ギターのコード

音を上げたいとき、カポタストをつける方法と、

コードを変える方法があります。

たとえば カポ2 というのの変わりにコードチェンジするなら

A B♭ B C C♯ D D♯ E F F♯ G G♯
B C C♯ D D♯ E F F♯ G G♯ A B♭

これはちょうど、上の表を右に2個ずらしたことと同じです。

つまり、カポ3なら上の表を右に3個ずらす。

 

コードをずらすと、押さえる指が難しくなることもあれば簡単になることもあります。

それはそのときそのときで考えよう…

また、カポは1234くらいまではいいけど、カポ5、6、・・・ともなると、

ギターの音が汚くなったりするので、そのときはコードチェンジ+カポ

というのがいいのではないでしょうか。

 

またカポでは、音を高くすることはできても低くすることはできません。

音を低くしたいなら、コードをチェンジするといいでしょう。

そのときは、上の表を、左にずらせばいいのです。