My mode style

ここでは主観的にファッションやブランドなどについて書いていこうと思ってます。 共感してくれる方や反論してくれる方はご意見お待ちしております。

モードとの出会い

ボクがモードというファッションと出会ったのは、高校2年のときでした。 仲のよかった友達からポール・スミスをすすめられてショップに行きました。 それまで雑誌では見たことはありましたが、ジーンズとチノパンとかしか 着た事のなく、あまりオシャレというものを知らなかった僕にとってとても 革新的な出会いでした。 センタープレスの入ったきれいなパンツやデザインのきいたニットはとても新鮮に感じました。 それで細身の秋冬のパンツを買ったのが、モードファッションにはまる第一歩でした。 ボクと同じようにスミスからモードが好きななった人は少なくないのではないでしょうか? それからポール・スミスやその当時すごい人気のあったアバハウスとかも買ったりしてました。 雑誌とかも読んでいてブランドとかも分かるようになってきて、自分が少し変るキッカケになったと思います。 今でもスミスのプリントTシャツとシャツはたまにお世話になっています。

おもわず苦笑してしまった場面

今日ワイドショーでよくわからないですが、ファッションの賞の授与の 場面を目にしました。 ユニクロが賞を受賞したってことで報道されていたみたです。 そこまでは普通に見ていたのですが、それと一緒にトムフォードが何かの賞をもらっていました。 いまいちどのような賞であったかわかりませんが、 ユニクロとトムフォードがならんで賞をもらうってどういうことなのかなって思いました。 そもそも今の日本ではユニクロというブランドができあがっていると思います。 ユニクロを着るのは悪い、オシャレじゃないというつもりはありません。 (僕は着るつもりはありませんが・・・・) しかし、いかにもユニクロを着てるってアピールすることはどうかと思います。 前にユニクロのマフラーをロゴを見えるようにアピールしてかのように巻いている人を見たときにそう感じました。 自分が安い物を着ているとアピールしていることになると思うんですが・・・ その辺は一度聞いてみたいところです。

日本でのモードブランドの扱い

年末年始実家に帰ってきました。その時仲のよいセレクトショップの店長と話をしてきました。 やっぱり今の日本でのモードブランドはかなり苦しいみたいですね。 その店は以前はルメール、ケイスリーなどのレナウン系(まだ有名になる前ですがジェイコブスも扱ってました) マサキ、ドリス、SO、ヴィヴィアンなど沢山のモードブランドを扱っていました。 でも今ではほとんどをやめてしまって、私としてはとても残念です。 あのヴィヴィアンですら相当苦しいようです。。。 店長いわく、日本人は流行がありすぎるといいます。確かにその通りだと思いました。 そういう状況を海外のデザイナーさんはわからないそうです。 。というわけで撤退・縮小するブランドも多い訳だと思います。 先日代官山、渋谷、新宿と買い物してきましたが2,3年前と比べてモードのブランドがだいぶ減ってしまいました。。 ヴィアバスもだいぶ扱うブランド変ってきてもう頼りはバーニーズしかないってかんじです。 P.S ギャルソン(オムとかプリゥス)の50%オフのセールには少し驚きました。     

BACK