mats in Metropolitan Museum

Mats in Pitts
Mats' Home | What's Newへ

3月31日
明日はエイプリル・フールの日。今日は今年に限っては結構変な日。ユダヤ人は過ぎ越しの祭りを祝い、キリスト教徒は最後の晩餐を祝っている。ちなみに復活するのは4日の日曜日。更に今日はブルー・ムーン。月に2度目の満月の日。

昼に学校の庭でモボット・コンテストがありました。私の通っている学校はロボ・コンでは結構強く、この前のパリの世界大会で優勝したらしい。天気が良すぎて、歩道に書かれた白線をセンサでトレース出来ないらしく、ダンボールで覆いを急ごしらえしてたりしたのですが、私が見ていた限り完走はゼロ。

3月28日
そろそろ3月も終わりに近づき、春めいてきた感じ。先週一週間は学生は春休みでキャンパスも閑散としていたのだが、この冬、私の通っている大学ではマイケル_グラス主演の映画が撮影されていて、学生の居ぬ間に撮影を進めていたようだ。

今度の日曜日は復活祭イースター。そうそうジュディー・ガーランドとフレッド・アステアのイースター・パレードという映画があって、特にストーリーとかが良い訳ではないのだが、豪華に作られていて、私の好みだ。

3月24日
日中は良い天気で、窓を開けて車を運転すると気持ちが良い。
最近は古本屋へ行くことが多い。先日古本屋へ行くといきなり「ジャズxース教えます云々。」という張り紙を発見し、日頃何かお稽古事をしたいと思っていたところなので習い始めることに。
今日先生宅(一軒家)へ出向くと玄関に「Matsへ。そのまま入って2階へ」と張り紙が。ピッツバーグでは自転車のみならず、自動車にも(車のキーとは別に)鍵をかけるのに玄関に鍵をかけない人がいるとは。部屋に入ると楽器だらけ。久しぶりにベースを弾くとピッチが悪くて気持ちが悪いし、筋肉が落ちているので弾き続けられない。今度は来週の月曜日

3月21日
昨日は春の初日。こちらでは東部標準時夜八時四十何分に太陽が垂直に赤道を照らすというふうに表現する。(どうでも良いか。)今日はアカデミー賞の授賞式ということもあって、候補作の「人生は美しい」というイタリア映画を観に行く。観に行くといっても同じブロックに映画館があるので5分も係らない。アカデミー賞の日曜の昼間ということもあってか客席は満員。(キャパは100もないけど)。若い人は少なく年齢層高し。日本人がユダヤ人の町でイタリア作のホロコースト映画を観るのは複雑な気持ち。幸い映画は前向きなもので、場内からは笑いもちらほら、最後はお涙頂戴と完璧な映画。

授賞式の方は、日本の芸能人隠し芸大会に近いノリ。いきなり司会のウーピー・ゴールドバーグ(黒人)が「恋に落ちたシェークスピア」の中のエリザベス女王のいでたちで登場する。当然白塗り。ちなみにエリザベス女王役の人は助演女優賞を取った。

昼間観た「人生・・・」は外国フィルム賞を。

3月16日
今日スーパーへ行ったら緑色のカーネーションを売っていました。そうそう明日は聖パトリックの日(特に根拠は無いらしい)。ニューヨークでは毎年大行進が行われ、町にはクローバーのデコレーションが。何故アイルランド系のお祭りがここまでポピュラーになったのか理解に苦しむ。

3月14日
ボストン、ニューヨーク旅行から帰ってきました。旅行へ行ってもショッピングとかグルメとかに興味が無いので、美術館等を回ってきました。もう当分絵は観たくないという感じがします。
3月7日 前日大雪、気温も低いので出発を一時間遅らせ、南ルートで一路ボストンを目指す。風が強い。10時間走って、ボストンまで160kmのコネティカット州ハートフォードで一泊。トム・ソーヤーのマーク・トェイン、アンクル・トムのストウ夫人の家がある所。
3月8日 低気圧が通りすぎた後はカナダから寒気が入り込んでメチャ寒い。ボストン美術館見学後、ハーバード大学近辺の本屋、ハーバード大学の美術館へ。アメリカの美術館では大概写真撮影可なので、ピカソゴーギャンとかと記念撮影が出来ます。
3月9日 ケネディー博物館見学後、グルメぶってシーフード・レストランで昼食を。その後バークレー音楽大学の書店等を散策。ボストンの町並みは落ち着いていてブラブラするにはもってこい。翌日はニューヨーク入りなのでコネティカットのニュー・ブリテンまで戻って泊まる。
3月10日 エール大学のあるニューヘブンを経て、11時頃ニューヨーク・シティーへ。42nd St.の宿へ車を止めてまずはタイムズ・スクエアで昼食、その後、観光案内所、リンカーン・センターへ。リンカーン・センターにあるジュリアード音楽院の本屋を覗き、グッゲンハイム美術館を観た後、テイクアウトの寿司をホテルで。夜は$25の席でメトロポリタン・オペラのヴェルディのトロヴァトーレを観る。
3月11日 近代美術館、57th St.界隈を散策(ティファニーとかあるところ。)大中央駅の側にあるアサヒや書店へ。日本の本屋とまったく同じで、週間住宅情報まで売っている。夜は、Fezでチャールス・ミンガス・ビッグバンド。
3月12日 メトロポリタン美術館。夜は友人お勧めのデ・ラ・ガルダ「ビラ・ビラ飼N7月からやっているアルゼンチンからやってきたオフ・ブロードウェイのショウを観る。ショウの内容は凄すぎて後から観る人のことを考えると何も書けない。とりあえず劇場に椅子が無い??
3月13日 チェルシー、ヴィレッジ、中華街、ソーホーを回り、夜はチャーネット・モフェット・トリオ。前にマウント・フジ・ジャズ・フェスで喋ったのを何となく覚えてくれていたみたい。中華街の友人お勧めのレストランは並んでいたので断念。
3月14日 東海岸沿いが大雪との予報なので、セントラル・パーク沿いのジョン・レノンが撃たれたアパートの外観だけ見て一路ピッツバーグへ。嵐は南からやってくるので北ルート。なんだかんだで8時間。ピッツバーグは雪でした。

3月6日
昨日今日と大雪。スーパーでは過越しの祭りpass overの為のクラッカーが所狭しと並んでいる。(一つ一つの包みがデカイ。)過越しとはユダヤ人がエジプトを脱出する際に神がユダヤ人の家の前を通りすぎた云々という祭り。キリストも過越しの祭りの辺りで処刑されたり復活したりするのでキリスト教でも復活祭を祝う。食べ物としてはジェリー・ビーンズとか....

唐突ながら来週はニューヨークへ。16年前に行った時は「地下鉄には危ないから乗っちゃ駄目」とか「何とかアベニューとか何とかストリートは危ないから行っちゃ駄目」とか言われていたものの、最近は割と安全になったらしく地下鉄にも乗ろうと思えば乗れるらしい。なにしろ16年前なんかガーディアン・エンジェルとかもいなかったし

3月1日
最近は2,3日周期でコロコロ天気が変わり、日も長くなってきて冬もお仕舞という感じ。日本の心臓移植の話が普通のニュースのワールド・ニュース・フラッシュで流れる。(画面片隅のNHKのロゴが妙に懐かしかったりして。)ちなみにフジ系列のニュースが毎晩7時半に流れるので、西部の松坂が阪神の大豊にホームランを打たれたことも知っている。

Mats in Pitts 2月分
Mats in Pitts 1月分
Mats in Pitts 12月分
Mats in Pitts 11月分
Mats in Pitts 10月分
Mats in Pitts 9月分
Mats in Pitts 8月分
Mats in Pitts 7月分