天気予報を上手に利用する方法


1.できるだけ新しい予報を利用する。
1週間前の予報などでは、雨の降る日が1日前後
ずれるのが当たり前です!

2.気象衛星の雲の動きに注意する。
気象衛星の写真で白く写っている部分には雲があり
この部分はほとんどの場合、天気が悪いところです。

3.低気圧や前線の動きを見る
低気圧は一日で600〜700km移動します。
九州や四国で天気が悪くなると、関東地方では1日後に
天気が悪くなるといった感じです。 (天気図へ

4.テレビ、インターネットの天気予報について
TVでは、NHKの天気予報が一番だと思います。
解説や図が分かりやすくて見やすいです。
夕方の6:50、7:50ごろのは、よく見てます。

インターネットではTBSのがいいです。
メッシュ予報では時間による変化を連続的に見られます。

気象予報士への道(近日公開予定です)



みなさんの住んでいるところのお天気を掲示板に書き込んで下さい!