・左手親指のトレーニング
 ・左手人差し指のトレーニング
 ・ゆったりとした楽章の練習ポイント
 ・ひとつひとつの音の中でクレッシェンドディミニュエンドをする練習




左手親指のトレーニング

左手親指は意外と重要です。スロートのシ♭の時、しっかりと親指がファのトーンホールから離れていないと音程に響きます。シ♭の時の親指は、指先でレジスターキーを押さえて第1関節をしっかり曲げた状態です。
自分なりに左手親指のトレーニングを考えました。
   
左手親指をひたすらトリルして鍛えます。シ♭・ファのトリルは親指の第1関節を動かす練習です。

 
レジスターキーとファのリングキーが同時に動かなければいけません。左手親指を思いっきり叩く感じで動かしますが、指の勢いで息がスピードアップしすぎては音が飛び出してしまいます。

シ♭のとき押しているレジスターキーを動かさないことが重要です。練習のときは高いドを出す必要はなく、シ♭の音を出しながら親指をファのトーンホールに持っていく(親指の第1関節を動かす)練習をたくさんやります。

上に戻る↑




左手人差し指のトレーニング

左手の人差し指はレジスターキーと同様の機能を持っています。そのトレーニングです。

左手中指をポイントに、左手人差し指と左手薬指のチェンジの練習です。さらに右手小指が加わりますから結構難しいです。


左手と右手の複数の指のチェンジの練習です。

上に戻る↑




ゆったりとした楽章の練習ポイント

フレーズの最後の音を丁寧に吹こうとするあまり、音量が大きくなる癖がある。ひとつ前の音より小さく吹くこと

長い音符がクレッシェンドしないように・・・

音色を統一させる→鳴りにくい音を見つける。→鳴りにくかった音を普通に吹いてみて、その音に合った吹奏感・アンブッシュア等を確認する。→ひとつ前の音から吹いてみて、音が鳴りにくかった原因を探る。→指が原因の場合は妨げになっている指を見つけてトレーニングする。アンブッシュアが前の音と異なる場合はアンブッシュアがスムーズに変化出来るようにトレーニングする。

音量を統一する。

音の立ち上がりが遅れている箇所を見つけ、なぜ音の立ち上がりが遅れているのか原因を探る。指がスムーズに動いていない、あるいは音色を気にするあまり息が楽器に入っていっていないなどの原因が考えられる。ピッチコントロールを使って再生速度を遅くしてみると原因がわかりやすい。

上に戻る↑




ひとつひとつの音の中でクレッシェンドディミニュエンドをする練習

日々の練習の中で、演奏の基本は、音色・音量を常に一定に保つことを心がけている。ただし、それだけでは一本調子のつまらない演奏になってしまうので、細かい音符の中でも音色・音量が変化できるようなトレーニングを考えてみた。

ひとつひとつの音の中でクレッシェンド・ディミニュエンドを行う練習。クレッシェンドは短く一瞬に行うこと。
ただし、音楽のニュアンスによってはクレッシェンドが少し長くなる場合もある。
最初のうちはテンポなしで練習し、慣れてきたら、スケールなどを使って、ある程度の速さでもひとつひとつの音の中にクレッシェンド・ディミニュエンドを入れられるようにする。
クレッシェンドが大袈裟になりすぎたりすると、後押しになってしまうので、注意が必要。
すべての音を同じにクレッシェンド・ディミニュエンドしてしまうとそれはそれで一本調子であるので、常に音楽のニュアンスに合った吹き方を探すようにする。

上に戻る↑