BMW K75S

BMW K75S

どんなバイク?

 BMW K75Sといっても知らない方が多いのではないでしょうか。 知っていても見たことのある方はかなり少ないと思います。 私もめったに同じバイクを見かけません。 珍車といっても良いでしょう。

 水冷4サイクルDOHC3気筒750ccでシャフトドライブのスポーツ ツアラーで、4気筒1000ccのK100シリーズから1気筒削除したような バイクです。

 私のK75Sは1986年式で走行17,000Kmほどの中古を1997年10月に購入 しました。毎日、往復約70kmの通勤に乗っているので、月に平均2,000km くらいは走っています。

気に入っているところ

レアなバイクである

 このバイクを選んだそもそもの理由が「他の人があんまり乗っていない バイクに乗りたい」ということでした。

 レアなバイクは他にもたくさんありますが、値段が手ごろで実用性が 高いという条件を同時に満たしているということで、最終的にK75Sを選び ました。

 メカ的にも4縦3気筒シャフトドライブのバイクというと他には YAMAHA GX750系くらいであまり他に例を見ないと思います。

オールマイティーに使える

 基本的にはスポーツツアラーですが、街中の渋滞スリ抜け、高速道路、 峠のワインディングとどんなシチュエーションでもこれ1台で快適に こなせてしまいます。

信頼性が高い

 まだ乗り始めて15ヶ月くらいですが、雨の日でも毎日通勤に使って います。冬のどんなに寒い朝でもセル1発で確実に始動します。また、 走行に支障があるようなトラブルはいまのところ何もありません。

快適・便利

 ポジションがラクだしシートもほどよい固さなので長時間乗っていても 疲れません。
 小さなカウルですが高速ではかなり有効なようです。
 メーターにデジタル時計が組み込まれていて、朝の通勤時には重宝 しています。
 ギアポジションインジケーターやオートキャンセル式のウィンカーも 意外に便利です。
 センタースタンドを立てるための折りたたみ式のグリップがあるので スタンド立てがラク。
 純正のシティケース(小さなサイドバッグ)を付けているのですが、 仕事用のショルダーバッグがスッポリ入るので便利。

その他

 燃費も通勤に使って18〜20Km/Lといったところで満足しています。
 ブレーキ/クラッチレバーは鋳造ではなく鍛造なので折れにくく、 曲がっても修正が効きます。
 車載工具の質が高く、パンク修理キットも入ってます。

イマイチなところ

 なんといっても10数年も前のバイクなので最近のバイクと比べることは できませんが....
 アバタもエクボといったところで、あまり不満はありません。強いて 上げるとこんなところでしょうか。

オイル上がり?

 シリンダーが水平で、ヘッドが左側にあります。サイドスタンドで 立てるとヘッドが下がるせいか、ほんの数分停めておいただけでも 始動時にマフラーから盛大に白煙をはきます。おまけに欧米の右側通行 にあわせた仕様になっているらしく、日本で道路の左端にサイドスタンド で停めると「倒れるんじゃないか」と思うくらい傾くのは何とかして ほしいところです。

パーツが高い

 まぁ、外車だから仕方がないと言ってしまえばそれまでなのですが、 もうちょっと安くなってくれたら嬉しいです。

ガス欠が心配

 燃料コックが無いので当然リザーブもありません。ガソリンの残量が 少なくなるとメーター内の警告ランプが点灯するのですが、このランプが 切れてたらどうするのでしょう。ちょっと心配な点です。

HOME