Mats en Cuba

Mats en Cuba

サンタクララから帰り、またハバナの喧騒の中へ。左は「平和」と書かれた壁のスローガン。

ハバナでは、信号機が無いわけではないが、横断歩道というものが殆どない。 車がそんなに多いわけではないから不便は無いのかもしれない。


10月7日(木)
朝は古本市にてゲバラの肖像が入ったお札を買う。 その後ココタクシーでナポレオン博物館へ行く。 とてつも無いナポレオンおたくの邸宅で、オリジナルの帽子やデスマスクが拝める。 その後、相変わらず分かりにくい通りの名前に迷いながらベダド近辺を散歩して、暑くてしょうがないのでホテル・ナショナルへ避難。 中のカフェでモヒートとアイスクリームで一休み。

お昼過ぎにココタクシーでホステル・バレンシアの1Fにあるパエーリァ屋でミックス・パエーリァを食べてホテルへ戻る。

夕方はちょっと高級なホテル・パルケ・セントラルのカフェでコーヒーを飲む。 楽団がやってきたのでチップを差し出し、ガンタマメラとチャンチャンをリクエスト。 著名なベサメムーチョとかはメキシコの曲で、これぐらいしかキューバの曲をしらないのだ。 夕食はパルケ・セントラルに面したパスタ屋さんにてスパゲッティとピザ。 店の前でうかうかしていると、客引きがうるさいのでさっさとレストランへ入る。

夜10時過ぎに、メリア・コイーバという高級ホテルの向かいにあるジャズ・カフェへタクシーで行き、元イラケレでボーカルとパーカッションをやっていたオスカル・バルデスのバンドを鑑賞。 一時間ほどのステージを見て前の交差点のタクシー乗り場でタクシーを拾ってホテルへ。

10月8日(金)
朝はMrs.と私のライフワークである中華街散策。 その後、美術館へ行き、フリーマーケットを経て、カフェ・タベルナというところで昼食。肉と魚のコース。 バンドとダンサーが居てチップを集めに来る。

夕方はミラマールにあるカサ・デラ・ムシカのマチニーへタクシーで行ったのだが何もやっていなかったのでそのまま帰ってきた。金曜日の夕方ということで街のあちらこちらでライブをやっているようだ。 しょうがないのでガリアーノにあるカサ・デラ・ムシカのマチニーへ行ったが、 しょうもなくショボイバンドだった。 帰りに昨日と同じパスタ屋にて夕食。

10月9日(土)
朝4時半にタクシーにて空港へ。 チェックインして空港税を払い、コーヒーを飲む。 メキシコ人のおばさんがパリジャンというキャバレーが良かったと話しかけてくる。 出国手続きをしてから免税品店がやたら充実していることに気がつく。 時間が無かったのでチェのTシャツだけ買ってカンクンへ向けて7:10発。 多分もっと前に予約したら午後の便が予約できたのではないか。

ホームキューバ紀行・ハバナ編1キューバ紀行・サンタクララ編キューバ紀行・カンクン・チチェンイツァ編