Celica XX Twincam24


何気無しに古本屋で立ち読みしていた本、それが・・・
よろしくメカドックです。 そしてその中でもっとも印象深い車、それがこのセリカXXだったのです。
いやぁ〜カッコよかったです。
ストーリー中では!!2.8Lの5M−GEエンジンにツインターボで300馬力。 さらにはNOXガスでニトロパワー炸裂です。時速270km/hとか。(^^;


読んでいて、そういえば愛車のAE91トレノも相当 ”きてる”し案外安いかも!とさがしてみる。
しかしぶあつ〜い中古車紹介本でもなんと1台しかない(!)稀少車を見に行き、速攻決めちゃいました。
価格も40万程度でした。
最近また興味があって見てるんですが、もう絶版だからか結構しますね。

しかし、この車は今までで一番コストパフォーマンスが高かった!
良くまわりましたねぇ〜エンジン。購入時ですでに走行も98,000kmでしたが絶好調でしたね。
YAMAHA製だそうです。刻印がありました。
私のは2000cc直列6気筒[1G−GE]でグロスで160馬力ですが1200kgの車重には充分です。
今でいう「アルテッツァ」ですね。コンパクトなFR。
ほかに1Gのシングルカムターボと2.8Lの「5M」エンジンがありました。
ハッチバックですが、案外浅く、荷物は載りませんでした。
後席もトレノより狭かった。
海に行ったときのショット。
車高も下がっていましたが乗り心地はよくなかったなぁ。。
セリカXXの「XX」はアメリカでは「成人ポルノ指定」の意味であったため、輸出用に「SUPRA」 という車名をつけました。
つまりはアメリカでは初代SUPRAになる訳です。
これはアメリカ旅行の際に発見した「SUPRA」です。かっこよかった。。。


 車比較ページへ