プロフィール


パリ自宅近郊撮影(フランス国営放送前のセーヌ川岸於)

1979年以来パリに在住。80~82年パリ市立音楽楽院及びフランス国立サンモール音楽院(最上級演奏家資格取得)フルート科首席卒業。リベラ女史・ギオー・マリオン・エリシェ各氏師事。同年パリ及びフランス国内有数コンクール入賞。又、欧州各地国際講習会・マスタークラスに於いて、大巨匠ランパル・二コレ・ラリュー各氏師事。

84年パリ・サンメリー教会デビューリサイタル後、パリを本拠に欧州各国でリサイタル開催。パリ市国際芸術都市・フランス文化省・文化大臣主催及び在仏日本人大使館主催(広報文化センター於)・ギリシャ・コーフー島音楽祭招聘演奏会など。

95年・97年「デュオリサイタル<再会>」東京に於いてヴィセンス・プラッツパリス(現在パリ国立管弦楽団首席奏者)と共演する。

同時に日本での83年デビューリサイタル開催後、定期的に東京を中心に各地でリサイタル・室内楽・放送と幅広く活動する。98年にデビュー15周年記念と題して、(パリ16区で録音・仏人若手ピアニストと共に)『フランス音楽曲集・光と風と色』のファーストCDリリース。94年以降クラッシック・ジャズの新分野に挑み、民謡・ポピュラー・ボサノバ・タンゴ・シャンソン等のプログラムで意欲的に演奏会を開催されている。2003年の20周年記念コンサートに向けて、各地リサイタルと2枚目のCD製作を企画。ソロ活動を中心に室内楽の分野で意欲的に活躍している。

次のプロフィールページへ トップページへもどる