・のどの状態
 ・口の中の状態
 ・口の中の変化




のどの状態

楽器を吹くときの、のどの状態はあくびの時と同じようにイメージしています。あるいは口を空けてボーっとしているときの状態を意識しています。
佼成ウィンドのプレーヤーの方とお話しした時に聞いたら、のどを空けようとか、口の中を大きく空けようと思っていないと言っていました。ただ、実際に楽器を演奏する場合はのどは自然に広がっていると考えられます。話しをした佼成ウィンドの方が楽器を吹いている姿を見る限り、かなり首周りが普段より太くなっていますから、のどを空けているように思えます。私も顎が二重顎になりますし、ワイシャツなどで吹いていると首がきつくなります。
ここで注意しなければならないのが、プロプレーヤーの写真や演奏している姿を見て、のどが自然に広がっているのを勘違いして、意識的にのどを広げようとすることです。意識すると必ずのどに力が入って逆効果です。あくまで、のどの状態はリラックスさせることです。
のどの状態が音色に与える影響は大きいと言うプロもいます。のどをリラックスさせれば、音色が豊かになるそうです。

上に戻る↑




口の中の状態

意識的に口の中を広げようなどとは思っていません。が、今これを書いていて口の中をイメージして見ると、上口蓋は歌をうたうときのように広げています。
口を半開きにして、ボーっとした状態で、目の奥を大きく見開いて、深呼吸すると上口蓋が開いているのが意識できると思います。ただし楽器を吹く際、のどの状態と同じで、リラックスを意識した上で、自然に上口蓋が上がるのです。
舌は通常は脱力しています。(舌が脱力しているのを感じるには思いっきり前に出してください。舌がつかれたら力を抜きます。そのときの舌の状態が舌の力が抜けている状態です。)舌に力が入ると、口の奥に引っ込んでしまったり、舌の先が立ってしまったりしているはずです。よくクラブ活動の練習の中で口の中をもっと空けなさいって教わるケースがあります。私の妻もその様です。しかしクラリネットの場合リードが振動することで発声します。つまり、口の中は空気の通り道でしかないのです(音色に影響しますが・・・)。
口の中を無理に大きく空けようとしてみてください。のどに力が入りつまってしまい、舌には力が入っておくに引っ込みます。逆効果です。
妻は口の中を大きく空けるように言われたことで、いまでも舌は口の奥に引っ込んで立っているようです。タンギングもやりにくいそうです。

上に戻る↑




口の中の変化

楽器を吹いているときの私の口の中と舌の状態は深い「オ」の発音の状態(吹きにくくならない程度に大きく口の中をあけ、のど・舌をリラックスさせます。)です。クラリネットの響きのムラは口の中の形によって補っていかなければなりません。このことは音色にとって非常に重要です。これをもとに若干音色をかえるとき「ア」にしたり「エ」にしたりします。
気をつけなければならないことがあります。楽譜には「ド」「レ」「ミ」・・・がありますが、それぞれの母音は「ア」だったり、「イ」だったりしているわけで、楽器を吹いているときにドレミをイメージすると、例えばその音が「レ」だとすると、自然に口の中が「エ」の形になってしまうのです。
楽器を吹いていてどうしても吹きづらい音は案外、無意識に口の中が狭い母音の状態になっているのかもしれません。

口の中は音域によっても広がったり、狭まったりと動いています。オクターブの跳躍や、同じ指使いでレジスターを離す12度の跳躍などでは口の中を上手に動かさないと倍音が鳴ってしまいます。
各音域での舌の状態の説明はナイディッヒのエチュードに書いてあります。それによると域が高くなるにつれ、舌の付け根が高くなっていくと記されています。

とあるプロに質問した時は、各音域での口の中の状態はその音域を歌っているときと同じだと言っていました。シャリモーの音域を声に出すと口の中は広がりますし、クラリオンの高い方では口はシャリモーの音域よりも狭くなります。

クラリネットの音程は音域によってまちまちです。その音程調整をするのも口の中の形で行ないます。基本の”オ”の発音を深くしたり、浅くしたり、”オエ”に替えたりすると、音程が変化するのが分かると思います。
口(アンブッシュア、あるいは唇といったほうがいいかな。)を締めたり緩めたりしたら音色がその都度ころころ変わってしまいます。音程を調整するのは口を締めたり緩めたりではありません(若干の口の締め具合の調節はありますが・・・)。

上に戻る↑