またもや日記データ紛失のため、再度思いつき日記を書きます。でも、日記って続いたことないしなぁ・・・ちょいと不安ではあります。

必要とされること
しばらくはこっちの更新をさぼっていましたね・・・バングラから帰国してもう1ヶ月以上たってしまいました。
向こうに行く前から、ちょっと個人的にいろいろあって心の片隅にあって、時間ができるたびに将来のこととか
考えてしまう。まぁ昨年の今頃は「ルンルン」まで浮かれていなかったにしても、割と楽しい事も沢山あったし、
自分なりにバラ色の未来みたいなのもかんがえたりもしてた(馬鹿だねーー)んですが、今になって思うと
本当にそうしたかったのかなぁって考えてしまう。実は「寂しい」だけであって、寂しいから誰かといたかった
んじゃないのかな・・・でも、そういう気持ちの時に出会う人(というかくっつく人)は大抵相手も「寂しい」
気持ちを持った人だったりするんだね・・・だからこっちの気持ちが浮上して、外へ外へって気分になった時に
束縛がきつくて苦しくなってしまう・・・そういう意味で上手く付き合っていける人ってなかなか居ないもの
なのかもしれない。でも、最近は「必要とされる」ことがとても嬉しく感じるし、まぁできることならしてあ
げたいなぁって気持ちにもなる。これが騙される第一歩かもしれないけどね。でも、人を信じて騙される方が
最初っから疑ってかかるよりはいいんで、それもまた勉強だって思うしかないのかな。

これからどうなるのか、ほんとにここ数年(とくにこの1年)まったく予想がつかなくなってきた。こう言ってる
矢先にもいい人が現れるかもしれないし、腹のそこで考えてる「計画」を実行に移すかもしれない。
一人で生きてくって頑なに思っている訳ではないし、私を必要だと思ってくれる人で私もその人が必要だって
思えたら、すぐにでも一緒になるのかもしれないけど・・・どうなるんでしょうね。



2002年10月10日 14時36分32秒

ついに解禁!
おおっぴらなWEB上では、公表してなかったのですが、色々調整がついたので公表しちゃいます!

実は8月に海外派遣でバングラディシュに行く事になりました!

今まで親しい友人などにはお話していたんですが・・・両親の入院とか、選考のもんだいもあったので、

正式に決まってからの発表になりました。両親にも反対されるかなってドキドキしながら言いましたが、

思ったよりすんなりOKもらえました。入院もその時期には重ならないようだし、いざとなれば着替えを

前日までに沢山用意しておけばいいし・・・わがままな娘のお願いを快く了承してくれた両親には感謝!

何をしに行くかっていうと伐採で水害などの深刻な被害を受けている海岸地方にマングローブの植林に

行くのです。もちろん「植えっぱなし」ではありません。現地で活動しているNGOの団体の方達が

地元の小学生達に管理育成方法を伝授し、地域で守っていってもらおうっていう趣旨なんです。ここも

また気に入りました。私は自分の労組の関係で紹介してもらい派遣が決まったんですが、今まで私のやって

きたボランティアとはまたジャンルの違うところで感じたいろんな事をここのページや自分の媒体を使って

報告したりしていければって思っています。



2002年06月20日 13時01分01秒

近況
ほぼ1ヶ月日記になっている状態ですね。(^^;)

と、いうことで5月より父が入院し、本格的に検査などをして治療することになりました。

それでわかってきたこともいろいろあるんですが、この1週間で私の中にあった価値観や考えはごそっと

変わる事になりましたね。それがいいんだか悪いんだかは「結果」が出ないとわからないのですが・・・

今までなら、何かあっても「自分で何とかしなくては」って気持ちで物事に臨んでいけたのに、彼が

出来てからは、どうしても愚痴や甘えを彼にぶつけるようになってしまった。それでも良かったのかも

しれないけど、ま、色々他にもあって別れることにしたんです。

そこで、自分がいかにこの1年、彼に依存してたんだな(精神的に)って改めて実感してしまったり・・・

それでも最後まで文句一つ言わずに話を聞いてくれて、感謝してます。そして最後に彼が勇気出して言って

くれたおかげで私も新しい一歩を踏み出せそうです。でもそれは「次の恋愛」とかではなくって、たぶん今は

家族との関係にもう一度真剣に向き合う事なのかなって思ったり・・・

癌っていう病気は、TVとかで見てるけど身近な病気ではなかった気がする。でも、父がそうなることで

少しは自分なりに色んな方法を使って調べたりするようになって、出来るだけ正しい知識で前向きに取り

組んでいきたいって思ってる。これからの将来の選択肢はいくつもあるんだけど、それでも自分は

「強くなりたい」って真剣に思う。少々のことでは動じなく、常に前向きで笑っていられる人になりたい。


2002年05月17日 09時00分38秒
2002年05月17日 09時00分38秒

黄信号・・・
とうとう、来る日がきてしまったのかなって感じ・・・今まで両親が何事もなく(あるにはあったけど)
元気で毎日過ごしていてくれたっていう事にあぐらをかいていたんだなぁ・・・って実感しました。
まぁ半年くらいして、また元のように元気になってくれるとは信じていますが・・・歳も歳だし、これ
ばっかりは予測不可能ですね。だって本人しか医師の話を聞いていないから・・・どこまで本当の事を
言ってるんだか・・・
ま、信じるしかないですよね・・・
とりあえずはこんな感じで今までのような音楽活動ができるかどうかは全く白紙に近くなって
しまいま
した・・・ま、会社に楽器置いてるし、いざとなれば
会社の休み時間なんかに楽器を弾く事は可能なんだけどね・・・今はそういう気持ちになれないだけ。
もう少し気持ちが落着いて、もう少し先のことを冷静に考えて見れるようになったら、ぼちぼち出来る
ところから再開していこうと思っています。私が所属してる色んな団体の方にはご迷惑おかけしますが、
いつか絶対戻りますんで・・・

2002年04月15日 08時31分27秒
2002年04月15日 08時31分27秒

この冬は・・・
両親の結婚35周年記念だってことなんで、私が昨年「勤続10年」で取得した旅行券を使って夫婦水入らずの旅行を


プレゼントすることにしました。有馬温泉の老舗の旅館で姉夫婦のお勧めの旅館なんですが、オンシーズンの有馬温泉は高いんですね。


二人で1泊2日なのに10万円近くかかるんですね・・・高級すぎる旅館なのかもしれないけど、せっかくだしいいとこ


に泊まって欲しいしね。こんな形でしか親孝行できないし、ま、父が病気になってからはほとんど家族旅行にも行かなく


なってしまったんで、(というか私たちが大きくなったから?)たまには旅行も気分が変わってよいのではないかな。

2002年01月09日 08時57分10秒

コレリ大尉のマンドリン
昨日、試写会に行ってきました。十年以上マンドリン業界にいるので、やはり身近な楽器がメジャーな映画に出ると

いうのには興味があったし(何といってもタイトルに使われているし)、それがイギリスでは知らない人は居ないと

いうほどのベストセラーの映画化だということにも興味がありました。主演はニコラスケイジだし、そんなに話題性

もないかなぁという気がしてたので、試写会も空いているだろうって思っていたのですが・・・・フタを開けて

みればなかなかの盛況ぶりでした。そして試写会のゲストにプロのマンドリン奏者が映画のテーマを演奏して雰囲気

を盛り上げていました。映画本編の感想といえば、まずは画面が綺麗!ギリシャの島が舞台なんですか、海の青と

空の青が凄く綺麗で・・・でも島の人の生活はなんとなくセピア色っぽくて、地味で質素な生活です。

ニコラスケイジ扮する実戦経験のないイタリア人将校が占領先のギリシャ人女性と恋に落ちるっていう話なんです

が、イタリア人はどこでどんな状況下に置かれても生活を楽しんでいたことに、地元の人間も少しずつではあるが

気持ちを許していき、友情に近いものが芽生えるようになってくる場面や、戦況の悪化で同盟国であるドイツに

裏切られ、占領国であるはずのギリシャ(というかこの島)を守ろうとするイタリア人達・・・

これ以上言ってしまうとネタバレになってしまうのですが、印象に残っているのはヒロインの父親の台詞です。

細かい言い回しは忘れましたが、一時の激しい感情が「恋」で、それを過ぎてもなおあいてのことを全て受け

入れることが出来る感情を「愛」というのだっていうような内容だったと思います。映画を観ながらにして

凄く考えさせられました。恋は誰でもすることが出来るけど、愛は覚悟が無いと出来ないということを娘に

言って聞かせ、「それでも彼を愛することができるのか」と娘に聞きます。そういう会話を父と娘で出来るの

は凄いことだなぁとも思いますが・・・

とにもかくにも、映画が無事に終わり、プレスシート欲しさにまたもや前売り券を買ってしまいました。(笑)


2001年09月11日 16時42分43秒
2001年09月11日 16時42分43秒

ステージでの恥ずかしいこと
昨日、半年振りにちゃんとした舞台で演奏しました。ここ8年ほどは3月浪マン・9月産音なんで半年毎に大きな

演奏会がある感じです。しかし・・・、今までの演奏会の中で最大の『恥ずかしいこと』を昨日やらかしてしまい

ました。それも・・・演奏中ではなく、演奏後の話なんですけど・・・

昨日は演奏の後で審査員の講評を舞台上で聞いて解散ってことになるのですが、演奏中にエンドピンのゴムを外して

演奏していたので、講評を聞くときも同じ状態で3分ほど立っていたんです。そして講評が終わり、ようやく退場

ってとこで『楽器が抜けない』・・・正確には『エンドピンの先が舞台の板の隙間にびっちりはまってしまい、

外れなくなってしまった』のです。でも私が先頭で退場しないといけないので、焦って思いっきり両手で楽器を

引き抜きました・・・そしたら、エンドピンごと抜け落ちてしまったんです。近くに居た人はおかしかったで

しょうね・・・・横に居た人が機転をきかせて拾ってきてくれましたが、あんな経験はほんとに初めてです。


2001年09月10日 08時40分39秒
2001年09月10日 08時40分39秒

ブリジットジョーンズの日記
金曜日の晩にお友達からお誘いを受けて観に行ってきました。これは予告の段階から結構興味があった映画だったんで

すごく楽しみだったんです。主人公の設定が独身・OL(キャリア系でない)・ちょっと太めでもって・・・30女!

まぁ映画のブリジットは太めだけど、チャーミングな女性がやってたんだけど、見た目とかよりもまずキャラがいい!

お酒も大好きで羽目も外すし、仕事場では結構考える前に発言して大失敗してしまったり、お料理下手だし・・・

でも家族のことは大好きで、失敗ばかりだけど可愛くって前向きで。ああいう女性はいいなぁって思いますね。

振られたからって『一生独身主義』とか急に変わったり、彼氏が出来たら精一杯綺麗になろうとかいい下着を

つけなきゃとか・・・女の子ってバカだけどほんと可愛い生き物なんですよね。正反対の二人の男性の間で

揺れる気持ちもわかんないでもないし・・・要は「愛したい」か「愛されたい」かなのかなぁとかね。

かくいう私もほぼ同年代。親には『結婚はまだか』とか親戚には『彼氏は居るの?』とか言われ・・・

ほんとブリジットの気持ちはわかるし、でもあそこまでまっすぐに自分の思ったとおりに動けなかったりする

のも『現実』なんですよね。思い悩んだままでいたずらに時間だけが経過してしまって、チャンスを見逃したりね。

ちょっと個人的にはいろいろ考えなきゃいけないこともあったりはするんだけど、今のタイミングでああいう

映画を観たらなんだか勇気が湧いてくるっていうか、元気を分けてもらえたようで観終ったあとに爽快感が残り

ましたね。ほんとバカで笑えちゃうんだけど、泣いている子もいたしね・・・やっぱ同じ女性としてはそれぞれ

いろいろ感じるものがあったんでしょうね。なかなか楽しい映画でした。


2001年09月08日 12時59分06秒
2001年09月08日 12時59分06秒

もうじき秋だなぁ
もうじき秋です。最近すっかり朝晩冷房が要らなくなってきました。おかげでよく眠れるようになってきました。

前回(うわ1ヶ月以上前だ)の日記ではこの夏最大のショックな出来事を書いたんだけど、最近では少しずつ

彼女が居た空間に目をやることも減ってきました。それでも卵焼きを作ったりすると「あぁマルの分残してやら

なきゃな」って自然に除けてたりします。あとはマルが好きだったものを頂いたりしたときとかね・・・


でも、少しずつ両親も元気になってきたし、そのうちいい思い出話として話せるようになったらいいなって

思っています。私自身は8月もいろいろあって忙しくって外に居るときはへこんでいる場合ではないくらい

だったんですけどね。早速9月からは浪マンも活動再開だし、Sフィルも譜面を頂いているのでしっかり

練習しないといけないし、以前少し参加していた福祉オケの団長さんから先日久しぶりにお電話を頂いて、

私の参加しやすい形で復帰してくれないかとの依頼をいただきました。私程度の技術の人間にはもったい

無い話なんですが、なかなか自由に動けるバス弾きが少ない現状で、一度は乗りかかった船だし、また

お役に立てるのであればお手伝いしてみようかなと思いました。復帰第1弾は「聴力障害者に
音楽を」って

いう趣旨のイベントだそうです。楽器の振動を伝えて音楽を感じてもらうようです。私の楽器なんかは特に

振動するんでもってこいですよね。とりあえず参加するからには肩肘張らずにこっちも楽しませてもらう

っていうスタンスで臨みたいなと思っています。


2001年08月29日 13時11分31秒
2001年08月29日 13時11分31秒

悲しい出来事
昨日の15時頃に私と11年間連れ添ってきた愛犬(っていうよりも妹)が亡くなってしまいました。

私が精神的に辛かった時期やしんどいときにはいつも無邪気に寄ってきて、甘えてくれる可愛い存在

でもあり、彼女を膝にのせて抱っこしているだけで癒されるような存在でもありました。邪気がない

から、純粋にわたしのことを慕ってくれているんだなぁって思えるし、帰宅が遅くなっても必ず帰る

と起きてきて「頭をなでろ!」ってせがんだり・・・何もいわなくても隣にちょこんと座っていた

り、寝て居たらいつの間にか隣にべったりくっついて寝ていたり・・・何度びっくりして目が覚めたか。

そんな彼女も今年の暑さには勝てなかったようだった。週末から食欲も減っていたし、ひょっとして

とは思っていたけど、こんなに早く別れが来るとは思っても見なかった・・・いくつになってもこう

いう別れにだけは慣れないでいる。昨日も散々泣きはらして、一睡もできなかったし・・・

彼女はうちの子でいたことを幸せに感じてくれていたんだろうか、死ぬ前一瞬あちこちを見回して

いたそうだけど、私のことを探していたんだろうか・・・少しの間と思って出かけてしまったけど、

まさか「今日」って思ってもみなかったんで、いつもなら「行って来ます」って頭をなでてやるのに、

寝ていたので起こしては可哀想と、そのままにして出かけてしまって・・・本当に後悔しています。

あのときに抱きしめてあげればよかったな。もっと頭をなでてやったり、体をなでてやったりすれば

よかったな・・・もっと早く病院に連れていって上げれれば・・・・・

考えるとキリがないんで、これからはできるだけ普通に過ごして、時折彼女のことを思い出して話を

してあげようと思ってる。


2001年07月23日 10時07分58秒
2001年07月23日 10時07分58秒

サンプル整理・・・
今月はやや業務的に余裕があるんで(俗に言う端境期)普段のお仕事の伝票処理なんかもスイスイはかどり、しかも電力供給の関係で工場は

平日にお休みだったりするんです。(メーカーの人間ならわかってくれるかなぁ)ってことで週の半ばにぽっかりと暇な時間ができたりして

毎年この時期に一念発起で『大掃除』をやりだすんだけど、今年は少し早い目に本日より取り掛かることにしました。

っていうのも私は端っこの席(しかも斜め前方に部長席)なんで机の横にダンボール箱を置いて、そこに上がりサンプルを山積みにしていた

んですけど、最近は机よりも堆く積みあがっていき、まじでヤバイなぁっていう状況。今地震が来たら一発で崩れるでしょう状態。

もちろん別のフロアにサンプルの置き場所があるんだけど、公的機関で物性データを取ったり、客先に船積み手続き用のサンプルを渡した

りっていうのがあって、手元に置いている方が便利だったりするんですよね。結構横着モノだったりするんで、大体のものを自分の手の届く

場所にレイアウトしています。でも、今度の部長は結構綺麗好きらしく、そろそろ何か言われるかもっていう動物的勘が働き、片付け始めた

のは良いんだけど・・・痒いのです。とても・・・サンプルは生地なので細かい糸くずやなんかで手足が痒くなってくるんです。

しかも息をすると鼻に入ってくるし・・・(笑)これでもこういう仕事10年以上やってるんでまだマシですけどね。慣れました。

今、ちょっと休憩中なんですけど、当初1mほどあった山が今は半分に減りました。しかし、これを整理してきちんとサンプル置き場に持って

行かなくてはいけないのです(泣)ほんといつも思うんだけど、まめにコツコツ行かなきゃいけないなぁ・・・

でも、今日はもうこの仕事だけで終わらせるつもり!定時にはさっさと帰宅しようモードです。


2001年07月17日 16時24分22秒
2001年07月17日 16時24分22秒

なんとびっくり!
今日、久しぶりに日記を書き込もうと今までのページを振り返って読んでいてびっくりした。

なんとまぁ2月下旬の合宿後の日記で合宿のときに同期と「理想の恋愛」についての話をしたって

いう内容だったんだけど・・・あれから約半年・・・ほんっとにいろいろあったなぁ(笑)

今がどうっていうことではなくって、自分を素直に見せられる人にもめぐり合えましたし。

この先どうなるかなんて全然わからないけど、今が楽しければいいかなって

もちろん、そういういい加減な気持ちでいるわけではないんだけど、こればっかりは気負って

いても仕方ないし、自分の思い通りに進むっていうものでもないしね。

こういう風に考えられるようになったのも、その人との関係のおかげなのかもしれない。

今までは必死で「せっかく掴まえたんだし、逃がすものか」的なちょっと怖いなぁってくらい

だったんだけど、今は別にどぉにかなるさっていう肩の力が抜けた状態。こんなもんかなぁ。

しかし、今の自分がこんなことになってるとは半年前の自分には想像も出来なかっただろうな。

また半年後どうなっているかも、今の私には想像つきませんもの・・・だからこそ人生って楽しい

のかもしれませんね。


2001年07月16日 16時06分34秒
2001年07月16日 16時06分34秒

夏本番・・・・
になるのかなぁ。今日は雨降りなんだけど。しかし、毎日蒸し風呂のような暑さで少々参り気味。
さすがに歳をとったのかなぁって思ってしまう。汗をかくと一気に体力を消耗してしまう気が
するから。かといって冷房の中にずっと居ると体がだるくて仕方が無いし・・・せめて週末だけでも
汗をかいてもいいから冷房なしの生活をしないといけ
ないとも思うし・・・夏場はいいけど、冬になってか
一気に体調を崩しそうで・・・


2001年07月06日 18時17分47秒
2001年07月06日 18時17分47秒

レッスン再開
手帳によると4/7が最後のレッスン日だったよう。GWのコンサートがあるんでレッスンに

行けず、しかも平日は仕事が結構詰まってきていたんで前もっての予定を立てづらく、そのま

まになってしまっていた状態でした。最近このまま自然消滅だけは避けなくては・・・と、

師匠に連絡するタイミングをうかがっていたんですが、電話を使用って思ったときは大概夜中

になってるんで(23時頃)さすがにかけづらく、のびのびになっていました。

5月のゲーリー様のコンサートの時にでもお会いできるかと思ってたんですが、結局会うことが

出来ずに、そのままになってたんですよね。昨日久しぶりに電話でお話して再開の意思を伝え

て、日程を決めていただきました。いきなり来週末なんで今日からしっかり練習して持って

いく曲を思い出さないと・・・でも、最近音楽から離れ気味だったんで妙にわくわくします。

やっぱり自分でも音楽好きなんやなぁって再度実感してしまいました。

2001年06月08日 11時37分27秒
2001年06月08日 11時37分27秒

久しぶりの映画
昨日、久しぶりに映画を見に行った。まぁ凄く見たい!って思っていたのがあったわけではなく、

友達とお茶してて「これからどうしよっか」って言ってて映画でもって流れになったんですよね・・・

そんでうちから歩いて15分の映画館(シネマコンプレックス)に行って、数本上映中の映画から

チラシだけを頼りにセレクト。もともと見るつもりが無かったんで前知識も何も無い。上映時間はほぼ一緒

だったんだけど、スターリングラードとトラフィックと15ミニッツ、ハンニバル、あとはラブロマンス系。

一緒に行った友人も「ハンニバルは羊達の沈黙を見てからでないと」って言ってたし、ラブロマンスを見る間柄

の二人ではない(笑)ので、結局「ロバート・デニーロ」ってことで15ミニッツに決定!最初はどんなんかなぁって

思ってたけど見だしたら話に引き込まれる。アメリカ特有の結構暴力シーンもあったりして、正直見ていられない

シーンもあったんだけど(そういうときに思いっきり手で目を隠してたんで一緒に見ていた友人は「この子はこういう

映画駄目やったんかな」って心配してたらしい)まぁまぁストーリーはアメリカっぽくて面白かった!しかし緊張感が

あったんでどっと疲れたのも確かですけどね。


2001年05月21日 09時12分30秒
2001年05月21日 09時12分30秒

今年も花粉症(泣)
やっぱり来てしまいました>花粉症。

辛いですよね、ちょっと私の周りで風邪引きさんが多かったりしたので私も風邪かなって思って

いたんですけど・・・どうやら目が痒い、くしゃみが止まらない等の症状から見ても花粉症だ。

私はマツ科の花粉症なんでいつもはGW明けになることが多いんですが・・・今年は早い!

もう駄目だぁ!今年も梅雨になるまではブルー一直線だわ。



2001年04月19日 16時19分01秒
2001年04月19日 16時19分01秒

あと1年・・・
昨日、浪マンの幹部による反省会がありました。そして、以前から考えていた「引退」について、具体的に発言しようと思っていたんですが・・・

なかなかその場ではいいにくい雰囲気があるもんですねぇ(笑)自分も結成してほぼ10年近くの歳月をこの団体と共にしてきて中枢部に位置付けして

からでも述べ6年以上、自分でも良く頑張ったと思ってたし、そろそろ休ませてあげたいなっていう気持ちもあったことは確か。

好きな音楽をやる為の「手段」のほうに縛られてしまっていて「目的」や「音楽をやる愉しみ」を見失いつつあった自分が嫌で、とにかく

自由になりたい、自由になって自分が本当にやりたい音楽を突き詰めたいっていう気持ちは日増しに高まっている。確かに仲間とやる音楽は楽しい。

一人では作り出せない色んなことがそこにはあるし、勉強になることもあるし、一体感や達成感を共有できる仲間がいることはすばらしいことだと思う。

アマチュアで音楽をやっている以上はそういう部分を味わいたくて、あえて休日を潰して練習に参加したり、お小遣いを削ってノルマを捻出

したりしているんだと思う。個人が楽しむ範囲では、自由にかけもちしたっていいし、「演奏面」でそこの団体に迷惑さえかからなければ拘束される

筋合いはないっていうのが私の考え方だし。でも、仕事を持って、月曜からの仕事に支障のない活動をって考えると(そこはサラリーマンの常識でも

あるし)、どうしても時間も活動内容も制限されてくる。それに私にも「家庭」がある。実家で両親と暮らしているからとはいえ、

共同生活をしている以上は自分の都合ばかりを押し通すわけにもいかない。ここ数年、親は口にこそ出さなかったが、「いつになったら

落ち着いてくれるんだろう」って考えていたようだ。昨日、出かけ際に「今日で運営辞めさせて貰ってくる」って言い残して出かけたので、

親は帰ってきた私に「辞めさせてもらえたのか?」「しばらくは家に居るのか」って聞いてきた。やっぱり家族の協力やある程度の賛同がない

と成り立たないなぁと感じた。精神的にしんどそうなのも口には出さなくとも、一緒にくらしていてうすうす感じもしていただろうし

「言っても聞かない」ことはもっとよくわかっているわけで・・・(苦笑)大切な友達がいるからってことで、浪マンの関しては他の活動に

比べて親も好意的に見てくれていたので甘えていた部分もある。でも両親も歳をとり、両親共に「病気持ち」な今となっては、ある日突然、

以前のように「全面活動停止」状態に陥る可能性がないとも言えない、だからこそ今は好きなこともさせてもらっているし、いづれは

そういう覚悟があるからこそ1つ1つに真剣に身を削る思いで取り組んできた。話は脱線してしまったけど、浪マンの運営の方に

関しても「そういう心の底にあった罪悪感」みたいなものもあり、自分的にはこれ以上できることはないっていうとこまでやってきた気持ちも

あり、この前の演奏会後はまったく真っ白な状態になっていた。でも、後任者はなかなか出てこない(社会人団体だし当然ではある)

だろうし、引継ぎも練習以外の時間を割くことになるので容易には行かないことも想像できていたけど、実際話し合いの場で

「とりあえず時間がない」という理由で引き受けることにした。任期は1年。 誰にどう批判されようがこれ以上やるつもりはない。

浪マンの活動全般についてそう考えている。自分の都合を最優先して「ほな辞めるわ、あとよろしく」って去っていけないのには

それなりの思い入れもあったし、残る仲間のことを考えてのことでもあるんで、一概にまた引き受けたことを後悔するつもりもないし、

意志が弱いなぁって自己嫌悪に陥るつもりもないけど、ある意味今年は割り切って楽しもうと思ってる。ほんとに最後っていう覚悟で、

1つ1つ確実に自分の身につけたノウハウを後任に伝えていって、演奏面でも後悔のしないように完結できればいいなって思っている。



2001年04月02日 10時09分35秒
2001年04月02日 10時09分35秒

楽じゃない生き方・・・
いつも思うけど、つくづく自分って「大雑把」な人間なんだなって思う。大概のことはその

大雑把さで切り抜けてきているんだと思うんだけど・・・

最近、また日記をさぼってるし(苦笑)、でも日記が私の生活の全てを書けてるかっていうと

そうでもないし、実際には日記に書ききれない瞬間瞬間の『日常』があったりもする。その中

で泣いたり怒ったり笑ったり・・・。でも相手もあることだし、全部を明かすわけにはいかな

いっていう部分もあるしね。

最近、結構楽しんでいるというか気持ちの中で大きな部分を占められているのは「さるイベント」

に向けての活動・・・。あとやらなきゃいけないっていうのは「浪マンの総会準備」だったり。

でも、早い時期にきちんとした形で決着をつけて、春からの新しいスタートに向けて精神的に

も落ち着きたいなって思ってる。去年は意識して忙しくしすぎた面もあって、精神的にやばく

なる寸前のとこまで自分を追い込むことで、気を紛らわせていた。年齢のこともあるし、家族

のことや・・・ふと立ち止まったら「考えなくてはいけないこと」が一杯あって、でも考えて

いるだけで答えの出せる問題ではないから、仕事に逃げたり、趣味に逃げたり・・・

でも、もうそろそろ数年後の自分っていうものの幾通りかのパターンを考えておく必要もある

のかなぁって思う。その場しのぎの快楽主義な生き方もいいかもしれないけど、堅実に生きる

ことも考えないとね・・・そういう意味で昨年はぶっ飛ばしてかなり遊んだと思うけど、今年は

ある程度『本当にやりたいこと』に照準をしぼっていこう。そのふるいにかける作業をこれから

していくことになりそうだ・・・もう「付き合い悪いーーー」とか言われる歳でもないしね。

大人の付き合い方しなくっちゃね、無理の無い程度の・・・



2001年03月26日 13時39分16秒
2001年03月26日 13時39分16秒

すっかり・・・
外は寒そうだけど、もうすっかり日が長くなってきています。17時過ぎだっていうのに

まだ外は明るくて、夕方って感じ・・・

私の席は7Fで阪神高速に面しているんで車が頻繁に行き交うのが見えるだけなんですけど、

たまに空の明るさや天気を見て、気分が明るくなったり沈んだりすることがある。

今日のように思いがけず外が明るかったら、『ヨシ!頑張って明るい時間に帰ってやる』

って張り切りますしね(^^)

今日はクラブ活動の日なんで居残り決定ですけど、仕事は早く終わらせて、好きな曲を存分に

弾いておこうかと思ってる。さて、あと30分で仕事が終わるかな・・・


2001年03月07日 17時12分53秒
2001年03月07日 17時12分53秒

終わりました
夕べ、演奏会を無事に終えることが出来ました。

自分にとっては「スタッフ」としては、毎度関わっていた浪マンではありましたが、今回は

「代表」っていういつもと違う肩書きを背負ってやらなくてはいけない・・・

今回はじめてのホールで音響や設備はばっちりだったのですが、空調や鍵の件などで会館側と

の食い違いがあり、リハ前からテンション下がりまくりで「どうしよう」って感じでした。

リハ中にもいろいろな問題があるし、演奏だけに100%集中できない状態で、精神的には

ほんとうに疲れました。でもお客さんが入りだしてからは大きな混乱も無く、スムーズに進行

できたので、一安心でした。そして、今年は半ば強引ではあったけど、ステマネとかビデオ係

は完全に私の個人的な繋がりの人にお願いしたので、気を使いすぎなくてすんで本当に良かった

ですし、本番前にいろんな人が声をかけてくださったんでそれが凄く嬉しかったです。

私のやってること(演奏以外)って、基本的には前にでてしゃべることくらいにしか、部員の

みなさんには認識されていなかったかもしれない(普通の代表さんはそうだろうから)けど、

実際の今年の私は「スタッフ8:代表2」って感じの配分だったんで、スタッフ業の部分に

関して『お疲れさん』って声をかけられると本当に嬉しい。楽器弾きとしては楽器を持って

練習場に行くことは「当たり前」のことだし、代表さんは「仕事」ってものはない(正直言って)

何かトラブルが起きたときにどう判断するのかっていうのが代表の仕事なんだと思う。

ってことは何が大変って『スタッフ業務』が一番大変でもあり、しんどくもある。

スタッフ業も何年もさせていただいているのでその辺の人よりはそのての知識もノウハウも

持っているんだけど、やはりやってて「やりがい」を感じられないとたるんできてしまう。

やったことに対してみんながどう反応してくれるか・・・

一言でも何か反応があると「あぁやっててよかったな」って思えるけど、何も反応がないと

不安になったり、腹立たしく思ったりする。(ここがいけないところなんだけど)

自分も昨日の演奏会でみんながやってくれたことに対してきちんと「応える」ことができたの

かなぁって思う。

みんな、それぞれが自分の役割を工夫してまっとうした上で、いろいろ気がついたことを率先

してやってくれていた。凄くいいことだと思った。みんな捨てたもんじゃないなって正直思った。

ああいう人たちがどんどん増えてくれたら、浪マンのスタッフ業務も楽になるだろうし、安心

して任せられるなって思えた。

『この先』については、まだ何も考えていない。昨日の今日で結論を出せる問題でもないし、

この大事な話をまだ信頼してきた人たちとは直接は会話していないから・・・

私の話も聞いて欲しいし、彼らの正直な意見モ聞きたいと思ってる。それから決めても遅くはない

かなって思う。


2001年03月04日 11時09分38秒
2001年03月04日 11時09分38秒

どうやら「花粉症」・・・
昨日「風邪」???と思って、大慌てしましたが、くしゃみ・目のかゆみ・顔がかさかさになる

などの症状から「花粉症」の可能性が高くなりました。風邪でなくてほっとしました。

そんな中、本番前に「今までの嫌なことや自分の中でのマイナスな考えにケリをつけよう」と

お金もないのに散髪に行ってきました。何も考えていなかったんですが「思いつき」で髪を

切って染めてもらい、何かすっかり春らしくなりました。(^^)

数年ぶりの「結構ショートヘア」状態です。

ここ数年、伸ばしたりパーマあてて見たりしたんだけど、美容院のお姉さんにも「初心に帰って」

って言われてしまい、ショートです。(^^;)

ただ、そのままのショートでは年齢的にも・・・って話で初カラーリングです。

親をびびらせてはいけないと思い、そんなにわからない色にしたつもりですが、蛍光灯下では

めっちゃ茶髪で、朝と夜しか会わない親にとっては「茶髪」しか見れない状態です.(笑)

いよいよ明日が本番!!楽しい演奏会になるといいなぁ・・・今はもうそれだけです。


2001年03月02日 08時56分27秒
2001年03月02日 08時56分27秒

やばいかも・・・???
なんだか今日は朝から頭が痛くて、熱っぽいし、しかもぼぉっとしてしまう・・・

ひょっとして「風邪」???

やばいなぁ・・・今日は早く帰って寝ることにしよう。目が疲れているのかもしれない。


2001年03月01日 13時55分16秒
2001年03月01日 13時55分16秒

あと3日・・・
いよいよ、後3日ってとこまでやってきましたよ・・・「何が?」・・・演奏会です。

今までのどの演奏会よりも不安で心配で、はてさてどぉなることやら・・・です。

でも、成功すれば大きな自信に繋がるだろうし今後の活動においても、活動形態の効率を考えた

上でも大きな役割を果たすこととなるでしょう。うちの団体も結成時に比べ『家庭もち』や

仕事の忙しい人が増えてきたし、部員の構成も大分変わってきたように思う。

『掛け持ち』やっている人も大分増えてきたし、そういう中での「練習の効率化」や

「経費の削減」なんかは結構重要な課題だっただろうと思う・・・

そして、浪マン恒例の「オールナイト打ち上げ」・・・(爆)

これも、年々参加者が減り、「生活の一部」として音楽を楽しむ人にとっては、休日の過ごし方

っていうのもかなり大事になってくるわけで・・・

自分本位の言い方をしてしまうと、「土曜日の晩に演奏会をしてオールナイトで打ち上げをやると

日曜日まで丸々無駄に過ごすことになる」ってことなんでしょう。実際に打ち上げの翌日は

なんとなく昼までだらっとすごして三々五々帰途につくっていうのがお決まりのパターンだ。

生活の一部としての音楽なら(毎年演奏会があると仮定して)、演奏会後の打ち上げも活動の

一部な訳で、それ以上の意味合いは持たないっていうか「お疲れさん!!」ってそのときは

ハイテンションになると思うけど、その日のうちに宴会は終わらせて、翌日は気持ちを切り替えて

違うことをしたり、家族サービスをしたりできるわけだし・・・

そういう活動へのシフト替えもそのうちに必要となってくるだろう。

今年は、練習時間はかなり押えてきた(それでも指揮者さんもいっぱいいっぱいであったよう

だったけど)つもりだし、ノルマにいたってはかなりのダウンを出来たつもりだ。

・・・まぁ選曲に助けられた部分は大いにあるんだけど・・・最低限のシンプルな編成ならば、これだけの

年間負担で演奏会は立派に開けるんだっていうことはおわかりいただけるだろう・・・

そのうちに自分のWEBのコンテンツで「演奏会までの流れ」っていうタイトルで1年間に

スタッフって言われる人がどういう風に動いているのかっていうのをコーナー化しようと思う。

(うちなんかは、ほんとのド素人がやってるんで、抜けてることはいっぱいあるけど、それでも

演奏会はちゃんとできるんだよっていう最低限のところですね・・・これはジャンル関係なく

お楽しみいただけることでしょう)


2001年02月28日 08時50分53秒
2001年02月28日 08時50分53秒

明日はふぐ・・・
まだ、会社です。年明けから21時に家に居たことって数えるほどしかないなぁ・・・

まぁ徐々に片付きつつはあるし、すこしずつではあるけど平和な日常を取り戻しつつある。

そして、明日は「ふぐ」!!

吹響&ISBJでお世話になってるMリーダーの壮行会があるんだなぁ・・・

明日は「宿題」が結構あって、18時に終われるか非常に微妙だけど、夕方に楽しみがあるって

いいなって思う。


2001年02月22日 20時44分24秒
2001年02月22日 20時44分24秒

もうじき春だなぁ・・・
合宿も無事に終わり、後2週間で演奏会。いろいろあったけど、やっぱり曲が仕上がってくると

「そろそろやなぁ」って感じる。今年は練習時間が少ないんでちゃんと仕上がるかどうかは

ほんと最後の最後までわからないけど・・・それでも、どれだけ忙しくても、どれだけ問題を

抱えていても、本番の舞台に上がると楽しく演奏が出来て、打ち上げで美味しいお酒が飲める

っていうのが最高かなぁって思う。

でも、今年は自分にとってはけじめの年で、けじめのステージにするつもりなんで、いい演奏

で締めくくれたらいいと思う。演奏面でも精神面でもここ数年いろいろあって強くなってきた

と思うし、趣味とはいえ真剣に取り組むことを考えるようになった。

今まで長い間一緒にやってきた人たちにもそういう私の変化が伝わるくらいには頑張らないと

いけないなぁと思う。

話は変わって・・・合宿の晩に学生時代の同期生達と同部屋だったこともあり、いつもなら

大宴会部屋に行って全員でわいわいやるんだけど、今回は女の子ばかりの少人数で盛り上がっ

っていた。何気ないTVのタレントの話から、i−modeの占いの話まで・・・(笑)

久しぶりに心から笑ったし、色んな話をしたけど、ほんとに楽しかった。やはり安心して会話

できる仲間達だからかなぁって思う。途中、他の部屋の人たちも乱入してきて、更に話は盛り

あがって「好きなタイプ」とかの話にもなっていた・・・(記憶が定かではないけど)

自分はなんて応えただろう・・・最近、忙しすぎてそんなことを考える余裕すらなかったよう

に思う。今まではなんだかんだと「理想の恋愛」みたいなものを語ってたような気がするけど、

今振り返ってみると大したこと言っていなかったなぁとも思う。

で、昨日突っ込まれたときも「何も考えていない」状態だったんで、どう応えようか迷ってし

まった。でも、やっぱりこの仕事やり始めてもうじき11年目に突入・・・そして、音楽や会社

なんかでもどんどん新しい人と出会ってきた。正直言ってみんな素敵だものなぁ・・・

素敵に見える人はルックスとかじゃなくて、自分の行動に常に責任をおっている人のような

気がする。「言いっぱなし」「やりっぱなし」の精神的に子供(いい意味ではなく)な人もいる

けど、大概仲良くして頂いている人や可愛がってくださる人はみんな”自分”を持っていて、

自分の言動には常に責任をもってるし、素直にごめんなさいが言える人のように思う。

そんな素敵な人ばかり見てきたから、余計に縁遠くなってるのかなぁ・・・なんて考えること

もある。昨日、たまたまフジTVの夜のワイドショーを見ていて、女子総合職の現状みたいな

のをやっていた。私はもちろん総合職ではないし、やってることは結構いろいろやらせてもら

っているけど、総合職ほどの厳しさはないように思う。自分なりに責任を感じながらは仕事を

しているつもりだけど、それは「プロ」として当然のことをやっているまでのことであって、

それなりに自分の都合も通してきたし、甘えてるよな・・・って部分もあると思う。

彼女達の考えていることと偶然にも同じようなことを考えていてはっと思った。



そういえば、昨日の話の中で友人が「普段、みんなの前で強がって作っているキャラのネロで

はなくて、本当の自分の部分を見せられる人がいいんだろうね」って言われたけど、それが

一番一緒にいて幸せなんだろうなって思う。


2001年02月19日 12時48分07秒
2001年02月19日 14時48分07秒

練習に行ってみて
あの「日記」以来、初めて練習に行った。

正直ドキドキもので、どうなるかと思いながらも苦楽を分かち合ってきた運営のメンバーには

自分の正直な「気持ち」を伝えてきた。この2年だけでも一緒にやって大変なことを一緒に乗り

超えてきた人たちだった。そして,私の言った言葉の真剣さも決意の固さも理解してもらえたよう

に思った。「いつもの切れ方じゃない」っていうことは感じ取ってもらえただろう。

そうこうしながらも合奏は進んでいく・・・もちろんマンドリン音楽を始めて早12年になろう

としている、もちろん「コントラバス歴=マンドリン音楽歴」なわけで、一番自分にとっては

なじみの深い音楽であり、「理解しよう」と心から思ってきたジャンルであった。

まだまだやりたい曲の何割もやれていない、一度弾いた曲でも満足には弾けなかった。機会さえ

あれば、もう一度やってみたい曲だって何曲もあるし・・・だから「奏者」としては残るかも

しれない。でも、中枢部には関わらないだろう。身勝手かもしれないが自分のペースで音楽

を続けていこうと思う。期せずして色んなところで「けじめ」をつけることが多くなったわけ

だが、別にマイナスだとは思わない。今までの経験や出会いがあったからこそ、今こう思える

んであって、自分の行き方に「無駄」なんて無いと思ってる。それこそ人から見れば進んで

いらん苦労をしてるとか、回り道だとか思われたかもしれないけど、自分にとってはどれもが

必要なことだったんだと思う。面白おかしくだけ生きていく事だって、要領よく楽に生きていけ

たら、どんなにいいことかとも思う。自分の仁成設計とおりに生きていく人だっているだろう。

でも、横道にそれたことで知り合えた人や物だって一杯ある。傷ついたからこそ「相手の痛み」

も理解できたし、いい意味で臆病にもなった。

喧嘩もしたし、激論もした。でも、それ以上に楽しいこともいっぱいあったし救いおこしてく

れる手も沢山あった。年齢を経るごとに「自力で起きなくてはいけない」事も沢山ある。

でも、やはり「見守っていてくれる人」も少なからずは存在するわけでそれがまた嬉しい。

そういうことを自覚できたという経験もまた生きることには必要なのかなぁって思う。

2001年02月13日 8時58分50秒
2001年02月13日 10時18分50秒

あと3週間
いよいよ、浪マンの演奏会まであと3週間に迫ってきた。今回は「代表」という肩書きを頂いて

いたため、必要以上に気負いすぎて正直精神的にはボロボロになってしまっている。

今まで「実働部隊としての運営」には長年携わってきたけれど、「代表」という肩書きがつく

だけで、こんなにいろいろあるのか・・・と、正直驚いている。

演奏会って弾く人(奏者)と仕切る人が居るだけでできるものだと簡単に考えていた。

本来はそうなんだと思うけれど・・・

オケというだけあって複数の人間が「演奏会」という同じ目的にむかって、自分に都合をつけ

ながら1箇所に集まってきて練習している。それには「それぞれの思惑」も存在する。

「自分の楽器技術的にも高まっていきたい」とかなりの上昇志向をもってくる人も居れば、

「楽しければいいやん」っていう人たちも居るし、それはそれこそ部員の数が居れば居るほど

浪マンに対する自分の中での位置付けはさまざまだと思う。

私は正直な話、一番初め(8年前)に運営を引き受けたときは「自分は楽器弾き」としては

いまいちやし、それでも浪マンという楽団はすごく楽しそうで、この楽団を存続させていく

ための手伝いをしたいって思う以外に「運営」っていうお仕事をすることによって自分の居場所

をみつけたかったのかもしれない・・・楽器弾きとしては”いまいち”でも運営能力が優れて

いれば役に立てるんではって考えたから。しかしやっているうちにどんどん守備範囲を広めすぎて

「にっちもさっちもいかない」状況に追い込まれた。本業の仕事が忙しくなり始めたのもこの頃だった。

それで、忙しすぎて自分の心に余裕が無くなってギスギスして攻撃的なものの言い方しか出来なく

なっていった。でも、実務的にはほぼ完璧に近い状態で物事を進めていたわけだし、文句を

言われる筋合いは無いだろうと、半ば開き直っていた部分もあった。

でも、そういうのを見るに見かねた人たちが運営の交代を申し出てくれて、数年間運営をお休み

させてもらうことができた。その間色んなことはあって(運営に逃げるのではなく)音楽的に

も必要とされる人物になりたいと考えるようになってきた。実際に技術を向上させる努力も

今までにくらべてしてきたつもりだ。(人にいわせれば全然足りないかもしれないけど)

しかし、運営をやってるとどうしても行き詰まったり、かなり私生活を犠牲にしてる部分がある

んで、長期間は続かないのが現状です。基本的に「任期制」をとっていれば、その期間だけと

割り切ってできるんでしょうが・・・

一番いいのは「半数ずつ入れ替え」って言うのだと思うけど・・・実際、運営の仕事って経験

がまったくないと難しいと思うし。学生の頃って少々義理を欠くようなことや失礼があったと

しても「まぁ学生やし」って許される部分もあったし、任期は1年限りなんで少々の無理は利く。

でも、社会人の場合、その人間が常識に欠ける行動をした場合「いい大人が」となり、楽団自体

の品位を問われることにもなりかねない。そしていろんな考えの人間がいるから、意見の調整

や、「お金の使い方」などにも非常に気を配る。みんながどういう状況でお金を出して

くれるのかも自分もお金を稼ぐ身としてわかるんで、みんなが納得する形でお金を使いたいと

思うし、できるだけ演奏以外の負担はかけたくないんでノルマを軽減する方法を必死でシュミレート

して模索してきた。「例年どおり」っていうのが一番やりやすくって簡単だっていうことに

気がついた。新しいことをやるときには常に「失敗」という2文字がプレッシャーとなり、

ストレスとなる。このことも今まで運営として携わってきて身にしみてわかっている。

今回もまさに「浪マン存続をかけて」のいろんな決断を迫られた年でもあった。大げさかも

しれないけど、一からホールを探したり、「例年どおり」の演奏会は出来ないという時点で

演奏会〜打ち上げの流れに関しても、直前まで決めることが出来ずにかなりの冒険だった。

みんなは演奏会の後で楽しく一杯やりたいっていうのが一番の愉しみだったいうこともよく

わかっている。打ち上げをやらないわけにはいかない。それにそこまでの数週間は完全に

「浪マンモード」に入っていて、いろんなものにしわ寄せがいっているはずなんで演奏会の翌週

とかに打ち上げをしてもそうそう参加者は見込めない。そういうのも色んな人にそれとなく話

を聞いていてわかっていたことだった。結果的には色んな人たちのご好意でなんとか無事に

「いつもに近い形」での演奏会を開催することができそうだ。

でも、ここである人から指摘を受けた。

「いつも、何でも一人でやってしまうけど、もっと色んな人に振ればいいのに・・・でも、

仕事を振るほうの私がそういうひとたちに対して配慮が無い(言動に)んで、引き受け手が

出ないのも仕方ないんでは?」って。正直、目の前が真っ暗になりました。良かれと思って

やってきたこの1年。この1年間「みんなも忙しくて”事情”もあるだろうから、できるだけ

演奏に集中してもらうためにもできる仕事は時間をみつけてやっていこう」って言って泣きごと

も言わずに頑張ってきたつもりだった。でも、それが「他人を信頼していない」とか「自分一人

でがんばってるんやで」っていうアピールしているように傍からは見えていたんだっていう事に

一番ショックを受けました。前にも書いたとおり,今年は「新しい試み」がとても多く、自分

自身が「初の代表」として,どう構えていたらいいのかもわからなかった。相談する相手もなく

自分にも仕事がある身なんで、スピード勝負でこなしていく以外に方法はなかった。初めてで

要領がわかっていないんで、他人にどう振っていいのかもわからない。たとえば合宿一つに

しても、手伝ってくれるという人に「予算このくらいで適当に探して」っていうのもいいのかなぁ

って正直悩みました。それも大概無責任かなって。「合奏をやってもいい」っていう合宿場所

ってあるようでなかなか無いものだったりする。しかも学生じゃないからユースホステルとか

では文句も出るだろう。合宿場所も構成員の居住地などを考えてもどの辺がいいだろうっていう

細かい配慮についても、普段からメンバーの動向に気を配っていなければ出来ないことだろう。

手前味噌だが、大型楽器についての配慮も自分がその立場に無いとわからないことが多い。

そういう点から、結局今年の経過措置としては「運営内で合宿担当を決め、その人が合宿係に

具体的な指示を出すようにする」というものだった。将来的には自分で宿探しからしてくれた

ほうがありがたいけど、いきなりやったことも無い人たちにそこまで求めても無理だってこと

はわかっていたし、まずは部内の人間に顔を覚えてもらって、やり方をすこしずつわかってきて

その段階で引き継いだ方がいいだろうって思っていた。実際、合宿係とか打ち上げ係っていう

仕事は「例年どおり」がまったく効かない仕事であって、上手く宿が取れたらいいけど、そう

でなかったら一番精神的にもしんどい仕事だと思っている、自分のやっている運営の仕事なんて

フォーマットがあればある程度誰でもできるようなないようがほとんどだ。進行表や舞台の

打ち合わせなんて正直前もってフロッピー1枚だけを引き継いでおけば曲目と時間を入れ替えれば

いいようにしてある。おおまかな演奏会の内容自体は変わらないからだ。

一番、大変でプレッシャーも大きいのはホール取り。これが出来ないと演奏会さえ出来ないし、

抽選の前の晩はみんなへのわびなんか考えたりして眠れないほどだ。次に合宿・打ち上げが

くるのではないだろうか・・・ここ2年は練習場が決まっていたんで安心して練習はできたので。

逆にその部分さえしっかりしていれば、後は演奏に集中してもらってても一向に差し支えは無いのだ。

しんどいと思ったことも無いし、協力してくれないって怒る気すら今はもう無い。

逆に「作業面」でみんなに広く「助け」を募ったときに,ごく一部の人にしか反応がなかった

というのが一番寂しかったし、憤りすら覚えた。チラシ入れとかの作業がそうだろう。

よく今でも「チケット発送とかはみんなでやった方が早くない?」って聞かれるけど、これも

こっちにすれば”事情”があって、ただでさえ「楽器・譜面台・譜面・その他小物」をまとめて

電車で担いでいくだけでもかなりの重量とカサにはなる。そのうえ、配布物に部員用のチラシ

チケット・・・これだけでも腰が抜けるほど重いから、できるだけ小分けにして持っていった。

そのうえ「招待状用のチケット・チラシ」ってなるとどうなるか・・・

自分が車を持っていて、毎回事務グッズを運べればいいんだけど。今回骨折をして毎回無理して

誰かに車をお願いしていることだけでもかなり気を使っているし、申し訳ないと思ってる。

ってなると会社で空いた時間を見つけてやるのが郵便局にも近く、便利だったりするのだ。

まぁ就業時間中にそういう「内職」的なことはできないが、進行表も浪マン通信なんかも昼休み

や朝の時間を利用して少しずつ作っていった。そういう努力は別に評価されなくてもいい。

自分は「縁の下の力持ち」でありつづけるほうがいいと自分で決めたことだからだ。

演奏面はそれぞれが自覚と責任感をもっていないとテキメンに「音」となってあらわれる。

このごの及んで「上手い人の影に隠れて演奏しよう」なんて考えたりすると、そういうのも

「音」となって実際には現れている。集中力を欠いた音も聴く人にはわかったりするものだ。

演奏者がいないと浪マンは成り立たない。だから私は演奏者を大事にしたい。演奏者には余計な

ことを考えずに演奏に集中して欲しいと思っている。その分の細かい雑事は自分がかぶっても

構わないと考えている。それぞれが仕事があったり家庭があったり、いろいろ忙しいだろうと

も思うけど、浪マンに割く時間が少しでもできるのであれば少しでも練習して欲しいと思う。

合奏のときは合奏だけに集中できるように・・・

以前は、自分も合奏を抜け出して運営の事務をやっていた時期があった。でも、そういうのは

指揮者に対しても失礼だし、練習しようって思って合奏場に来た以上は練習だけに集中しなく

てはいけないなぁって考えるようになった。決めなきゃいけないこともあるんだけど、そういう

のは練習後だったりで良いわけで。実際、今年やってみて自分で無駄だと思う仕事は大分省いて

きたし、手順をショートカットできることについてはかなり出来たと思う。今回合宿で使用する場所も

割り高だけど、今回上手くいけば毎回使わせてもらえるようにできればと思っている。

そうすれば合宿係に将来なってくれる人の負担も減るからだ。場所的にもいいし、家族連れで

合宿に来てもらうことも将来可能になるんではないかと考えての判断だ。

近くに公園もあるし、練習を交代で抜けて(合奏場には基本的に子供は入れたくないので)、

公園であそばせて、合奏以外の時間は家族や子供も含めて過ごせるような合宿が理想だったので。

いろいろ書いたけど、あと3週間どんな事が起こるのか予想もつかないけれど、腹をくくって

取り組むつもりだ。次回はどうなるかわからないけど・・・

2001年02月09日 11時45分35秒
2001年02月09日 10時41分35秒

いやいや良かった!
昨日のオルケストラ・ド・コントラバスは良かったです!!席も1F中央だったんでよく見え

ましたし、音もマイクで拾ってる割には生っぽく聞こえました。

18時過ぎまで出荷関係でトラぶっていたんでタクシーを飛ばして行くっていう非常手段をとり

ました。まさか・・・走れないしね。ラッシュも嫌だったんで(^^;)

おかげでISBJの方々にも無事に合流出来、席もバラバラだったのですが終演後にも少し

話ができました。帰りは早く帰ろうと思っていたので某オケのS姐さんと一緒に帰りました。

凄く聴き上手なお方なんでいろいろ話まくってしまいました。(笑>すんませんSさん)

最近、利害関係なく腹のうちを話できる友達が何人か出来て、そういう人たちとゆっくりお酒

でも飲みたいなぁと思う今日この頃・・・話っていっても『愚痴』ばっかりじゃないしね。

バスネタを話し出したら結構時間がたつのも忘れるくらいみんなお話してくれるし・・・

でも、みなさんお忙しいから・・・寂しいなぁ。

でもまたゆっくりお話したいですね(^^)/~ ね!見てますか?A子ちゃん、S姐さん!!

2月には格安ふぐツアー(もとい、某リーダーの送別会)が待ってますよ!その前に30日に

逢えるかな?詳細はDMでね!!

2001年01月26日 11時53分38秒
2001年01月26日 11時53分38秒

どんより曇天
いやはや、今朝は天気悪いですねぇ・・・どんよりと曇っています。もう少し気温が低ければ

雪でも降るんではないかっていう天気ですねぇ・・・寒いと足に響くんで寒いのは勘弁です。

さてさて、日曜の本番が終わってはや3日です。そろそろ気持ちを入れ替えてレッスンの曲

などしなくては・・・と思うんですが、なんて言ってもレッスンは月曜日!せめて課題だけで

もしっかり見直しておこうと思ってます。当分は弓も会社に常備していつでも弾けるようには

していますし、譜面はそう難しくない(幸いなことに)ので、奏法をきちんと見るにはいいですね。

譜面が難しいとどうしてもそっちに気が取られてしまうんで・・・



そういや、今週金曜日に母がまたMRI検査を受けることになった。数年前に脳梗塞で倒れた

んで再発が無いかをチェックするために1年に1回程度検査をすることになっている。

多発性なんで小規模(倒れる程度ではないもの)のがいくつもあるようではあるんだけど。

今回も見つかるのかなぁ・・・結構、そういうので母は落ち込むんで・・・

私も心配です。あの日以来、夜中の救急車はトラウマになって

いますし・・・


2001年01月24日 08時57分15秒
2001年01月24日 08時57分15秒

最近のこと
昨年末から「とある事件」があって、職場全体がばたばたしていたんだけど、ようやく旧正月

を迎え(うちは中国系の輸出が多いので)小休止っていう感じです。

しかし!日本は関係ないんで、今からは来シーズンの発注が出始めてちょっと忙しくなってき

そうです。でも、まぁ本番反ではないんで、そんなに大きな数字ではないんですが・・・

来月からは新しい営業さんとペアを組むことになりそうで、しかも、その方はうちの営業は

初めてなんで慣れるまでは大変かもしれないです。うちって激務だし・・・(自分で言う)

さてさて、今の時期に溜まっている急いでいない仕事をどんどんこなさないといけない・・・

でも、そういう仕事をやっている時に至急が飛び込みで来るから段取りがどんどん狂っていく。

そういや、今日は昼から会議だっけか・・・また仕事溜まっちゃうなぁ・・・今日も夜中かな?


2001年01月23日 11時03分17秒
2001年01月23日 11時03分17秒

卒業
BBSの方にも書いたんですけど、昨日の演奏会をもって某吹奏楽団を退団してきました。

初めは『色んなジャンル』のコントラバスを自分で体感してこようっていう意気込みで頑張っ

ってみたんですが、必要以上に難しかったです。っていうのも各ジャンルによってコントラ

バスに求めているものが違うから・・・

今までのマンドリンオケや管弦楽の世界は最低音としてしっかり支えるって役目だったんだけ

ど・・・。同じ弦楽器が主体だし結構いつも『ベースうるさい』って言われるくらいだった

はずなのに、吹奏楽ではどんだけ頑張っても聞こえない、どころかちゃんとそこを支える楽器

は別にいて、彼らは1人で私の何人分もの音を出すことができるんですもの・・・

初めのうちは自分の存在価値みたいなものを凄く悩んだ時期もあったりしたんだけど、演奏会

を何度かやり過ごしているうちになんとなく活路は見出せたように思いました。

ただ、こないだ定期演奏会以降仕事の状況が全く読めなくなったっていうのと、今まで自分は

一匹狼で仕事も段取りできていた部分が今後は営業補佐の方の仕事の割合がかなり高くなった

のでそっちは相手の都合にあわせなくてはいけなくなるんで大変です。

更に生産管理・予算管理・営業事務とかなり仕事も多岐にわたって色んな人から色んな事柄を

要求されることになるんで『自分の時間』はますます減ることが容易に推測できました。

その数少ない時間を何に充てるか・・・

これは私にとって凄く大事な問題でした。

でも、レッスンに行き始めてもうじき丸2年・・・他の門下生の人と比べるつもりは

ないけど、焦りも感じ始めている今日このごろ。もっと上手くなりたいし、自分なりに初めに

掲げていた目標もなんとなくは達成しているんだけど、実際の実力は伴っていないのが現状。

だから今年はもっと個人練習の時間を増やしたい。レッスンにも時間が許す限り行きたいし。

行くからにはそこそこきちんと見てもらえる状態のものを持っていきたいし・・・

んで、一旦お休みっていうのも考えたんだけど、どちみち仕事のほうはまだまったく目処がたた

ない状態で、いつから復帰できるのかも白紙だったんで退団ということにしました。

次に彼らの前に現れるときには(そういう機会があるかは謎ですが)もっと上手くなって、

信頼を得られるように頑張りたいと思ってる.浪マンでは代表もやってるんで誰も文句は言わない

(言えない)んだろうけど、演奏水準からしたら結構集中できていないし、かなり顰蹙モノで

あることは間違いない。運営を言い訳にはしたくないので、これから必死で追い込みをかけよ

うと思っている。

2001年01月22日 14時36分44秒
2001年01月22日 14時36分44秒

レッスンの話
実は今日レッスンに行って来た。本番前だし合奏に出たほうが良かったのかも知れないが、

このままでは思いっきり右手に力が入りまくった奏法で何もメリットが無いと感じていたので

悪い癖をチェックしてもらうためにあえて1日そういう日を取っていた。吹奏楽もオケもマン

ドリンもそうなんだが、『目の前に曲がある』という状態で前で指揮者が振っているっていう

状況下ではどうしても自分自身が目先の譜面を弾くことに集中しすぎて右手がおろそかになっ

てしまう。本当は脱力して弾く位置や弓の速度に気をつけていれば少しの力でももっと飛ぶ音

を出せるだろうし、無駄な力は使わずに済む。年末までのレッスンで『一皮剥けかけ』って

言われてた私の奏法もこういう『合奏練習』が続くと見事に力んだものに戻ってしまう。

頭ではわかっているんだけど、どうしても力が抜けない・・・



そうそう、そしてこの日のレッスンでは、今後の課題曲についての話もいろいろして頂いた。

『課題曲』と言っても、門下生の発表会での発表する曲のことなんだけど、ひとつの曲をきち

んと仕上げるということは色んな意味において勉強になることなのでレッスンでは基礎もやる

けど、頂いた曲を集中してしっかりこなしていけたらって思う。



その課題曲はマルチェロのチェロソナタの1番なんだけど(あ、言ってしまった)、まず譜面

の選定にあたっての話から一講釈あった。

今回のマルチェロの場合、バロック時代のかなり古い方であり、その頃はバッハなどもそうだ

が譜面にはあまり情報が書き込まれておらず、便宜上「音符」などは示してあるが、スラーや

タイ、スタッカートやボウイングの指示が譜面についていたわけではなく、当時は即興演奏に

近いものだったので演奏者に『アレンジ』の権限があったそうだ。だから『奏者が決めた部分』

については譜面に記譜されることがなかったので、後世の編曲者や記譜者が書き加えた情報が

多いとのことだ。

だからこそ譜面はまず「原典版」により近いものを元にし、それから色んな版のものも参考に

しながら時代様式なども考慮に入れて、どういう風に演奏したらいいのかを考えていったら

いいという風に教わった。

現在CDを録音されているプロの先生方も録音前には図書館などで原典版を研究なさっている

という話も聞いた。

『時代様式』についても、かなりお話を頂いたし、以前にバッハの曲をやったときにも少しお

話して頂いていたんで、それが『理屈』としてわかった感じだった。

バロックのころのコントラバスの弓の形を考えれば、よりわかりやすいというヒントを頂いた。

コントラバスの弓の形が独弓も仏弓も現在のような形になったのは19世紀になってからで、

それまでは本当の「弓」のように、今とは違って、逆に弧を描いていた形状だったそうだ。

そして持ち方も今のように手の全体で弓を持つ(表現が難しいが)カタチになったのは現在の

弓が出来てからで、それまでは鉛筆を持つような感じの極めて不安定な持ち方であったそうだ。

しかも、弓の毛は今ほど張力があったわけではなく、ほんの根元の部分でしか音がでなかった

ために、どうしても『自然に減衰』する音だったようだ。

そういう時代様式がわかっていれば、おのずとその時代に書かれていた曲はこういう感じの弾

き方をすればいいのであろうっていうことがわかるっていう話をしていただいた。

(私が文章にすると間違っていないかと不安になるんだけど、まぁこんな内容の話でした)



ひとつの曲をやるにも時代様式などを考えながら自分で曲を作っていく作業というのは時間も

お金もかかることだけど、(本気で調べようと思ったらひとつの曲でも何種類も譜面が必要に

なってくるし、図書館で調べる作業もあるので本当に大変なようだ)オケをやるときにでも参

考になることだから知っておいたほうがいいねっておっしゃられた。



今までは機械的に「書かれた音符の長さとおりに均一に弾く」っていう基本ばかりにとらわれて

忠実になっていたが、そろそろソロの曲もやっていくのだから一つ一つの音や音の出だしの

ニュアンスなどもどんどんイメージしながら作っていかなくてはいけないとも言われた。



そこで疑問に感じるのは、オケや室内楽・ソロは作者の年代もはっきりしているし、先人がい

ろんな研究をし、その演奏を伝統的に受け継いでいるのでドイツなどのオケを聴くと時代様式

などにも考慮された演奏を聴けるというのだが(しかし、CDなどではなくできるだけ生の方

が良いそうだ)マンドリンや吹奏楽はどうなんだろう・・・

吹奏楽の場合はコントラバスのために書かれた譜面ではない(おそらくオプションに近い)こ

とが明白であり、吹く楽器の人のニュアンスに近づけるしかないのであるが、マンドリンの場

合は結構歴史も古いのであるが、果たしてバスはその頃からはいっていたのか。

そしたらどういう演奏をしていけばいいのかっていうのはかなり幅がありすぎて難しい気がす

る。実際「わかって」演奏している奏者はいるのだろうか・・・

指揮者さんなどが要求したイメージの音を再現するしか無いのではあるが、指揮者さん自身が

そういう意識がない場合も多いだろう。

マンドリンのオケの関係者の方々に機会があれば是非聞いてみたいところでもある。



2001年01月19日 10時14分00秒
2001年01月19日 10時14分00秒

・・・帰りたい(;_;)
ここんとこ ずーーーーーーっと!残業です。
20時より前に会社を出られることはまずない。のっぴきならない用件で出たら最後翌日は終電コースですし・・・(ま、めったにそこまで遅くはならないけど・・・)
しっかし週明けから喉が痛いなぁと思ってたらしっかり扁桃腺が腫れまくっててどうも熱もあるっぽいんですけど・・・
やばいなぁ・・・休めないしなぁ・・・

楽器も弾きたいなぁ・・・
うーーーむ悩む
2000年12月05日 20時01分00秒
2000年12月05日 20時01分00秒

日記再開
・・・日記再開で、あります。 前の分は日付やなんかの登録がおかしくって いちいちHTMLで書き直ししていたんで面倒で したけど・・・ せっかくだから今回はちゃんと定期的に書ければいいなぁと思ってます。 でも仕事忙しいんだモノ・・・ちょいとした息抜きで書き込みます。(家では眠くてできないし)明日から通勤経路を変更するんで、少し早起きしないといけないしね!! 定期代を浮かせるために一番安い路線に変更するんです・・・冬の間はお金結構いるしね! 忘年会とか演奏会ノルマとか・・・(泣) あぁでももうじきボーナスだ。 今年はどのくらいもらえるかなぁ・・・
2000年11月30日 11時42分38秒
2000年11月30日 11時42分38秒

私のホームページへ | MusicHallのページへ | メイン | 今すぐ登録