2月23日
又大分空いてしまったが時間が無いのであっさり
 帰宅したら父が携帯のメモリを機種変更後の携帯に移し終えていた.
カッコいいぜ父さん!




 昨日の結果「コメント付けをしていてデータの誤りに気づく」
 今日の目標「データを修正して結果をとにかく貼り付ける」




2月9日
 うかうかしていたら目標>結果をやっていたこと自体わすれてしまっていた…
今更ながら今日の目標「実験結果に対するコメント付け」


 週末は有意義に過ごした。研究はもちろんバイトともやったし友人にも会った。
不思議なもので夕方からバイトを入れると、昼でも結構研究の能率がよいのである。
後ろの時間が決められている「背水の陣」の方がはかどるということか。
僕は帰ろうと思えば18時くらいには帰れるのだが
帰ろうと思えば22時にも帰れるのだ。
この差四時間。これがダレル理由かもしれない。


 バイトは会場設営。まぁディスプレイ用のわく組搬入など力仕事だ。
三時間5000円。軽くは無いがイイ仕事だった。


 朝起きたら腕脚が痛い。あ〜昨日友達に会いに自転車で長距離走ったから。
立ちこぎで川越だもんな〜。
そうか立ちこぎは腕の筋肉をつかうのか。
ペダルを下に押し下げる動作は、自転車を上に持ち上げる動作に似ているものな。


自己完結していたが、よく考えればバイトのせいだ。
 金が入る。筋トレにもなる。一石二鳥だ。ホッホ。


2月6日
 目標カキコを忘れたが、今日はデータを再現できた。
明日はそのグラフ作り、及び考察。


 

2月5日
今日の目標「Pvrグラフ、骨、母音グラフ」


結果(後日談)「半分失敗。データの再現がされなかった。」

 原付前輪のブレーキが効かなくなりいつか怪我をしそうだったので、お昼にバイク屋さんに行った。
僕は「工賃」というものが曖昧で嫌いだ。
貧乏性というのもあるのだが、スゲーてきとーでふっかけられてるような気にさせられるのが苦手なのだ。
でも今日はすっきり払った。
キチンと注文したことの料金だったし、赤男爵という全国チェーンより2000円くらい安かったから。
ブレーキが効かなかった理由は「エアが入った」とのこと。
ちょっとした知識を書いておくと
車やバイクの油圧ブレーキの油の部分。空気が入るとダメなのだ。
圧力をかけてブレーキとスルのだが、注射器に気体と液体とを押し比べた状態を想像して欲しい。
おそらく気体の時のほうが簡単に押し込めると思う。
だけれどこれは押し込める代わりに圧力があまり伝わらなくブレーキに不向き
だからブレーキオイルにエアが入ってはいけない。たぶんそう。
いや〜プロはすごい。なにやってるかわからないけど
シュコシュコ シュコシュコやってるうちに直しちゃうんだよね。
カッコいい。将来的には私もできるようになりたいものである。

 そしてもうひとつ。おっさんが前後輪空気を入れてくれているとき
「今度はナンダ…」とひとこと。
後輪ががたがたぬかしやがるのが気になるらしい。
僕も気づいてはいたが、まぁもらいものだし古いし、とあきらめていたのだが、
おっさんいわく「ワッシャー(ガタガタ調節器)が一個足りない」らしい。
そーか、古かっただけじゃないのですね。
おっさんワッシャーを捜すこと十数分。僕が工賃が気になること十数分。
どこからともなくおっさんがワッシャーをみつけてきた。
でも工賃はほんのちょぴっとしかとられなかった。
安心安心。
ちなみにおっさんが会計もやってくれたのだが、レジは使えないらしい。
使い方間違ってるよと指摘しようか数十秒。おばちゃんが助けに入った。

修理結果
1.めっちゃブレーキが効くようになった
2.下り坂でブレーキを握っていないと原付が勝手に下がっていくようになった。
 1.はブレーキパッド交換(エア抜きブレーキフルード交換含む)の効果
 2.はワッシャーの効果である。
このうち驚くのは2の効果だが、自分が酷く原付を無理に使っていたのだと気づかされた
いままで勝手に下がっていかなかったのは、タイヤがいがんでたからだ。
今は滑るように走る。ホントに滑ったらこける。

本日の料金5560円
赤男爵だと7000円らしい。ただしワッシャーの分はのぞく。
きっと良心的な値段なのだろうなぁと勝手におもった。



2月3日
 今日付をタイプしたらなぜか「ついたち」を変換していた。
おいおい、つきたちはもう過ぎてるし時間は戻らないぞ。
滝つぼから水が昇らないのと同じだ。
逆流する川はあるが。


目標「実験1.2のデータ整理及びグラフ作成」


結果「若干及ばず。未達成」
恥ずかしいが戒めに書いておく


 しかしなぜ日が暮れると途端にやる気が出るのだろう。
無意識の領域に何かあるのだろうか。
例えば昔、先祖が夜中に狩りをしていた。
日本は農耕民族だったような。
例えば、実は今日という日が終わりゆくのに焦っている。
ん〜あせってるのかなぁ。
例えば逆に、日光がα波出しすぎ。
布団もα波出しすぎ。
明日は1.5倍頑張ろう。


2月2日
 今日の目標『グラフを確認し何が足りないのか把握する』


学食で友人に久々に会ったら やはり苦労していた。
なぜ、他人の苦労を見るとホッとするのだろう。
そればかりか、やる気まで出てくる。
う〜ん友人も自分と同じように苦労している、頑張らなきゃな。
だろうか。
とにかく やらなきゃ終わらないということだ。
がんば。


今日はめちゃくちゃはかどらなかった。というか集中具合が悪い。
いちおうノルマ達成だが、もっと早くに終わることが出来たと思う。
あしたはその点も考えてやろうと思う。

1月31日
 ためしにその日の始めに『今日の目標』を日記に記してみる。
その進度をその日の終わりにこれまた記してみよう。
目標の高さにもよるが、なにかしら僕の研究のたしになるといい。
提出は13日。もう日が無いのですよ。
頑張るのです。オレヨ。


 関係ないのだが、先日弟とメッセ中
オレ「今日は授業無いのか?」
弟「木は無い」
というやり取りがあった。
もちろん木曜日の授業は無い、という意味なのだが(実は木曜じゃないかも)
曜日についている漢字ってのは、本当に大事なものばかりだなぁと実感。
火が無い、水が無い、土が無い、木が無い…。
弟はそのとき「月はない」が一番怖いな、といっていた。
 そして英語の曜日には多分、このような自然を意味するものは無いだろう。
オレ漢字すきだなぁ。瓦斯がきのう読めなかったけど…

なんつって目標を立て忘れた。本末転倒
今日は「グラフの配置、展開を決める」です。
決めたらそのグラフを、確認、整理、再製作することができる。
今日の一歩は明日へ繋がっている。頑張れオーレ。

 いちおう目標は達成したが、目標設定が低くなかったかとちょっと思う。
大学へきて、家でもできることをやる。
往復3時間。なかなかに難しい問題だ。
明日はどうしてやろうか。家出やろうか。
問題は家でやるかどうかだが、やればいいのだ。
 次は週間スケジュールでも立ててみようかと、ちょっと思う。
中学生の頃はそれで上手くいったっけなぁ。
あの頃よりも沢山の誘惑があるのが、難しい悩みだ。
誘惑があるのは、幸せなことだと思うけどね。


1月29日
 今日は僕の大事な友人の誕生日だ。おめでとう。


 学食でお昼を食べるとき
1.メニューディスプレイの前で形態をすっぽなげ
2.みそしるをもらう時にチキンにかかったタレをこぼし
3.ご飯をもらう時におばちゃんがお碗をぶちまけた
なんて日だと思ったよ。


追加情報
4.買ったお菓子の賞味期限がきれてた。
なんて日だと思ったよォ。
帰宅時は事故にあわないよう気をつけよう。


1月25日
 最近どうもPCの調子がよろしくない。
フリーズしたり勝手に電源が落ちたり…
なんか今月半ばにノートンの新しいやつを入れてからのような気がするんだが。
守ってくれるはずの君が僕を苦しめてどうするねノートン君。
インフルエンザの予防接種のようなものか。
菌を打ち込んで耐性をつける。PCにそんなもんはない。たぶん。
研究に関係するもの全てがPCに依存してるから不具合はスンゴイ怖いんだけどなぁ。
バカノートン削除してみようか…ウィルスにやられる可能性が。
だましだまし行くしかないのか。

一月二十四日
 バングラディッシュ人の研究室仲間(以降バン君)が
「mp3で歌聴くことある?ちょっときてよ」
前々からバングラディッシュではどんな歌が流行ってるのか興味があった
だから期待して彼のとこまでいった。
ヘッドホンを外して、再生>
「こーとーしーさーいーごのーゆーきーの…」
なんと!ナカシマミカさんであった。
僕もこの歌が大好きなのでバン君にそれを伝え共に喜ぶ。
それから話が弾み、CDがいくらだとか、来月国からCD持ってくるからくれるとか
インド映画は凄いぜとか、いろーいろ喋った。
異文化交流はおもしろいものである。
 さてバン君、困ったのはせっかくいい曲に巡り会ってもタイトルが分からないことらしい。
「サヨナラ サヨナラ」って歌詞のある曲〜
と僕にタイトルを求めるが、情報不足しすぎ。たぶん歌い手は女性らしい。
そんなキーワード並べられたら僕にはもう小田さんしか出てこないのだが…
小田さんの声高いから、女性に間違えることもあるかなぁ。


一月二拾三日
 今朝は日が昇る前に電車に乗った六時前。
駅へ向かう途中、日が隠れてからの時間が一番長い時刻の寒さと暗さを味わいながら
この暗さは女性とか、人によっては恐怖を覚えるだろうな、とおもっていた。
ふと背後から人の気配が。ああタイムリー。
しかしながら電灯の配置で僕には陰が見えている。
へへん動きが丸見えだぜ。妙な動きでもしやがったら〜
なんて余裕ぶっていた。
影は両腕をあげた!なんだ!
余裕無し。ただ影の動きをじっと見詰め歩を進める。
ああこのポーズはヤングマンの『Y』だな、なんてどおでもいいことも浮かんでくる。
と、そのとき!
影が両腕をグルグル回し始めた!子供のけんかよろしくだ!
そうだオレはこの動きに覚えがあるぞ…これは
早朝起ききれてないからだに信号を送っているのだ。
…かくして僕の身は守られた。何に?


一月拾九日
 みなさま明けましておめでとうございます。
さんざん研究に追われ日記更新をサボりつづけてきました
というかテンションの問題です。掲示板とかはカキコしてましたからね。
 今日不思議なことに、研究がおもしろかった。
徹夜して、やって、結果がちょっと出た。
あぁ苦労が報われるタイミングとはいいものだ。
暗闇に一筋の光が差し込んだようです。


最近は雪が降りましたね。
めったに雪の降らない地域にすんでいるので、感動もひときわでした。

それではまた研究に光が差した頃にカキコします。
本年もよろしくおねがいします。








12月29日
 弟が帰ってきて、入れ替わりに東京に出かけて
年が暮れて入れ替わりに年が明ける
いつもどおりに高校の仲間と酒を飲むんだろうけど
来年は再来年はいつもどおりじゃないかもしれない。
就職するから、たぶん。でも心配は無い。
卒業できるかしら。たぶん。そっちのほうが心配だな。
みなさん良いお年を。


12月24日
 「メリークリスマス」と研究室から言ってみる

学習面での上達はやはり『やる気』の問題であると、現在再認識させられる。
わからないからやる気が起きない<>やる気が起きないからわからない
の悪循環を繰り返すのだ。
う〜ん、よろしくない。
冬休み期間だけど研究遅れてるから頑張ろう、って来てみれば
「あ〜君は来るのが遅いねぇ。」ときたもんだ
やるきダウナー。
ていうか研究室の後輩来すぎ。ほとんど僕より早く来てた。
不憫だ。休みは休んでやろう!と思わせない何か悪意のオーラが研究室に蔓延している。



 弟が帰ってくる。遠く秋田から越冬のために
家族が喜ぶ、幸せなことだ。弟えらい。
仲の良いことは美しいことです。
美しいといってバラの花を連想したが、そうすっとちょっとあれだな。



最近まともに更新も出来てなくすみませんが
さらにすみませんことに年末年始は更新できない環境になります。
申し訳なし。


12月14日
 電車から降りたらおっさんが「献血ー献血ー」と寒い中がんばっていたので
もれなく血を抜いてきた。時間が無いので全献血400ml
時間が無いので、というか僕が献血をする時はいつも無計画なので
時間が無いのだ。無計画だから献血手帳も持っていない。

 献血をしていて思ったのは、全血400mlはかなりの水分喪失であること。
ペットボトルの暖かいほうのお茶をぶちまけてみよう。
さてその色が赤かったとします。
それよりも多い量の血が体から出ていっちゃうわけですねぇ。
なかなかに驚きました。
運動をしたならば、400mlの汗をかくのにどのくらいの時間がかかるだろう?
一時間?二時間?僕はスポーツメンでないのでわかりません。

 僕が献血をする理由に「人助けになる」とおもうと気分がいい
という一般的なものの他に
漫画で読んだエピソードがある。
スポーツメンはトレーニング前に血を抜く。
そして数ヶ月のトレーニングを終えると体の自然治癒力で血液の量が元に戻っている
そうなった時に抜いた血を戻すことで戦闘能力がぐっと上がる
というのだ。
 別に僕はスポーツメンでないので関係ありませんが
抜いた血を戻すことも一切ありませんが
まぁこんなエピソードが気になったりしたわけですよ。
夜はレバーを食べました。
結構小心者なんですよ。



12月13日
 楽しみにしていたスキーツアーが中止になった。
ふだん「さみーよ!!」なんていいながら今週だけ神様にお願いしたって降るわけが無い
スキー仲間の幹事をしていたので悪いのは天気なんだが、なんだか申し訳なかった。
こんな早い時期に安さにつられた幹事も悪かったのかな。



 で、そのお金は温存、しようとおもったのだが
だが、結局ビリヤードに千円消え飲み代に三千円、カラオケで三千円…
大半が消えてしまった。
そのぶん楽しんでますけどね。スキー代はまた稼ぎます。


12月14日(十三日からエピソードが続きます。)
 遊んで家に着いた朝五時、弟からのメールに気づく
「チケ有り、どーする」
実はスキーツアーとかぶっていて悔しかったライブがあった。
そのチケ情報を遠く秋田から光の速さで弟が送ってきてくれたのだ。
朝五時。そんな時間に送ってきてオレが寝てたらどうするのだ。
よい弟を持った。そんな気づかいより情報の速さを選んでくれたのである。
 それはヤフオク。やったことないオレはちょっと不安。
ビビリである。
弟に「だいじょぶっしょ」と励まされ、いざ落札!してもらう(弟に)。
よい弟を持った。
明け方六時前の落札にも出品者はオレの不安を知ってるぜ。かのごとく
そく返事をくれた。ホッとする瞬間。
ほっとして質問メールを何往復課するうちに寝てしまった。
もちろん取引は成立した後ですよ。
〜〜〜〜〜〜ライブ関係一息〜〜〜〜〜〜〜
 おばあちゃんに先日の演奏会のとき一緒にとった写真をとどけに行った。
おばあちゃんの喜ぶ顔は嬉しいなぁ。
オレも演奏会にきてくれて嬉しかったんだよ。
と、だんらん。
 両親と食事→海へと。海で車から一人降ろしてもらう。
休日の海にはかもめと子供と大人と釣り人と犬がいた。
休日だから、みんな楽しそうだったよ。
オレは犬は好きだけど後ろ足立ちして飛び掛られるとちょっとビビル。
動物にもなつかれるのはやっぱりうれしいなぁ。
始めオレを警戒していた縄に繋がれた犬とも
円の動きをして間合いを取りながら仲良くなった。
 その間に浜を一往復したのだが、気づいたことに
西に向かう時、東に向かう時で大分景色が違う。
南を向いて海だけを見ているとあまり気づかなかったこと
太陽を背に東に進む時は、深い藍の海。
西に向かう時は、金色に光る海。
十二月の午後3時、ひはもう大分傾いているのだと知った。

 心がきれいになったところで、帰宅後車を
試みたのだが、水洗いした次点で続きを断念。
十二月の午後3時半はとても寒く、ゴム長靴をかうことにした。



 いざライブ!
出品者の方はチケと代金を交換したら、すっといなくなってしまった。
ちょっと寂しいなと列に戻ると、出品者の方は友達と三人でありました。
なるほど。そりゃ,仲間のとこに戻りますよね。と思いつつもチョイと寂しい。
寂しい寒いの開場待ちのなか、ふいに「寒くないっすか?」
お連れの方がお声をおかけになってくれた。
陽の当たる三時半に洗車断念した男が今、半そで一枚で会場待ちをしていたのだ
それは寒かった。
しかしながら話しかけられるきっかけになったのなら良かった。
そこからはシバシバわに入れてもらって楽しかった。
 いざライブ
会場入りするとそこは小学校の教室ほどのひろさ。
その中心くらいに待機する。それにしたって父兄参観の親と教師よりステージが近い。
それが開演前BGMが終わると、待ってましたとグアッと
バーゲン開始のように人の群れが半分くらいの面積までに縮んだ。
PV=nRTも驚きのチェミストリであった。
前回のミッシェルライブに続いてもみくちゃ。
しかし当方には若干の余裕がありましたので、周囲の方をお気遣いしてしまい
終わってみれば、ちょとー、遠慮しすぎたかなー。という感じもある。
オレが曲終了後に歓声を上げると、前の女性が友人と顔見合わせんだよな。
俺の声はでかいと思うが,歓声もダメ会。とちょっと冷める&寂しくなったものでした。
Voに「ノリわりーな」といわしめちまったからな。余計悔しく思われる。

 終焉後、祭りのあとの気分の時。
出品者の姿はなく(流れ解散、そのくらいが良いんだろな)と思っていると
電話が鳴ります。「今から飯でも」「いきます」即決
人の繋がりを嬉しく、大事にといつも思っているが
このままではいつか犯罪に巻き込まれるかも知れないなと思いつつも
この日の出会いに乾杯
僕より6つくらい上の方たちだったが結構話しがあって
いやー、あの曲はサイコーだった
アンコール寂しかった
あんま遊んでるとかみさんに怒られる・先日初めてスノボに行って崖から落ちた。泥まみれになった・鮎の歌を職場仲間が誰もしらねー・神戸チキンジョージって14歳かよ・学生時代に酒を買いにいったまま帰ってこねぇなとおもったら、原付と一緒に崖のしたで煙草すってた。こいつは崖に縁がある…
いやぁかわいがってもらったと思う。
むこうもオレがマイナー話に食いついてくるので好感を持ってくれていたヨーダ。
ちなみに出品者は花火職人ということが分かったので
昔からやってみたかった「高校部活同期で一発花火をあげる」が
ちょっと現実みを帯びてきた。
 いつかまた会うかもな〜、くらいで。それも楽しみである。
今日の出会いに、ライブにきてくれたアーティストに、弟に感謝。



ちなみにこれでスキーツアー料金から足が出たこと請け合い
こわいから計算しない。
けど計算しなくても金曜には数枚あった万札が見当たらないから
減りは実感してるんだなぁ。平日を地味に過ごすこと決定。


12月11〜12日
 研究室に泊まった。
提出前日とか言うわけではないが、研究の進展状況から自分に危機感を持たせるためだ
結果。
あまりはかどらなかった。
↑にも書いたように明日提出、とかではないのでイマイチのりが悪い。
徹夜
ということも無く、三時くらいには寝てしまった。
まぁこれは今日の昼のためには良かったかもしれない。
念願のプログラムは先ほど遂に走ったが
まだ筋肉が温まっていないようだ…
良い結果は期待できなさそう。
 まぁこれでいざとなったらこれから研究室に泊まることは可能
が実証されたので、それは収穫であった。
問題は や!る!気!
と、スキル…
どうもスキルが大したこと無いのでやる気を侵食してしまう
がん、ぎゃんばらねが、べ、ねば。

 急にコンサートに行きたくなると困る。
金も経験も無いので、チケットの取り方からわからん。
つーか、金無いならコンサートなんか行こうとするな!か。
でも、あれは良いものだ!
なんでも生はいいもんですよ。。
先日初めてオケを生で聴きにきてくれた中学時代の友人が
「迫力がダンチだね」
とのこと。嬉しいなぁ。
来てくれただけで嬉しいが、さらには何か心を動かせた
感じてくれたのが嬉しいわ。
ハートに栄養を!!!


> 12月9日
 週末僕の出る最後の演奏会が終了した。そのあとのお酒は美味かった。
自分の演奏しない曲をきくことで大きな喜びを感じたのは初めてかもしれない。

日曜。反省会と、そのあと自分で区切りをつけることで、大きく変わった。
思ってることを言葉にしたり海とか山とか行ったりするのはとても幸せだった。

月曜。余韻でだれた。が、夜には自分の聴きに行ったライブミッシェルdvdをみて大興奮。なけた。

火曜。ほぼ日常にもどる。やっと日記を書く。
史上最低のレガッタを買う。泣ける。
研究岩盤ze。



12月3日
 やべぇです。風邪ひいたッポ・
昨日からなんとなく手先が冷えるなぁと思っていたが
本日お昼になんとご飯を食べきれないというハプニング発声
風邪疑惑いよいよ高まる。
保健室に行く
微熱発覚。逆プラシーボ効果で頭まで痛くなってくる。
現在もエアコンのおかげで顔は暖かい(ボーっとしてるのか)が
衣服の下が冷たいという珍現象継続中。
チンゲン省。中国奥地にある、昔仙人が住んでいたという省。今は仙獣が住むらしい。
って!ねぇよ、そんな小波。省は。
あーだりー。
 クイズです。
現在研究の滞りで教授に目をつけられている僕は帰るか!?
ヒントは今週の土曜日に半年費やした演奏会の本番です。
じゃぁ出題を変えて
教授に目をつけられてるけど帰る僕は誰か?
…このもとネタを知ってる人とは是非深くお付き合いしたい。

12月2日
 修士論文について先生と打ち合わせをした
終わってみると口内炎
鼻の下ににきび
さすが先生が。逃げ出したい

12月1日
 なんと 十二月だ。
これは色々なカウントダウンが始まっているということである
研究発表・学生の終わり・社会人のはじまり・23歳の別れ・24歳の自分
師も走るとはよく言ったものである。
昔の日本が年度制を用いていたかどうかはわからないが
今の僕は、十二月なのにもう4月のことまで考えている。
やはり年が代わる月、十二月は特別なんだな。
色々と先のことを考えさせられる。
で四月には昔のことを思い出すのかな。それとも新しい暮らしに忙殺されているか。
やることをキチンとやっていかなければならないですね。
当面の目標は卒業です。
就活が終わっても卒業しなければ本末転倒だ。

 今年は懐かしい人に年賀状を書こうと思う。
小学校時代の友人だ。中学は私立に行ったので別々になってしまった。
そいつは気のいいヤツで、お盆に地元の駅であったら180cmを超えるビッグマンになってた。
小学生時代、誰もが似たり寄ったりだった記憶しかない僕にとって驚きであった
僕は来年四月から社会人。連絡をとるなら今だと思うのだ。
来年はどこに住むかもわからん。社会人の先輩の同級生と会いたいのさ。


ひさしぶりに携帯の料金プランでも考えてみる。
しかしヴぉだふぉんのハッピータイム5円はホントすげぇわ。
おかげで弟と会話する時間が増えました。




拾一月の日記重月の日記蜂・句月の日記七月の日記六月の日記五月の日記四三二月の日記十二月の日記