ベンツCLK(W208)のメンテナンス

 

 

メルセデス ベンツ '99 Bentz CLK 200を所有しています。
         このWebページはメンテナンスの説明のために作成しました。

 

内容

ETCの取り付け

 レーダー探知機の取り付け

 

 

 

ETCの取り付け-Panasonic CY-ET500D

ETCはCY-ET500Dにしました。
純正採用されているようですので安心感がありました。
アンテナ分離型です。
アンテナは当初,ダッシュボックス上に
置こうと思っていましたが,調べてみるとインダッシュでもOK
のようです。思い切ってやってみました。

 

 

取り付けにはメータやオーディオの取り外しが必要になします。

今回使用したのはアストロプロダクツの特殊工具を使用しました。

 

メータの取り外しです。

 

慎重に進めてください。

工具のL字の部分を引っ掛ける部分は,メータの思ったより手前側にあります。

 

無理に奥まで入れて,傷つけないようにしてください。

メータパネル裏側に,コネクターがありますので取り外します。

黒いツメを押して,灰色の部分を倒します。

あとは簡単に外れます。

外したパネル

パネル裏側

アンテナはダッシュボード内メータパネル奥に設置します。空調ダクト上部

少し,後方に傾斜していますので,CY-ET500Dの付属の台座を使って設置しました。

電源はオーディオから取ります。

CY-ET500Dは常時+,ACC,アースの3つが必要です。

 

ここでも特殊工具を使います。

工具を取り外すときは,ここを押します。

本体をどこにつけるか,迷いましたが,とりあえず,助手席ネットにおきました。

 

防犯上,使わないときは,マットの下に隠しておきます。(^_-)-☆

 

最初に戻る

 

 

レーダー探知機の取り付け

レーダー探知機を取り付けようと思っています。

今流行りは配線要らずのソーラー型でしょうが,今回はセパレート型にこだわっています。

理由は,ETC取り付けでもこだわったように,ダッシュボード上に色々

置きたくなかったからです。
本体は,ユピテルRJ-73です。格安で入手できました。

今回,操作ユニットの電源はACCとアースです。

前回ETCはオーディオから取ったので,今回は常時電源が要らないこともあって,シガーライター裏から取る事にしました。

まずはシガーライターを外すために,シフトノブ周りを外します。

これが,シガーライターに来ている線です。

ピンク線がアクセサリ,茶がアース。

グレーの線がイルミネーションです。

 

ちょうど玉が切れていましたので,交換してあげました。

このように分岐させます。

操作ユニットは,見やすいように助手席側に置きます。

受信ユニットは,試行錯誤の末,ラジエター付近に設置しました。

 

 

最初に戻る

 

最終更新日 : 日付2004.02.23