[IEEE1394]

[IEEE1394]について


[IEEE1394とは]
ひと言で言うならCOMポートのようなシリアルバスの1つ。パソコンと周辺機器をつ なぐだけでなく、ビデオカメラなど家電製品ともつないでしまうインターフェース。
  IEEE1394の規格はもとは1986年に米アップル社が「FireWire」という名称で開発して いたもので、IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers)によって 標準化作業が行われ、1995年にIEEE 1394-1995規格として承認を受けました。現在、 日本ではソニー社がつけたi.Linkという名称の方が有名。
  なぜIEEE1394が必要となったのか?。
1990年代半ばにマルチメディアが大きな話題となった頃、パソコン用にはCOMポート やPRTポート、SCSI、IDEなどのインターフェースがあり、家電用にはビデオ入出力用 にS端子やアナログ端子、音声用端子などいくつもあり、これらを製品に搭載するだ けでもかなりのスペースが必要でした。さらにそこにつながるケーブルも何種類も必 要となります。また当時の伝送速度はマルチメディアで必要とされるデータを伝送す るには十分なものではなかった。そこでコンピュータ機器(周辺機器を含む)と家電 機器(オーディオ機器、ビデオ機器など)を接続し、低コストで高速なインター フェースとしてIEEE1394が注目されたわけである。
IEEE1394の接続方法としてはSCSIのようなディジーチェーン(数珠つなぎ)型とツ リー型の2種類があります。接続可能な機器の台数は最大63台と、SCSIの15台に比べ るとはるかに多い。 IEEE1394に接続された機器を「ノード」と呼ぶ。ノード間(実際には接続ケーブル) のことをホップと呼び、1ホップの最大長は4.5m、最大16ホップまで使用できる。 リーフノードだけを使用すればディジーチェーン型となるが、最大接続台数は17台に なる。18台以上の機器を接続したい場合にはブランチノードの機器が必ず必要とな る。 接続ケーブルはIEEE1394として3種類発売されている。両端のコネクターがそれぞれ 6ピン、4ピンのものと、6ピン・4ピンを組み合わせたものがある。 しかし家電などで必ずしも電源線は必要としない機器もあったので、6芯のうち電源 線2芯を省略した4芯のケーブルが出てきた。デジタルビデオに搭載されているDV端 子(i.Link)はこの4ピンコネクターのケーブルを使用している。 この2つの信号は、 IEEE1394で基本となる6芯シールドツイストペアケーブル中の 信号線の中を流れる信号です。 6芯シールドツイストペアケーブル中には信号線が2つあり、ひとつはデータ信号 用、もうひとつはストローブ信号用です。IEEE1394では、この2つの信号線を利用 し、Data-Strobe符号化方式(DS-Link方式とも呼ばれてる)と呼ばれる方式により データ転送を行っている。 Data-Strobe符号化方式というのは、データ信号の値が0から1、または1から0に 変わった時、ストローブ信号の値を変化しないようにしています。一方、データ信号 の値が変わらないときにはストローブ信号の値を変化させます。 なぜこのようなことをしているかと言うと、受信側でデータ信号とストローブ信号の 排他的論理和(eXclusive OR:下記参照)を計算することにより、それを同期信号用 のクロックとすることができるからである。同期信号用のクロックというのは信号受 信のタイミングを取るために使う機能です。 これにより、転送データ中に同期をとるためのデータを入れなくて済むので伝送効率 が100%になるという利点が生じます。受信用のクロック生成回路が必要なくなるのも メリットのひとつです。こうした利点は、少しでもコストを下げたい家電メーカーに とっては重要なポイントなのです。
また、IEEE1394のデータ転送速度には現在100、200、400Mbpsの3種類ありますが、 どの速度でもリアルタイムなデータ転送が出来るような仕組みが用意されている。リ アルタイムなデータ転送ができないと再生中の映像がコマ送りになってしまったり、 音楽が飛んでしまうなど問題が出てしまうのです。
このようにIEEE1394は優れた点がたくさんある技術なのですが、これがパソコンで普 及した背景としては昨年登場したWindows98 Second EditionがOHCI(Open Host Controller Interface)とSBP-2(Serial Bus Protocol-2)の2つの規格に対応したこ ともあげられます。 OHCIとはIEEE1394コントローラとパソコン間のインターフェース規格です。SBP-2は ハードディスクやCD-ROMドライブなどをIEEE1394につなぐためのプロトコルです。両 規格をOSが標準で提供してくれれば周辺機器メーカーはこの規格に対応した製品を製 造すればOS上のドライバーを作成するコストを下げられます。 Windows2000でも2つの規格に対応していますので、Windows98 Second Edition同様 に周辺機器が使えるはずです。現在発売されているIEEE1394対応インターフェース機 器では上記OHCIに対応しておらず、独自のドライバーを使っているものもある。
IEEE1394は今後も進歩する見通しです。具体的にはIEEE1394aとIEEE1394bと呼ばれる 2つの規格が現在検討されています。 IEEE1394aはIEEE1394の補完的な規格です。検討されているものはいくつかあるので すが、その中でもデジタルビデオカメラで使われている4芯用のケーブル&コネクタ の規格化が注目されています。というのも、IEEE1394はもともと6芯をもとに規格化 されているので実はまだ4芯用は正式規格ではないからです。 一方のIEEE1394bはIEEE1394やIEEE1394aの発展系という位置付けとなっています。転 送速度を800〜3200Mbpsまであげるとか、光ファイバやLAN用のケーブルを使って最大 長を伸ばすなどが検討されています。

参考URL http://www.yomiuri.co.jp/bitbybit/bb_head.htm