mats in Quebec

Mats in Pitts
Mats' Home | What's Newへ

12月30日
ケベックから帰ってきたのもつかの間。明日からイリノイへ。今日から大寒波で気温は-6℃、外は雪。それでは皆様良いお年を....

12月28日
ケベックから帰ってきました。詳しくはこちらをご覧ください。Matsはフランス語が分からないので置物のように座って黙々と食べてばかりいたので大分太りました。ケベックと言うと寒くて、カトリックで、フランス語を喋って、モントリオールより田舎で、意外と歴史が古くてという所で、各家庭のクリスマスの飾り付けはかなり派手。1週間も置物のような生活をすると結構頭がぼけます。

12月20日
さて、下院で弾劾が成立したと思ったら、「裁く(変換ミス)のキツネ」作戦が終了、ラマダン開始、もう幾つ寝るとクリスマスという感じで何と何が関係が有るのか全く分からないまま人々はショッピング・モールへ買い物へ行く。こちらでも年末は買い物シーズン。

我々も飛行機テロに脅えつつ、股引、ブーツ等を買い整え、明日カナダのケベックへ。さすがにかの地は一段と寒いらしい。

12月18日
昨日は雪など降ってかなり寒くなりましたが、予報によると来週は最高気温がついに零下になるそうな。最近はTVとか町の雰囲気がクリスマス一色なので退屈です。

この国(少なくとも下院)では戦争をするのと女性問題で嘘をつくとを比較すると、女性問題で嘘をつく方がはるかに責任が重いらしい。一方で「こいつは嘘つきだ」と非難しつつ、戦争する(他国を攻撃する)ことについては「無条件支持」、あげくのはてに私は「世界の警察官」と自認されては・・・

12月17日
今日は雪です。予報では1、2センチは積もるそうです。11月には降りますよと言われていたが、今年は暖かめらしい。朝のニュースはイラク空爆一色。ほとんどの人がフセインが査察を拒否しようが妨害しようがこの辺に住んでいる人の生活には何も関わりが無いと思っているでしょう。ニュースにしても国会での弾劾投票との関係についてどう思うかとか、テロ対策で空港の警備が厳しくなるでしょうとか(実際最近はX線だけでなくガスクロマトグラフィーみたいな手荷物チェックがある。)ロシア、フランス、中国は攻撃を非難してますとかいう調子。

風が吹けば桶屋が儲かるので、政治的権力者と何らかの関係がある人は電話などでうかつなことを言わないように・・・

12月14日
今朝は寒い。霜が降りて芝生とかが真っ白に。どうやら昨日の日没から「ハヌカ」というユダヤ教のお祭りが始まったらしい。来週にはイスラムの「ラマダーン(断食)」が始まるし、もちろんクリスマスもやって来る。

12月12日
今晩はMrsの友人夫妻と会食。「レストラン」と大書された看板のあるレストランへ。どんな店なのか分からないことが良くあるのでこのような看板は助かる。友人夫妻はなかなかのグルメらしくピッツバーグ近辺を食べ歩き、丹念にメニューを見る。

私を除く三人はかかんにデザートに挑戦。

12月11日
今晩はピッツバーグ大学の「アフリカのドラムアンサンブルとダンス」という音楽科の授業の発表会を見に行きました。学生はほとんど白人。先生は黒人の女の大学院生。毎年国を変えて研究しているみたいで、今年はウガンダ特集。部族によっては女性は太鼓に触れなかったりするらしい。

発表会の後は、パーティーへ。しばしばこのコラムに登場するキサクなドイツ人のお宅へお邪魔する。日本人、ベルギー人、韓国人、フランス人、ドイツ人などなど。

12月9日
気温が平年並と言うことは、夜、車を路駐していると霜が付いてしまうと言うこと。従って朝はスクレイパーでガリガリと霜を落さないと何処へも行けない。私はずっと東京育ちなもので雪が降ると大喜びなのだが、こんな坂が多い町で運転できるのだろうか?オートマ車で何もしないと後ろへ下がっていってしまう坂が結構ある。

12月7日
あっと言う間に12月。今年もあとわずか。一応先週で授業は終り今週が試験期間らしいのだが別に学生ではないので関係無いらしい。この忙しい中、一昨日は念願のレイ・ブラウン・トリオを観に行き、昨日はついにビデオデッキを購入。Mrs.はこれでお昼の日本ニュースを録画して見れると御機嫌。ここ2週間は記録的な暖かさだったのですが、今日ぐらいから平年並に寒くなるらしい。

Mats in Pitts 11月分
Mats in Pitts 10月分
Mats in Pitts 9月分
Mats in Pitts 8月分
Mats in Pitts 7月分