Mats' Home | What's Newへ

6月29日
残務整理もほとんど終わり、明日は辞令をもらって挨拶回り。明後日はいよいよ出発です。2月に行けと言われてからあっと言う間でした。
今日はまだ涼しいですが、昨日と一昨日の暑さは何だったのでしょう。夜の9時を過ぎても私の部屋は34度ぐらい有りました。荷造りで汗びっしょり。
これで日本でのホームページの更新は最後。向こうで通信手段が確立し次第再開します。目下の心配事は向こうで上手く借家を見つけられるかってことです。それでは皆さんアディオス...

6月27日
今日は土曜日。渡米前に散髪へ、その後秋葉原にて音楽ソフト(私の愛用しているミュージックプロプラス新発売)を購入。その後念願の靴下とパンツを買いに新宿へ。勢い余って400ccの献血も。パンツ屋で後輩の女性Iさんと出会ってしまった。夜はA&Cのバンマスとお茶。

どうでも良いけど、サッカーで勝てないのは気持ちが入っていないからでも、ニヤニヤ笑っているからでも、ガムを噛みながらプレーするからでもなく、テクニックが無いから。

音楽も、戦争も一緒。上手く行かないのはテクニックが無いから。気持ちの問題じゃない。

6月26日
やっとこさ金曜日です。ビザが手に入りました。後は靴下とパンツを買ってつめるだけです。

突然ですが手旗信号ってご存知ですか?「イ」とか「ロ」とか「ハ」とかを両手に持った旗で送るのですが、その表現がものすごく象形文字てきなのです。(ちょっと象形の意味が違うけど。)例えば、「イ」は「ノ」+「|」のようにして表わすのです。興味のある方は、こちらのサイトをご覧ください。

読者のページにドイツ料理屋についてのコメントを掲載しました。(6月21日の独り言参照。)

今朝の新聞にワールドカップの経済効果云々と出ていたのですが、嫁さんの実家もジャマイカ戦に備えてTVを新調したそうな...ジャマイカに負けちゃっいましたね。(何かとりとめが無くなってきたぞ)

6月25日
今日は国際免許を取りに行ってきました。ついでに不在者投票も。今日が公示日らしく立候補者が出そろっていないけどとりあえず投票だけは済ませました。ああ忙しい...

6月23日
今日は会社の幹部、関係者が集まって壮行会、明日は部署での壮行会。会社はお金を出す以上言いたいことは山ほど有りそう....

荷造りを始めました。私は僅かしか衣装を持っていないので、服をつめるのは簡単です。ただ、サラリーマンなので、青とか黒以外の靴下をあまり持っていなかったりするので、若干は買い足さないと。16年前にホームステイしてた時は、日本製の靴下を乾燥機にかけると驚くほど小さくなってしまったのでホストファミリーに笑われてしまった。でも靴下とパンツは日本製が良いと思うのだけど.....

問題は本!やっぱ重い。

6月21日
昨日は、A&Cのメンバー+αでライブで受付をしてくれたMさんのご苦労様会を新宿のドイツ料理屋で行いました。食事は肉、ジャガイモ、キャベツ、ビールとごく知られているものの、バンド演奏のアトラクションがなかなかの出来で楽しめました。
バンドはヴォーカル、ヴァイオリン兼カウベル、アコーディオン、ピアノ、クラリネット、チューバ兼アルペンホルンという編成で、カウベルはハンドベルの様な音程毎の多数のカウベルを一人で手品のように操って演奏するので結構見ごたえが有ります。みんなで歌を歌ったり、踊ったりして客も一体となって参加できるように構成されているところはドイツの全体主義的な好みか????
Mさんはステージへ引っ張り出されてアルペンホルンを吹かせてもらったり、有田、上岡と共にカウベルで「ドレミの歌」を演奏したり、記念に指人形を貰ったりして楽しんでもらえたようでした。めでたし、めでたし。

その後はワールドカップのクロアチア戦を観ました。いつからこんなにサッカーが盛んになったのかと戸惑うほどの数の人々が応援しているのですね。ブラジルとかでは、ワールドカップで負ける(優勝しても?)とショックで数人亡くなられるそうですが流石にそこまで入り込んでいる人は居ないと思いますが....
代表が弱くても私は女子供でも見に行ける日本のサッカー(不調時の浦和の試合を除く)が好きです。マスコミももうちょっとフェアにワールドカップを伝えるようにしないとサッカーの面白さが伝わらないのではないかと思います。代表監督が「勝ちに行くつもりです。」とコメントするのと、マスコミが「勝てそうだ、勝てるかもしれない」と伝えるのは意味が違うことだし、フェアな報道をしないと勝ち負けの価値が誤解されるでしょう。

そんなことを言ってて、渡米まで10日をきってしまった.....ナイジェリア頑張れ!!!!

6月15日
昨日で演奏活動は一段落。また一から出直しです。相変わらずコンサートの翌日の仕事は辛い。

フランスに住んでいる調律師の友人から、シャンペンが1本梱包材に簀巻きにされて送られてきました。彼曰く「なんで結婚すると幸せになれって言われなければならないのでしょう?やっぱ結婚すれば幸せってものでもないし、たいていの離婚は周囲にメーワクを掛けるから暗に『そーゆーことはやめてくれ』という気持ちが含まっているのかもしれない云々」とのこと。ちなみに彼は数年前に結婚して今のところ愉快に暮らしているそうです。

6月11日
いよいよワールドカップが始まりました。朝の3時まで起きていると眠いです。スコットランド、モロッコ共に善戦しました。私の好きなドゥンガの他にサンパイオ、レオナルドと日本でお馴染みの選手が沢山いるから見ていて面白いです。途中でベベットと交代したデニウソンとか言う選手は結構切れてて見ごたえが有ります。これからも寝不足が続きそう。

今日はA&C+αの人から貰ったCD券を手に買い物に行きました。買ったのはアントニオ・カルロス・ジョビン&ガル・コスタのLAでのライブのビデオ。これはCDになっているけど家の近所の貸しCD屋にしか見当たらない。多分、日比谷野音のビデオよりは良さそう。
もう一つはチャック・レイニーのグルーヴィング・ベースという教則ビデオ。私はアホだからベーシストのくせにパーカッションとかジャズピアノとかの教則ビデオは無性に買いたくなるくせにベース自体にはあまり興味が無いらしい。ここは一つグルーブしてみるか?

そうそう、新宿のディスクユニオンからラテンのフロアが消えてなくなってしまった。お茶の水にしかないらしい。4Fでエレベータを降りてフロアに入るといきなり「YES」5枚組み何とか〜みたいな藤波と有田が喜びそうなプログレのフロアに変わっていてびっくりした。
昔ラテンのフロアで見た「エリス・レジーナ」のビデオ(確か1万円ぐらいしたと思う)買っておけば良かった。何所にも無いよ。そのころまだビデオデッキが家に無かったから買わなかったのだけれども、一度で良いから動いているエリスを見たい。

6月8日
ライブの翌日の会社は辛い!体の筋肉が凝り固まって頭痛もしてるし....A&Cのホームページにはもうアンケート結果が載っていました。上岡氏のショパンおよびポリーニに関するコメントも載っています。
昨日のライブの最初に流したショパンのピアノソナタ2番の3曲目は私も好きな曲であの曲のサビ(メジャーのところ)は何回聴いても鳥肌が立ちます。あの曲は最初の数小節のイメージのみで大誤解されているかわいそうな曲だと思います。
個人的にはホロビッツの演奏が好きです。というのもこの曲を単にお葬式の曲としてではなくちゃんとした楽曲として認識したのが、ホロビッツがカーター大統領時代にホワイトハウスで演奏したテレビ放送を見た時だったから。

話は変わるけど、ジュビロ磐田のドゥンガの著書「セレソン」を読み終わりました。私が彼を尊敬するところは、仲間とか味方に対して喧嘩腰に接しているところです。(ピッチの上だけでのことらしいけど)彼はなかなかの日本びいきらしく茶道をならったりもして日本人のメンタリティーに関しては敬意を表しつつも、ピッチの上で年長者に指示しないとか、間違えを見つけてもなかなか直さないとかいう点については激しく非難している。
バンドもサッカーも個人が集まってグループとして目標に向かっている点で全く同じであり、バンドもドゥンガのようなメンバーがいたら常に向上していくでしょう。パット・メセニー・グループのベーシストもインタビューで言っていたけど良いサウンドを作る為にはメンバーを搾りきらなければならない、コーディネーターはメンバーと仲良くなりすぎても、喧嘩してもだめだ。

話がとりとめが無くなってきたけど、このパット・メセニー・グループのビデオをみた渋谷の「スイング」というジャズビデオ喫茶が閉店してしまいました。ビデオとかLDとかが欲しい人は店主の方に電話するとリストがもらえるらしい。(電話番号は店の前に書いてあります。)なかなか良いビデオが沢山あったのにね。

6月7日
ライブが終わって一段落。作曲をする者にとって作った曲を演奏してくれる人がいることは幸せなことです。それにも増して演奏した曲を聴いて下さる方々がいることは最も幸せなことです。ご来場の方々有り難うございました。
さて話は変わって飛行機の話なのですが、私の妻のMrs.Matsはデルタ航空アトランタ経由でピッツバーグへ行くつもり。どなたかデルタの評判をご存知の方お便り下さいませ。

6月5日
明後日はライブ。みんな見に来てね。

昨日は赴任先でアパートを探す間に泊まる大学の寮へ予約の電話をしました。まともに英語を喋るのは2年ぶりぐらいです。さすがに向こうが電話を取っていきなり「ΘΠξ〜‰」(はいどこどこです。)って言うのは聞き取れないよね。ゆっくり「何とかオフィスですか?」とこちらから聞いてやっと会話が成立する。
とりあえず予約は完了したものの、ホストの先生(文字通りに受け取ることなかれ)と学科の事務の人は休暇中らしく1週間連絡がとれない。まあどうにかなるでしょう。
ともあれ、今日はパスポートも出来てきて準備は着々と進行中。

6月3日
どうもユナイ×××航空は評判が宜しくないらしい。いったいアンビリーバブルなエアラインっつうのはどういうエアラインなのでしょう。(読者のページ参照)飛ぶとか飛ばないとか落ちるとか落ちないとかは普通だろうからもっとすごいのかな?
でも私は力任せに価格競争に打って出るところは消費者として支持するのだけれども....

そうそう山下洋輔がNHKの教育テレビで「ジャズの掟」という番組をやるそうです。(明日からMiscellaneous参照) テキストを買って眺める分には、幾つかの基本的なトピックを取り上げてジャズの全体的な枠組みを解説しているので大学のジャズ研とかに入りたての人とかにはお勧めだと思います。初心者以外の人にとっては各トピック30分番組ということもあってちょっと物足りないかも。でも一流の人が何だかんだ言っていることを聞くのもいろいろ触発されて良いのでは。

5月以前の独り言はこちらです。