どんな時計がオイラを刺激するか?


腕時計には大きく分けてクォーツ式と機械式がありますが趣味性、ロマンなんかで 語ると機械式が好きです。しかし!仕事柄クォーツ式に携わって本格的に解ったのですが アナログ表示であれば(当たり前のことだが)駆動源とビートの基本が電気であるだけで各仕事は やっぱり機械式と同じ精度やカラクリが要求されてます。そんな訳で嫌いじゃないですよ。 オイラも現在Gショック(アナログ)1本とIWCとタグ・ホイヤーはクォーツです。

ではなぜ機械式がロマンって言葉まで引っ張り出して「好き」って言うか? 一言で言うと「ムーブメントは1つの宇宙」だと思うからです。大袈裟?いいえ、あの限られた 空間には外部と独立した規則正しい動きがあり、大の大人が夢中で語るに足りる複雑な思考の産物 だからです。もっと簡単に言うと例えば永久カレンダー一つとっても自分の腕に着けている中で 4年に1回しか役目を果たさない歯車の歯がその出番をじっと、正確に4年間待っている訳です。 それをたかがゼンマイで行なう。これが感動せずにいられますか?
ここでは主に機械式時計を取り上げます。