お気に椅子

002 BUTTERFLY STOOL [柳 宗理 Yanagi Sori]


柳宗理は日本を代表するデザイナーです。○○デザイナーと言う肩書きではなく、何もつかないデザイナーだと思っています。カトラリーやケトル、ボウルなどの台所用品に始まり、椅子や机などの家具デザイン、ファブリック、駅や動物園のサイン、高速の防音壁に至るまで、何者?!ってなぐらい、いろいろ手を出してます。
今回は、いくつかデザインされた椅子の中でも一番人気と思われるバタフライ・スツールです。
とにかく、パーツの少ない椅子です。紙で作られた「力・スツール」には負けると思いますが、(ボルトの凸凹をひとつと考えて、)5個ぐらいだと思ってたので、ボルトを別々に数えて11個で出来上がると知ってちょっと驚きました。MoMAにも収蔵されている椅子です。
柳宗理の作り出す特徴あるカーブで出来たこの椅子はデザインされてから、実体を持つまでに5年かかっているそうです。真似しようとした人とかいなかったんでしょうか?
カーサブルータスに大きく取り上げられていたのは、この椅子と、エレファント・スツール、どっちも好きなのですが、あえて前回と同じプライウッド続きで取り上げてみました。買うとしたら復刻版エレファント・スツール[象脚]だなぁ。しかし、この象脚、カーサで取り上げられるまで、氏のデザインと知らなかった。(笑)
恥を掻きついでに、柳宗民という造園家の弟さんがおられます、名前以外何も知らないです。私にとって、知ってて当然の方なんですけどね。おかしいなぁ?!
もし、新しい生活を始めるとすれば、台所用品に氏のボウルと、カトラリー。それに、ブラウンのマルチミックスは外せない。絶対に手に入れるつもりなのです。(^-^)

NEXT:003へ

|| top || chair || designer || book || bbs || link || what's new ||