■FAQ & DIY
便利な使い方、裏技について
インデックス
Q001 車中泊を快適にするには?
Q002 シートカバーを付けたいのだけれど...
Q003 自転車を運びたいのですが?何処に積むのが一番でしょう?
Q004 自分でオリジナルステッカーを作ってみたいけど...
Q005 クリアレンズ化ってDIYで出来るの?
Q006 スライドドアの開閉時が重いのですが、何とかなりませんか?
 

Q001  車中泊を快適にするには?
インデックス
スーパーフルフラットが売りのステップワゴンですがそれでも多少の凸凹や、なによりも「シートベルトのバックル」が意外と邪魔になります。
シュラフ(寝袋)・ロールマットやエアマットを使用すればぐっと快適になります。


Q002  シートカバーを付けたいのだけれど...
インデックス
○カタログ販売の「セシール」にステップワゴン用のシートカバーが掲載されています。
※ただし残念ながら回転対座シート仕様用のみです。 
  1. XJ−339  23,800 円 ・・・ポリエステル100%
    高級感あふれるベアロ地て書いてます。色はシルバー、ゴールド、ワインレッドで無地です。
  2. TC−540  13,800 円・・・綿100%
    ブルーのチェック柄です。
  3. TC−542  13,800 円・・・綿100%
    背裏ポリエステル100% (紺色で、運転席と助手席だけにワンポイントがあります。
○「ニッセン」の通販カタログにもステップワゴン用のシートカバーが掲載されています。
※ニッセン版はポップアップシートも掲載されています。
  • カタログ番号6736 ニッセンのいいもの発見術'98秋号('99年2月末まで)
  • 商品番号 88206 色記号 A:ネイビー、B:グレー
  • Tサイズ番号 10:回転対座用、11:ポップアップ
《問い合わせ先》
0120-40-2000(問い合わせ専用フリーダイヤル)
平日AM9-PM9、日曜・休日AM9-PM5
○他には「自作する」方法も有ります。
便利な型紙が販売されています。詳しくはNo.005 やっさんのページをご参照ください。


Q003  自転車を運びたいのですが?何処に積むのが一番でしょう?
インデックス
○室内に積み込む場合は3列目シートを跳ね上げて自転車を搭載し、シート固定用のフックにタイダウンベルトを架けて自転車を固定します。
  • この場合、自転車のサイズによっては前輪を外す必要があるかもし知れません。
○もう一つ市販のサイクルキャリアを使用する方法があります。
  • ルーフにシステムキャリアを付けられている方は、ルーフに積載する方法も取れますがステップワゴンは車高が高いので積み下ろしが大変です。
  • 車体後部(リアハッチ)に取り付けるタイプは、システムキャリアは不要ですし、必要時にのみ装着すれば良いのですが、装着するとリアハッチの開け閉めが不可能になる難点も有ります。 THULE970(リアハッチ取り付けタイプ)の使用例がNo.061 そねざきさんのページに有ります。

Q004  自分でオリジナルステッカーを作ってみたいけど...
インデックス
車を飾る方法としていろいろありますがお金があまり掛からず飾れるカットレタリ ングを紹介します。
用意するもの
  • カットレタリング用カッター(鉛筆の先に細いカッターの刃がついたもの(300円程 度))
  • カットレタリングシート(のり付きシート色多数あり日曜大工店やカーショップにあり(300円/m〜))
  • 転写シート(作成したステッカーを車に貼るとき使う(450円/m程度))
  • セロテープ又はカットレタリング用のり(セロテープでOK)
  • 好きなデザインをコピーで好きな大きさにしたもの
作り方
  1. カットレタリングシートに好きなデザインをセロテープ又は専用のりで貼りカッターでデザインを紙ごと切ります。
  2. この時シートの裏の剥落紙はなるべく切らないようにします。又セロテープ止めている場合は、周りしか固定されていないので、中央から外側へと切り抜きます。
  3. 切り終えたらシートのいらない部分を取り除きます。
  4. これでステッカーらしくなりますがこの上から転写シールを貼り出来上がりです。
  5. 多色の場合は、色別に切り抜き貼りあわせるときの位置決めをどこかに作りそれを基準に全部を合わせます。
貼り方
  • 貼り方は、市販のステッカーを貼る要領と同じです。
関連Web
Q005  クリアレンズ化ってDIYで出来るの?
インデックス
可能です!以下に手順を示します。
No.480 たださんのページで図解されているのが参考になります。
  1. グリルとフロントバンパーを外します。
    方法は No.892 Boteさんのページ を参照して下さい。
  2. ヘッドライトは10mmのボルト3本で固定されていますのでそれを外します。
  3. 前照灯・ポジションランプ・ウインカーのコネクターを外します。これでライトの筐体を完全に取り外す事が出来ます。
  4. ライト本体は、レンズの部分と、黒いプラスチックのBOX部分から構成されており、その接点は、10個の爪と防水シーム剤で接着されているだけです。
    そこでドライヤーで、シーム剤を暖めながら、爪の引っかかりを はずします。
    (マイナスドライバを使ったりして・・結構、力技だけです!)
    この時に爪はウインカーの反対側(グリルのある方)から取って いくようにすると、作業はスムースに出来ます。
  5. レンズ部分が外れますと、ウインカーのオレンジ色の部分は、オレンジのプラ板が挟まっているだけですので、先程の爪と一緒に そのまま取り出せます。
  6. 取り外した後、ドライヤーでシーム剤を暖めながら、元に戻します。
    ※防水のため、新たにシーム剤を付ける事をお勧めします。
  7. 全ての爪がきちんとはまっているのを確認後、ウインカーの電球をオレンジ球に交換します。
    それから、逆の手順でバンパー、グリルを元に戻し、完了です。
** 注意事項 **
  • ドライヤーで暖めながらレンズ部分を外す時は、十分に暖める、かつ慎重に作業しないとウインカー部分が分離してしまう場合があります。
  • ウインカーの球は必ずオレンジ球を使用して下さい。
    オレンジ球を用いないと
    法令違反となります。
  • 慎重に作業しても、レンズ部分に雨水が侵入する場合も考えられます 。

Q006  スライドドアの開閉時が重いのですが、何とかなりませんか?
インデックス
簡単なDIYで調整可能です!
  1. スライドドアを開けると、車体側の向かって右下に板ばねがボルトで固定されているのが見えます。
  2. ボルトと板ばねを取り外します。
  3. 板ばねの下に「ワッシャー」を入れて板ばねを浮かせます。このワッシャーの厚みを調整する事によって開閉時のドアの重さを調整できます。
    この時に注意しなければならないのは、あまり軽くしすぎると坂道などで勝手にドアが閉まってしまい、大変危険です
    今までの情報によるとワッシャーの厚みは、1mm 以下が良いようです。ワッシャー&板ばねをセットしたら、後は元どおりボルトで固定して下さい。


BACK