卒業生ではありませんが、母の会委員としての6年、バザーでの後援会お手伝いと、学校に足を運ばせていただく機会をずっといただき、娘同様、英和を母校のように感じております。
後援会では、今年のバザーも、お父様方がブレずに続けてくださる「浜焼き」をメインに行う予定です。
他校にはない英和バザーならではの品目として定着し、これを目当てに来られる方もいらっしゃるようで、とても嬉しいことです。
その他、野菜販売、ポップコーン、唐揚げなどいろいろな販売をしてきましたが、今年は「焼き鳥」にチャレンジとのことで、ますます張り切って参加したいと思っております。
現役の保護者はもとより、たくさんの卒業生保護者の方々にもお越しいただき、英和バザーが例年以上に盛況に行なわれますことを期待しております。


【2017年8月19日掲載記事】


いよいよ「英和祭 2017」が 9月9日(土)に開催されます。
  小学生、中学生をはじめ多くの方々のご来校をお待ちしております。
  展示・礼拝堂ステージ 10:00〜16:00
  バザー・中庭フードコート 10:00〜




【2017年6月1日掲載記事】

納涼会のお知らせ

今年も大変な暑さになりそうな気配です。
ついては暑気払いを兼ね、日頃の憂さを晴らそうと納涼会を企画致しました。
下記の要領にて開催致したいと存じます。奮ってご参加下さい。


          記

日時:平成29年7月15日(土)16:00
場所:葵タワーグランディエールブケTOKAI





【2017年4月16日掲載記事】

静岡英和女学院中学校・高等学校 後援会総会



2017年度静岡英和女学院中学校・高等学校後援会総会が4月15日(土)に静岡英和女学院 大会議室にて開催され多くの方に出席いただきました。
また、後援会役員であります尾崎行雄氏にもお忙しいところ出席いただきました。尾崎行雄氏は先月3月26日におこなわれた静岡市議会議員選挙にて見事当選されました。あらためまして心よりご祝辞を申しあげます。
これからもより一層のご活躍されますことを後援会一同、心からお祈り申し上げます。
なお、尾崎行雄氏よりこれからも後援会活動にご協力いただけるお言葉を頂戴いたしました。
この一年英和祭バザーを始め少しでも英和女学院の支援、新入生の獲得に協力できたらと思います。









【2017年3月6日掲載記事】

2017年度静岡英和女学院中学校・高等学校 後援会総会のご案内



楓の若葉ひかり輝く頃、皆様におかれましてはご 健勝のことと拝察致します。
日頃より英和女学院 後援会活動にご理解とご協力を賜り篤く感謝しております。
さて、2017年度後接会総会を下記日程にてとり行うことと相成りましたのでご連絡申し上げます。
皆様方と忌憚のない意見を酌み交わしたいと存じておりますので、是非ともご出席頂けることを切に 願っております。

                                           後援会長 渡邉佳孝
         
                  
2017年度静岡英和女学院中学校・高等学校 後援会総会
日時 : 2017年 4月15日( 土)15時よ り
場所: 静岡英和女学院






 第3回配信  松浦好朗 
娘が二人お世話になりました。現在、上の娘は24歳で地元就職してます。下の娘は、今年、就活です。これで、楽になれそうです。
私は、清水の地区長等々させていただきました。地区長のころは、よく地区のお母さま方と集まり、地区総会、バザー等の打ち合わせなどよくやりました、楽しい役でもありました。バザーも地区ごとの出店でしたので、工夫しながらよくやりました。お母さまがたも仕事を持っている方が多かったですが、皆協力的で楽しかったことを覚えています。
最近の、生徒数の減少の話を聞くと、寂しいですが、後援会としてお役にたてればと思っております。





 第2回配信 赤堀悦子
娘は今年24歳になりました。
英和で学生生活を送っていたのも一昔前…当時は私も40代、まだまだ気力体力フルパワーで駆け回っていました。どうやって子育てしてきたか?と、今では思い出せないくらいです。
一日のほとんどを英和で生活していた娘は、学校でしつけられ、育んで、思春期を謳歌してきたようで、派手な反抗期も覚えがない。私の遺伝子が少ないような気がする。今では社会人。まだまだ甘えはあるものの、女子校で培った怖いもの無し精神と、ピュアな部分は英和生らしい。
大学進学後、新たな環境で人間関係をスムーズに対応できたのも、日々聖書を復唱し讃美歌に心癒されていたおかげかと。自分の事を冷静に心穏やかに過ごしている娘を立派だと思う私は『親バカ』かもしれない。
24歳の自分はバブル時代、同じく社会人として働いていた。思い返してもにぎやかで毎日がエネルギッシュだった。でも、これと言って心に残る場面が見つからない。娘は堅実な毎日を送っている。あの頃とは時代も風潮も違ってる。地に着いた生活を歩む娘をこれからも応援し、これから訪れる幸せをしっかり掴んでほしい。大人になるまでは『お金のかかるお嬢さん』だけど、立派な大人に、社会に貢献できる女性に…育ててくれた英和に感謝。親にも恵みをいただきました。


9月10日( 土) 英和祭開催

 後援会の皆様のご協力のもと英和祭に出店することが出来ました
浜焼き販売では伊勢海老・あわびの高級食材をはじめ帆立やロブスターなどを目当てに大行列ができるほどの人気でした。2年目となる英和制服体験コーナーでは小学生からの絶大な人気で本年も100名以上の体験をおこなっていただき大盛況となりました。
 後援会スタッフとしてご協力いただいた皆様・寄贈していただいた皆様ありがとうございました
  ・浜焼き販売 ・ ドリンク販売 ・ 後援会ブース(ティッシュBOX・みりんなど)
  ・英和制服体験コーナー 



【2016年7月掲載記事】

後援会員の皆様へ

(1)9月4日(日)本校にて130周年企画として開学当時の玄関をイメージしたゲート(もどき) の
   オブジェクトを現PTA、同窓会とともに製作します。ご都合の方はお手伝いに来てください

(2)9月3日(土)本校大会議室において14時よりバザー拡大会議が行われますのでご参加お願いします


いよいよ英和祭 です

「英和祭 2016」9月10日(土)
日時:9月10日(土)
展示・礼拝堂ステージ 10:00〜16:00
バザー・中庭フードコート 10:00〜

【英和祭の詳細やお問合せはこちら】
http://www.shizuoka-eiwa.ed.jp/schoolinfo/detail.html?CN=182764


【2016年7月掲載記事】

静岡英和女学院中学校・高等学校
★卒業生保護者のみなさま
  後援会のご案内
(クリックで表示)


 第1回配信 渡邉佳孝
今回、軽めの話題という事で "マイブーム"について述べたいと存じます。
昨今の私は 「芭蕉の俳句」 を眺めるのがひとつの楽しみとなっております。
眺めるというのは、勝手気ままに句のイマジネーションを膨らましつつ時間軸を突き刺し心情を酌量するといった感じであります。
皆様ご存じの通り松尾芭蕉は俳聖とも呼ばれ、江戸・深川を出でて東北〜北陸〜岐阜・大垣までを旅した 「おくのほそ道」はあまりに有名であります。
芭蕉45歳(当時としてはお年寄り)にして、行程六百里を150日で周るという健脚ぶりであります。
「行く春や 鳥啼き 魚の目は泪」で出発し、最大の目的地・平泉では藤原三代と義経の栄枯盛衰-人間の生死と運命・その軌跡を俯瞰しつつ想いを馳せて
「夏草や 兵どもが 夢の跡」を踏みしめれば、ダラダラと山野・峠を越えて(この間の筆は簡素で荒れている様)、金沢に着いてみれば楽しみにしていた弟子の小杉一笑の訃報に
「塚も動け わが泣く声は 秋の風」と激しく慟哭し、最終地到着では「蛤の ふたみに別れ 行く秋ぞ」とて伊勢神宮へと行かんとして結んでいます。
蕉風といわれる芭蕉の句は、爽やかで切り口は鋭く何処かスキがある様で閃光ような煌めきを放っている感じですが、芭蕉自身の趣味趣向、身辺状況を
鑑みた上で再度眺めると自然の流れに身を置きつつも人間の本質を鋭く突いた抒情的な句も数多くあります。
「おくのほそ道」の"おく"とは奥州・みちのく、"ほそ道"とは山道、心細い道程ということでしょうが、穿った見方をすれば"おく"とは我が晩年、
"ほそ道"とは私が切り開いてきた俳句という細道であり自負の念であり、ここに俳諧人生の集大成として上程しましょう - 我が無き後もどうぞご覧になってくださいまし -
月日は百代の過客にして行きかふ年もまた旅人なのだから - という感じもします。


【2016年3月掲載記事】




【2015年9月掲載記事】9月12日( 土) 英和祭開催

 後援会の皆様のご協力のもと無事に出店することが出来ました
 後援会スタッフとしてご協力いただいた皆様ありがとうございました
  ・浜焼き販売  ・ポップコーン販売  ・ドリンク販売
  ・英和制服体験コーナー  ・占い(タロ ット&手相)

 


【2015年7月掲載記事】 9月12日( 土) 英和祭バザ一 お手伝いのお願いについて

 今年度、後援会として・浜焼き販売 ・ポップコーン販売 ・ドリンク販売及び
 英和制服体験コーナー、占い(タロ ット&手相)コーナーの出店を予定しております。
 そこで、後援会スタ ッフとして参加して頂ける方を大募集しております。
 一緒に汗をかきつつ楽しく楽しく大いに盛り上げましょう!!
 尚、後援会販売 として献品して頂けるものがありましたら併せてお願い致します。

 日程 : バザー 当日 9/ 12(土)集合8:30 開始10:00〜終了15:00
     バザー 前日 9/ 11(金)準備開始 9:00〜
 ※短時間のご参加でも大変助かりますので、お気楽に足をお運び願います。


 いよいよ「英和祭 2015」が 9月12日(土)に開催されます。
  小学生、中学生をはじめ多くの方々のご来校をお待ちしております。
  展示・礼拝堂ステージ 10:00〜16:00
  バザー・中庭フードコート 10:00〜
 


新着情報news

2016年4月
メイプルクラブを更新しました
2015年9月
英和祭が開催されました
2015年7月
英和女学院後援会サイトをリニューアルしました
2014年9月
英和祭バザーにて後援会ブースを出展しました
2014年4月
後援会総会が開催されました
2013年8月
126年の歴史 そして未来へ 〜静岡英和物語〜
静岡英和の紹介番組が 静岡朝日テレビにて再放送されました。

静岡英和女学院中学校・高等学校

〒420-0866
静岡市葵区西草深町8-1

TEL 054-254-7401


- 静岡朝日テレビ -
静岡英和物語