着物日記〜2002.3〜


 8.22(thu) 夏の着物

正確には夏の薄物の着物ではないけれど、最近着て写真を撮ったもの。
ポリの単を1枚しか持ってないので、着物は一緒。
早く寒くならないかなあ。
寒いのはいやだけど、着たいのがたくさんある。
並べるとなんだかなーというものになりました。

 8.18(sun) 浴衣でおでかけ

 唯一浴衣を着る花火大会は、時間がなくて途中から行ったので、今年は一度も着ていない。
なので今日無理やり着ることにした。
紺の絞りの浴衣に、博多帯をお太鼓で結ぶ。
帯揚げはうすい黄色、帯締めは横浜の祖母のもの。

おばあちゃんが今月88才の誕生日なので、みんなで食事をしにいくことにする。
店は私が行きたいフランス人のギャルソンがいるビストロ。お昼ならばそんなに高くはない。
うちは車がないこともあって、家族で食事に行くのはめずらしい。
サラダかスープのついてメインは肉か魚か選べる。デザートはバースデーケーキ。それにコーヒー。
私と妹も今月誕生日なので、ケーキの名前はおばあちゃんがメインだが3人分。ほんとに8月生まれの人まわりに多いなあ。
おばあちゃんにもとってもよろこんでもらえてうれしかった。

昼からは友達の家へ。
その子は今日が誕生日で日曜なのにだんなが出張ででかけていて一人らしい。
おみやげにいただいたサルサソースがあるので、それでタコスパーティ。
私は食べてきたのでひとつだけいただく。でもひとつは食べるんかい。
ひとりはすっかりはまってしまうくらい、チリの辛さはおいしい。

そしてケーキを食べる。これは私も‥時間たったし、お誕生日だということで。
小さなラウンドケーキをそれでも4人で分けるとけっこう大きかった。
もうおなかいっぱい。これ以上何も食べられない。

 7.11(thu) 着付け

 今日は浴衣。自分で縫った浴衣。
絞りはやはり涼しいですねえ。
今日来たのは室内なので涼しさは関係ないけれど。
帯はオークションで買った昼夜帯を分けて、ひとつは角だしの作り帯、もうひとつはここにでている半幅帯に作り変えたもの。
柄があるのでうまく出す方向はすぐ忘れる。
最近の私はこんなんです→


 6.15(sat) フラワーアレンジメントと絵手紙

 着物を着るかどうかは昨日まで悩んでいた。
なんじゃというくらいのこの暑さ。
だけど薄物は持ってないので今月をのがすと次は9月になってしまう。
用意もしてるしと思って、早起きして着つけ。
朝シャワーから始めるので時間がかかる。
今日は母が結納の時に着たというおめでたい鶴柄の小紋。クリーム地に地紋はひし形、鶴は薄色や水色や黄色で涼しげ。
それに粋な絽の帯を合わせる。桐と松に丸文。
帯揚げは父方の祖母の薄色の絞りに、帯止めは横浜の祖母のもの。紫の飾り玉がついている。
あまりの暑さに帰ってすぐに着物を脱いでしまい写真撮るの忘れた。

 6.13(thu) 袋帯

 着付けは今日は袋帯でお太鼓。袋帯はこの成人式にも着た黒地に赤のものしかない。
祖母の紫にこい紫の玉がついた帯留めをつける。帯留めウルトラマンのものみたい、とふざける。

 5.26(sat) たこパ

 たこパとはたこ焼きパーティーの略だそうだ。いつのまにかそうなってる。
今日はたこパ。
作るのは友達におまかせでお腹いっぱい食べた。その後にひさびさの人生ゲームで疲れた。

今日はポリの縞の着物。暑い。
帯を作り帯に変えたものを角だしに結ぶ。帯締めの結ぶ位置が悪かったようで、後ろのお太鼓がくずれてきた。

 5.23(thu) 季節物

 オークションで白地がほしくて買った帯。
わかっていたけれど私にはどうしてもカーネーションにしか見えない。
そしたらカーネーションって春の花?5月の母の日のイメージがあるなあ。
ほかの季節は着られないじゃないかあ。

着物は洋服よりも季節感がうるさいことになっている。
けれでも昔と違ってこれだけみんなが着なくなるとそうはいってられない。
桜は日本の花だから1年中いつでも着ていいということになってきている。
でも桜は春だけでしょという人も多い。

桜はともかくほかの花にそこまでこだわっていたらきりがないけどちょっと気になっていたのだ。
みんなに見せたらはっきり何だとわかる花じゃないからいいじゃない、いつでもと言ってもらった。
葉っぱが違うけど牡丹?芍薬?という意見もあった。
お花を習っている私としては解せないところもあるけど、締めたらすごくかわいい帯だし気が楽になった。
みんなに見せたらはっきり何だとわかる花じゃないからいいじゃない、いつでもと言ってもらった。
葉っぱが違うけど牡丹?芍薬?という意見もあった。
お花を習っている私としては解せないところもあるけど、締めたらすごくかわいい帯だし気が楽になった。

 5.18(sat) 単の源氏文

 本日のお花もお着物です。ほほほ。←誰やねん。
買い物のように歩き回らないし、行ってしまえば家の中なので着物を着るにはちょうどいいチャンスなのだ。
しばらくお花の日は着物を着るつもり。
先月は寝坊してしまった。

オークションで手に入れた単の白のお姫様もようはなんと未使用だった。白なのに少しも汚れていない。
単なので倍率のさほど高くなくとってもお買い得だった。
帯は一番のお気に入りの白地の紅型。裏がきれいなブルー。母のもの。
それにあわせた半襟は、買い物に行く時間とお金がなかったので、近所の手芸やのパッチワークの布。綿だけど普段着だからよかろうと。
長じゅばんも夏用にうそつき襦袢とよばれる、2部式のものを自分で作った。袖と裾は白のレース。
帯揚げは前の日にあわせた時はクリーム色。
当日は思い立って、さわやかで、この帯に合わせて買ったきれいなブルーにした。これはかなりポイントになり、洋服ではあまり考えないような取り合わせ。着物独特のコーディネートを考えるのは楽しい。

 5.9(thu) 粋

 着物を着たので写メールしておく。
洋服感覚だと縞はストライプでごくごくありふれたものなのだが、着物では粋なものになるらしい。
自作のピンク系の縦縞の着物に、ピンクの紬の帯。クリーム色の帯上げ、緑の帯締め。クリーム色の半襟。
ええかげん、ピンクとかクリーム色とかかかんと和名で書こうやあとも思うけど、
このほうがわかりやすいのでもう少しこの表記で。

そうそう長じゅばんもかわいいの。
白地に赤の桜柄。自作のすべて手縫いです。

 4.25(thu) 凝ってること

その時その時で興味あるものが変わって、それが新しい分野のことだと特にインターネットって便利だと思う。
会社が作ったのから個人の趣味のものまで調べようと思ったらたくさんある。
去年からビーズにチャイナペイントにフラメンコに着物‥‥とても助けられている。

そして最近は着物。着物の一般的な知識を調べるほかにも関連していろいろ考えることがある。
ぜんまいの糸ってどんなのだろう、制作できない織物や刺繍の技術のこと、ダムに沈んでいった織物の村の物語。
ほんの少し前でも昔の人はほんとに小さい。などなど。
この日記はどこどこ行って何々を食べた、という内容が多いけれど、それだけではない日常思っていることを書いてみると内容が充実するんだろうなあ。

 4.20(sat) 洋裁・和裁

おとなしく家にいる。というかやりたいことがたまっているのだ。
スカートとブラウスの続きを縫って、あきてきたら着物のほうの帯をぬったり、何に作りかえようか考えたり。
とっても楽しい時間。ちと暗い??
 着物の方は単用のレースの半襦袢と裾よけを作る予定。

 4.17(wed) お召し

オークションで買った着物でかばんにする予定のものがある。
着たいけれど、対丈でしか着られないのと、なにしろずっしり重いのだ。
きれいな柄なんだけど機会がなさそう‥
なので帰りに本屋でどんなものにしようか研究する。
グログランテープをつけて、裏は紅絹にするつもり。

 4.7(sun) 春の桜の着物でおでかけ

最近休みの日でも早起き。これは私にしてはとてもめずらしい。
朝ひと仕事すると一日が長くなった気がする。
でもそれから何もない時はお昼寝しちゃうけど。

今日は着物を着てでかける。
濃いえんじみたいな茶色にうさぎと桜の模様。帯は白地に蝶の紅型で柄的にはあわないかなとも思うけど色がいい。裏はきれいなスカイブルー。
それとまったく同じ色の帯締めは売ってなかったので緑になった。帯揚げはうすいベージュ。

またまたしつこくユザワヤに行き生地を見る。
安くなっていたのはインド綿の大きなししゅうの入った生地。これで夏用の巻きスカートを作ろう。

晩は友達が関東から帰ってきているので食事会。
私は前に行ったばかりの七輪焼きやさん。
仕事で来られない子もいて5人だった。
最近ほんとにみんな仲がいいよなあ。生活があんまり変わっていないから?
ゆっくり食事して最後にここの目玉の銀シャリも食べて帰った。
発泡酒1ビンで酔ってしまう。
帯で締めてるのもあるけれど、自分に甘いのでそんなにきつくはしていない。

 4.6(sat) 買い物

朝は大阪に買い物に出かける。今日は和装小物のあれこれを買う。
欲しかった薄い黄色の帯揚げと、緑の帯締め。帯締めはほんとうは紅型の帯(右上)にあわせる水色のものがよかったけど、きれいな色がなかったのだ。

 3.28(thu) 体験レッスン

着物の着付けの体験レッスンに行く。何とか協会じゃないので新しく買わせるようなものはないようだし、人が少ないからオトクかも?
でもこれ以上忙しくしていいのだろうか。

 3.24(sun) 骨董市

京都の骨董市に行く。ぶらぶら見て買ったものは、羽織のひもと帯締め。
羽織のひもは羽織にもつけるけど、ピンクと青のはではでのやつは携帯のストラップにする。
帯締めは安かったけど、使用感はかなりあるなあ。

 3.23(sat) 初着物

いつも会社に行くくらいの時間に起きて着物を着る。帯はおばあちゃんにお太鼓に結んでもらう。
帯揚げはちょうどいいのがなかったので、ドイツで買ったシフォンのスカーフにした。透けて、薄いベージュにひまわりが描かれている。
着物は紅花紬にピンク系の帯。上にはおるものがなくて、おばあちゃんに薄いグレーのショールを借りた。
こんなのでいいかなあと言われたけれど、おばあちゃん、レースにグレーで今年の流行の最先端です!
着物の色ともぴったりだった。

午前中はフラワーアレンジメントに行く。作業する時用に割烹着は昨日買った。
袖をどうしていいかわからなかったが、これで汚れない。

解散して、夜の食事まで時間があったので友達と時間をつぶしてもらってからお店へ。
一戸建ての川沿いのイタリアンレストラン。有名なところだけれどちょいと高いので私は行ったことがなかったのでとっても楽しみにしていた。
今日はお肉かお魚が選べるコースで私は鯛を選んだ。パスタも選べる。
とても上品な前菜とバスタ、メイン、デザートだった。
いちよう2,3月生まれの子のお誕生日会という名目だけれど、ここはケーキはできないらしかった。
アイスとフルーツとケーキのようなものがのったものに、お誕生日の子は1本のろうそく、チョコレートでHappy Birthdayと名前が描いてあった。
とても楽しかった。次のお誕生日会はどこでしようか。

 3.17(sun) 着付けの練習

来週着物を着てでかけることにしたけれど、朝はお花、夜は食事会で1日仕事になる。
着慣れていないとたいへんかなと思って、練習がてら家で着ていた。
服を着るのに練習するっていうのがなんだかおかしいけれど、着物を着るのは確かに難しい。
補正をして、止めやすいひもを使っているので以前よりは気やすくなっている。
何回も着ていたらだんだんコツがわかってきてそんなに着崩れせず、苦しくなくなってきた。
Tシャツにパンツがそりゃ楽だけれど、たまにはこういうのもいい。
それに着物はとても暖かくていつもは暖房をつけるくらいだったけど、今日はいらなかった。

 3.16(sat) オークション

遅ればせながらオークションデビューしたのだ。
オークションに興味がなかったわけではないけれど、送料、手数料を払ってまでほしいと思うものがなかった。

着物にめざめ、紫ピンク系の紬にあわせる帯にぴったりフィットするものがなくて探していた。
新しい物を買うことを考えたらオークションは激安だし、帯ならそんなにサイズも選ばないだろう。
あれこれ見て、ピンクの織の帯を買ったのだ。それが今日到着した。
思ったよりも素敵な品だった。さっそく着物に合わせてみる。
思ったとおり、ぴったりあうじゃない。来週のお誕生日会で着てみよう。

 3.7(thu) 久々に着物に目覚める

去年頼んでいた着物が出来上がったので取りに行った。
探しに探してお安く手に入れた反物で、自分で縫う予定だったんだけど、
仕事を始めて一人だけで縫うのは無理だし、縫ってもらったほうがきれいにできるなと思って頼んでいたのだ。
紫ピンク系の紬と、からし系の更紗の小紋の2枚。

ピンク紫色紅花紬着物
茶芥子色更紗着物
紬のほうは、大手チェーン店で何も買わなかったけれど、顧客カードを書いたら、閉店の時連絡が来て、その時
山とある反物から選び出したもの。紫の色がきれい。濃い紫とピンクが混じっている。
値段は確か2万円代だったような。八掛けはピンク。
更紗は船場の問屋街へ行った時、見つけたもの。格安で8千円くらい。八掛けは何色だったかなあ。
胴裏は買っていたけれど、八掛けは縫ってもらうところで頼んだ。8千円。表と同じくらいの値段やん。

夏祭りの浴衣くらいしか着ないのに、新しいのをながめていたら俄然着たくなってきた。
ちょうどいい季節だし、春らしい色なので今度の食事の時でも着たいなあ。

コレクション/ Home