Uncle_Tanakaの

懐古的カーキチ・エンスー小説

English Here

上のタイトルを押すと3Dが動き出します.Please Click!
Powered by Intel(R) 3D Photo Cube

外交官ナンバーのフェラーリが暴走!

深夜の東名高速で250km以上で疾走する
ブルーの外交官ナンバーの真赤なフェラーリ365GTB4デイトナ
そしてハンドルを握るドライバーはブロンド女?

-----インターネット連載小説「妖の疾走」-----
The Internet is concentration of human beings' wisdom.

Copyright (C) 1999, All rights reserved. copyrigth, Hideyuki@Tanaka Update: Day by Day hide

お便り| 連絡|掲示版


あなたで 人目です。
Since_1999.1.3

閲覧開始後、 経過しました。

Prologue......1998.12.24 On the Tomei highway
 クリスマスイブの深夜、東名高速道路の下り車線の真ん中の走行ラインをゆったりと走る俺のプリウスの脇を、突如、真赤なフェラーリ365が凄まじい風切り音と独特のイタリアンサウンドを響かせてあっという間に走り去って行った。まるで、ホームに立っている脇を通過する新幹線のようなスピードであった。 そして、かすかに映る車窓にはステアリングを握る長いブロンドの髪が揺れていたように思えた。

 はるか先に消え去るフェラーリのリアーバンパーには、ブルーの外交官ナンバープレートが薄くぼんやりとついているのが見えた。   
 日本の環境省の外郭団体の職員として俺は、今後の地球環境を考えて、ようやく3ヶ月待ちで手に入れたハイブリッドカーで、絶好のお楽しみのイブの夜を箱根に向かってゆったりと走っていた。それが突然の襲来で、久しぶりに動物の血潮を急上昇させてしまった。そして、かすかに見えたブロンドの女らしきシルエットに25年前の出来事が揺りさまされ始めた。


続きはこちらへ

Chapter-1

ALFA ROMEO vs BMW2002ti

Chapter-2

Battle on the tomei highway

Chapter-3

Battle on the bed

Chapter-4

Bed morning

Chapter-5

On the circuit

Chapter-6

The otome pass

Chapter-7

She`s breeding

Chapter-8

The desire

Chapter-9

Revenge

Chapter-10

Confidences

Chapter-11

Return

Chapter-12

Start

Chapter-13

Chase

Fun to Drive! お楽しみのページへ