お気に椅子

001 LCW [Charles&Ray Eames]


イームズといえば、シェルチェア×エッフェルタワーベースが有名で、DXRなどがその代表作です。
プラスティックで出来た椅子なので、カラーバリエーションやシェルの形も色々あって楽しい椅子です。
ですが、あえて今回はそれを外し、もうひとつの素材プライウッド(成形合板)で出来た椅子をご紹介します。
ヴィトラミュージアムで販売されているミニチュア版(DCW)を持っているのですが、広い座面がぺらぺら(?!)の素材をどっしりした感じにさせています。LCWの方がSH(=座面高)が低いのですが、手に入るとしたら、座面に胡座で座ってみたいですね。
色は、ナチュラル・黒・赤などがあり、足がパイプで出来たもの(DCM,LCM)もあります。椅子の高さは2種類あって、揃いのテーブルもあります。

以前、ある雑誌に赤のLCWが15,000yenという値段で、掲載されててビックリしましたが、次号で訂正文と共に一桁アップしてました。(150,000yen)なんとなく、感じてたものの15,000だったら、ほしかったなぁ。
イームズの家具は、プライウッドやプラスティックのカーブが同じようなアールで出来てて、脚のデザインも特徴があり、わかりやすく見つけやすいのですが、そっくりな偽物も多いとのこと。ここ数年の日本国内でのブームで、価値が上がってしまったり、競争率が高くなってゆっくり選べなくなってしまったなんてことですかね〜?

NEXT:002へ

|| top || chair || designer || book || bbs || link || what's new ||