開幕戦 オーストラリア国旗 オーストラリア・グランプリ

(2000/03/12 晴 アルバート・パーク・サーキット 完走9台)

フェラーリ、最高の幕開け!

復帰組エンジン、絶好調!

優勝 ミハエル・シューマッハ フェラーリ
2位 ルーベンス・バリチェロ フェラーリ
3位 ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ・BMW
4位 ジャック・ヴィルヌーヴ BAR・ホンダ
5位 ジャンカルロ・フィジケラ ベネトン・プレイライフ
6位 リカルド・ゾンタ BAR・ホンダ
PP ミカ・ハッキネン マクラーレン・メルセデス
FL ルーベンス・バリチェロ フェラーリ

【感想】予選は絶好調、決勝も好スタート、でも途中で相次ぎリタイア…って、去年の開幕戦のリプレイじゃないの、マクラーレン。あれだけ冬の間テストしてきても、やはり信頼性の確保というのは難しいのだなと再認識。驚いたのはウィリアムズ。BMWエンジンの事前評価は決して良いものではなかったが、13年ぶりの復帰初戦でいきなりの表彰台。8年ぶりにF1に帰ってきたホンダのダブル入賞もかすんでしまった。でも何となくBMWには今回ツキがあっただけ、と思うのは私だけか。

 新参ジャガーはあっけなく全滅、参戦10年目で飛躍を期すジョーダンも沈没。そんな中で最下位ながら9位完走を果たしたのはプロストの新人ハイドフェルド。ルックスもいいし、これから人気が出そう。

 マクラーレンが消えた後は、フェラーリがきっちり勝利をさらった。関係者にとっては笑いが止まらないシーズンの幕開けになっただろう。まぁまだ始まったばかりだからこれからどう転がるかはわからないし、だからこそ面白いのだけれど、何となく今年はフェラーリがタイトル争いを終始リードし、マクラーレンがそれを追いかける、という展開になるような気がする。さぁどうなるだろうか?


第2戦ブラジルGPへ進む

トップへ戻る