ようこそ日本生まれの楽器「大正琴」のホームページへ
英語版と同じ内容です。

大正琴は大正時代のはじめ名古屋に住む森田吾郎(本名=川口任三郎)
によって作られました。
大正琴は日本に古くから伝わる二弦琴とタイプライターのキーからヒントを得
た音階ボタンキーを組み合わせ創られました。

大正琴は誰にでも簡単に演奏できる楽器です。
音階ボタンを左手で押さえ右手に持ったピックで弦を弾き演奏します。

大正琴が多くの人に愛好されている理由のひとつに数字譜があります。
数字譜は専門的な知識が無くても簡単に理解できる楽譜です。

数字の上には音階ボタンをどの指で押さえればよいのかという左手の指記号
がついています。

演奏してみましょう

調弦について
演奏姿勢について

ご質問はこちらへどうぞ