matome

「まとめ」


まず、[IEEE1394]とは? ひと言で言うならCOMポートのようなシリアルバスの1つ。パソコンと周辺機器をつ なぐだけでなく、ビデオカメラなど家電製品ともつないでしまうインターフェース。   IEEE1394の規格はもとは1986年に米アップル社が「FireWire」という名称で開発して いたもので、IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers)によって 標準化作業が行われ、1995年にIEEE 1394-1995規格として承認を受けました。現在、 日本ではソニー社がつけたi.Linkという名称の方が有名。 なぜIEEE1394が必要となったのか?。 1990年代半ばにマルチメディアが大きな話題となった頃、パソコン用にはCOMポート やPRTポート、SCSI、IDEなどのインターフェースがあり、家電用にはビデオ入出力用 にS端子やアナログ端子、音声用端子などいくつもあり、これらを製品に搭載するだ けでもかなりのスペースが必要でした。さらにそこにつながるケーブルも何種類も必 要となります。また当時の伝送速度はマルチメディアで必要とされるデータを伝送す るには十分なものではなかった。そこでコンピュータ機器(周辺機器を含む)と家電 機器(オーディオ機器、ビデオ機器など)を接続し、低コストで高速なインター フェースとしてIEEE1394が注目されたわけである。
次に、[IPv6]とは たくさんのアドレスと経路情報の集約 IPv6における最大の性能改善は,アドレスフィールド長の拡張にある。アドレス フィールドを128ビットに拡張したことにより,利用できるノード(IPv6を利用可能 な機器)に対して割り当てることができるアドレスを劇的に増やすことができた。 しかし,膨大な数のノードを扱えるということは,その一方で経路情報も同時に増 えるということを意味する。相手を容易に特定することができなければネットワーク はうまく動くことができないため,効率的な経路制御は必須項目となる。 実際,IPv6がアドレスフィールド長を拡張したのは,単にアドレス空間を拡大する ことだけを狙ったものではない。経路情報を集約し,できるだけ単純な仕組みで経路 制御ができることも非常に重要なテーマとなっている。 単純化されたヘッダ形式による処理効率の向上 パケット処理を行うとき,そのヘッダが複雑だと必要ない処理に起因するオーバー ヘッドによって処理効率が下がってしまう。処理効率を向上させるためには,IPヘッ ダを簡素化して必要最低限の処理のみをさせることが有効。 現在,ホストをネットワークに接続する際には多くの場所でDHCPを使ったサービス が行われている。一般に,こうしたステートフル自動設定モデルでは,ネットワーク に接続しようとするホストはIPアドレスや設定情報などをサーバから取得する。サー バは必要な情報を収めたデータベースを持ち,アドレス割当を厳密に管理しなければ ならない。 これに対して,ステートレス自動設定モデルでは,ホストが自分自身から生成でき る情報(インタフェースID)とルータから通知される情報(プリフィックス)を用い て自分自身のアドレスを生成する。そのためサーバが不要になり,実に簡単に ネットワークに接続できるようになる。 これは,たとえばモバイルのように場所を特定せず,利用できるアドレスが個別で 経路制御さえできればよいという場合に特に有効だろう。 ただし,ルータが存在しない場合や,重複などでアドレスがうまく取れない場合も ないとは言えない。そのときには,ステートフル自動設定モデルが必要となる。 DHCPv6は,ステートレス自動設定プロトコルと協調して動作するものとして提案され ている。
次に、[JDBC]とは? JDBCは、一言でいってしまうなら「リレーショナル・データベース(および、ほと んどすべての表形式のデータ)にアクセスするための、標準Java API」です。JDBCは 「Java Database Connectivity」の省略だといわれています(が、実はJDBC仕様には 明記されていません)。 企業内のクリティカルなデータは、多くの場合リレーショナル・データベースに格 納されています。そのため、JDBCは、Javaによるエンタープライズ・アプリケーショ ンの基礎をなす、重要なAPIの1つとなっています。
最後に『FTTH』について。 FTTHとは(Fiber To The Home)の略で、ユーザーまでのアクセス系ネットワーク を完全に光ファイバー化して、 個々の家庭まで光ファイバーを引き込み、高速・広帯域の回線で音声や静止画、動画 、データなど様々な情報をすべて送受信するという方法のことです。 現時点では光ファイバーケーブルを敷設するコスト(光化のコスト)は銅線(メタ リックケーブル)より高価なため、 すべてのアクセス系ネットワーク、すなわち1軒1軒の家庭までの“足回り回線”を 一斉に光化するのは必ずしも実用的な解ではなとされ、そこで「FTTC(Fiber to the Curb)」と呼ぶ 構想が生まれた。Curbは歩道の縁石のこと。FTTCでは、利用者の家の近くまで光ファ イバーを敷設して、 最後の引き込み線はユーザーニーズに応じて光ファイバーやメタリックケーブルを使 い分ける。 この他、オフィスまでのネットワークを光ファイバー化する「FTTO(Fiber To The Office)」 や、 集合ビルまでを光化する「FTTB(Fiber To The Building)」といった言葉もある。 つまりは、家庭まで光ファイバーケーブルを引くということ。 各家庭までの通信ネットワークをすべて光ファイバーケーブルを使って敷設するとい うことだ。 光ファイバーにはコンピュータ用のデータ、テレビ映像、音声通信(電話)などの情 報を流すことが可能で、 高速かつ常時接続のネットワーク環境を手に入れられる。