四街道少年少女合唱団の発足について

  四街道少年少女合唱団は、1992年6月に『ウィーンの森少年少女合唱団』との共演をきっかけに発足しました。
四街道市教育委員会が当時、山ゆり少年少女合唱団を指導していた、沖 雅子先生を指導者に指名し、市内の児童に「ウィーの森少年少女合唱団と一緒にドイツ語で野ばらを歌いませんかと呼びかけ、四街道文化センターで共演しました。それを契機に、四街道市教員委員会社会教育課が団の蒔苗を『四街道少年少女合唱団と』命名し、発足しました。



  合唱団の紹介へもどる