・指の動き




指の動き

一般的に指を高く上げすぎないように言われていますが、私は、練習の際はあえて指を高く上げます。
トーンホールからある程度指が離れていないと音程が悪くなる可能性があります。
音の立ち上がりをはっきりさせるために、意識的に指を力強く高く上げます。気をつけなければいけないのは、力が入るのは動かすその一瞬だけです。動き終わったらすぐに脱力しています。
トーンホールを塞ぐときは高い位置から指を思いっきり振り下ろします。この時もトーンホールを塞いだらすぐに力を抜くようにします。
指をトーンホールから離さないほうが、運動の距離が短くて速いパッセージが吹きやすいと思いますが、私は指先に神経を行き渡らせて、しっかり大きく動かした方が速く正確に動かせます。
指は付け根を意識して動かしますが、私はトーンホールから指を離すときは指全体を意識して振り上げますし、下ろすときは指全体を意識して振り下ろしています。
練習で指をしっかりと力強く動かしていると、本番で頭がしろくなっても、結構指が勝手に動いてくれるものです。
勘違いしないでほしいのが、指をしっかり動かすことと力を入れるのは違います。クラリネットを握り締めるように力が入っては逆に指が動かなくなります。指を動かす一瞬に力が発揮され、それ以外の時はいかに指をリラックスさせるかが重要です。クラリネットで難しいのは力を入れる部分と力を抜くところが混在している点です。ある筋肉は力を入れて息をコントロールしなければならず、腕は楽器を支えるために力が入りますし、アンブッシュアは息がもれないように力を入れます。普通どこかに力を入れると連動して他の部位にも力が入ります。それを楽器を吹くときは独立させ、ある部位には力を入れ、ある部位はリラックスさせなければなりません。
指のリラックスには右手親指が非常に重要です。楽器を構えたときに、右手親指以外を楽器から離してください。このときに楽器がくるっと回転してしまったり、アンブッシュアが崩れたりする人はまず、親指に負担がかかってしまっています。

上に戻る↑