浄運寺

浄土宗で京都知恩院系のお寺で、信寂上人(法然上人の弟子)が開かれました。

今から800余年ほど前に建立された時の名称は西方寺でしたが、慶長年間になって

浄運寺に改称されています。

このお寺は、法然上人、木曽義仲夫人で遊女の始祖と言われている友君、近松

門左衛門の「お夏清十郎」のお夏、に縁の有る寺として知られています。

このお寺には法然上人の御真影、御真筆の書、袈裟、友君の坐像、お夏形見の

木像が寺宝になっています。

また友君の御墓は門前の海を見下ろす場所にあります。

なお、このお寺はユースホステルとしても登録されております。