賀茂神社

賀茂建角身命が室津開港の祖として祀られて、2000年ほど前に始まったとされています。後に平安時代(今から

900年前)には京都上賀茂社の祭神である賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)を本殿に、下鴨社の祭

神の玉依比売大神を別社に分祀、その他の諸神も含めて五棟の社殿が整えられました。

境内には大小二十九棟の建造物があり、新しいものでも文政元年(1818年)の造りかえであり本殿と拝殿が離れ

て配置されている「とび拝殿」の形式をとっており、社殿は賀茂神社に代表される流造りを継承したものであり、

国の重要文化財に指定されています。

賀茂神社は室津港の先端に位置している小高い丘の上にあり、車・バイクは神社下に町営駐車場がありますの

で、そこに無料で停めることができます(車7〜8台くらいでしょうか)。その駐車場の脇の坂を上がって行くと30秒

で境内です(鳥居や山門のある入り口とは逆から入ることになりますが)。

駐車場で宮司さんに声を掛けられて少し御話をさせて頂いたことがあります。その時、「駐車場にバイクを停めて、

えらいですね」と言われたので、不思議に思って「何でですか?」と聞き返したんですが、残念ながら来られるバイク

の中には駐車場脇の坂を登り、車止めの隙間を抜けて境内まで入る人がいるそうです。気をつけたいものです。

 

 

参道から四脚門

四脚門

四脚門の彫刻

拝殿(手前)と絵馬堂(奥)

絵馬堂の額

本殿(側面)

本殿正面

 

本殿(側面)