4月22日(火)
最近は修羅場続きで色々忙しかった。
トップ会談をしたり記憶を飛ばしたりだ
ドキドキものである
ちょっとツッコミどころ満載の絵を見つけたのでリンクをアップする
http://www.mic.atr.co.jp/~michita/everyday/
見たほうが早いんでコメントは避けるが、特にうちの弟にささげたいと思う
きっと彼のツボだと思う
ま、僕の絵も強烈ですけどね

4月16日(水)
日記のネタという物はメモっておかないと恐ろしいくらいすぐ忘れます。
今日は頭のすみから出てきた忘れてた話
「一日に何歩歩いた」というのは万歩計などで測っている人はいるが
「一日に何メートルアップダウンしたか」と測った人は、かつていたのだろうか
電車の中でふと思った。
人間は一日に何回も何回も上り下りしている
それを合計したら一日で征服できる山の高さはいくらだろうか?
もちろん人によって電車を使ったりエレベータに乗ったり
はたまた全部自力だったりするだろうが、ま、それはおいといて。
測ったらかなりの山ができるんじゃないかと思った。
まぁ測るすべを僕は持っていないのです
だれか高度計付きのG-shockなど持っていたら挑戦してみていただきたいものだ。

4月11日(金)
規制に伴い長らく休止していた更新も、再会することとします
今年度はもう少し、意味のあるサイトにしていきたいと思っています
みなさんどうぞよろしく

今朝電車通学中、僕の目の前で母親に連れられた小学校一年生くらいの女の子が発進と同時によろけた
僕は思わず手を伸ばしたのだが、転ぶにいたらず良かった
僕の手にも触れてませんし
幼女に思わず手を伸ばした、と書くと急にアヤシイにおいが漂うのが不思議です
とっさに足が伸びなかったことに、ほっとした

三月十四日(金)<メダパニバッタ>
ドラクエ犬離┘好拭璽で出現するメダパニバッタは恐ろしく強い
たかがバッタ、されどバッタだ
メダパニがわからない人のために説明すると
これは呪文の一つでかかると混乱してしまう
かくしてバッタ野郎が怖いのは、仲間が怖いということなのだ
混乱して仲間に剣を振り下ろす
自分がする側でもされる側でも想像しただけでぞっとする

さて今日は何故こんな話かというと、朝PCをつけたらおかしかったからだ
最小化が0,最大化が1,下スクロールが6,といったように表示が混乱している
そして僕はこれがウイルスじゃないか恐れている
以前先輩が同じ症状になってウイルスではなかったと聞いたので大丈夫だと思うが

現在スキャン中

みなさんもウイルスには気をつけましょう
やばいかなと不安になったらオンラインスキャン
ウイルスソフトがなくてもチェックだけはネット上でできるよ。 三月十二日<いつかは>
三月八日の日記で紹介した「衛星」のページは本当におもしろい
昨日も昼に色んな按配で衛星を飛ばしてみた
案の定ほとんどが地球や月に墜落してしまったのだが一つだけ上手くいった!
地球と月の間を微妙なバランスで墜落することなく飛びつづける
初めてのことなので飛んでいる星がなんともいとおしい
まるで我が子のようだ(まだ子供はいないが)
研究をやりながらもチョクチョク元気かみてしまう
二十一時を過ぎて帰るときにも我が子は元気に飛んでいた
いつもならPCをシャットダウンして帰るのだが昨日はそのままにして帰ることにした
しかし今日になると画面には地球と月だけを残し我が子はいなくなっていた
普段は一分ともたなかった衛星が昨日は六時間も飛びつづけたのだ
この子はもう永遠に飛びつづけるのだろう、と思っていたのに
僕の目には安定したバランスに見えた地球と月と星もわずかに
ほんのわずかずつバランスをくずし衝突したのだなぁとおもうと感慨深いものがあった
なんにせよこの星のページ楽しいんでやってみてください

三月八日<履歴>
最近年齢上履歴書を書くことがあるのだがなかなかに難しい
どこまで書くのがベストか、境目がわからないのである
いやみでない境目。いい気になっていない境目。色々だ。
結局は読み手側と書き手側のライン引きが近ければ近いほどいいのだが
そんなんわかりませんからね。
弟に添削させたところ色々とご注意を受けた
僕と弟は大分感性が違うので大分ためになった
結局書き直すか書き直さないかは僕の判断
企業の線引きを見極めて書き直さなければ

宇宙を感じるHPを教祖から教わった
左クリックすると隕石が一つ飛びます
クリックしたままドラックすると隕石に初速がつくようです
地球の引力と月の引力と上手くバランスが取れると一時間くらい飛びつづけるそうです
ロケットの重力を用いた加速や、隕石の墜落など
色々なことがイメージできる、とてもおもしろいページです
是非お試しあれ

三月七日<窒息>
プールで近くの女の人のビキニブラが外れた
とっさに僕は水中に身を潜め観察
息つぎもせず水中にいたのでとっても苦しかった
死ぬかと思った
これは夢の話なのであるが、あの苦しさ
絶対に現実でも息止めてた

さいきん睡眠中の無呼吸状態が危険視されているが
オレ死んでたら人知れずまぬけだったなぁ
ホンットくるしかったんすよ
まぁ夢だけどいい眺めでした
生きてて良かったです

三月六日<就職かつどー>
企業研究と自己研究を現在行なっています。
ブロードバンドの普及のせいか
今年は企業紹介を会社HPのみで行なっているところがあります。
僕の家は先日回線切断がありまして
そういった会社の研究には手を焼きます
時代に乗りなさいということですかねー
ああ、就職活動
ああ、研究
おまえらは何故こうも同時に降りかかるのか
はぁ、気の効いた日記を書けなくて申し訳なし
そんな状況なんよ

三月五日
外枠も含めて空気より軽い風船は宙にうきますね
子供が喜ぶわけです
遊園地では外枠がプーさんだったりして
大人も喜ぶわけです
さぁ楽しい理科の時間です
風船の素晴らしいところに「紐」がついていることが挙げられますね
ではこの紐を離すとどうなるでしょう

考えてね

飛んでいく
と答えた方は一般的ですね
子供が泣く
更には木に引っかかっちゃうんだけどカッコいいお兄さんが現れてジャンプ!
「もう離しちゃダメだぜ」
とか考えた方は中々イイ
それもまた正解です

まぁ当然木などの引っかかるものがなければ上空に飛んでいってしまいますよね
そもそも何故こんな日記になったかというと研究疲れにトイレにいって
ふとその先が気になったから、そんだけ
たいてい「あーあ、とんでっちゃった」で終わりですよね
たまに「あの風船は後々地球を汚す要因になるのでは…」
なんて考えたりもするけど、結局途中で「マ、いっか」となって終了
さぁ今日は皆さんも僕と一緒に考えてみましょう

飛んでいってしまった風船はどうなるのか
左脳をフルに使って論理的に考えるも良し
右脳をフルに使って芸術的に考えるも良し
とにかくなんか一つアイデアをだしてみましょう

ム…

ムム…ムムム…

カーーーーーッ!!!!

まだ考えていない人は、三行上にもどりましょう
ハイ、考えたあなたは検討の時間
他の人の意見として僕の溝の少ない脳で思いついたものを順に挙げていきましょう
(壱)風船は上空に行くにつれて膨張、その果てに待つのは爆発…
(弐)風船は上空に行くにつれて膨張、その後に周囲の密度と等しくなりその付近で高度を変えず浮遊
(参)大気圏突入「シャァ少佐、助けてください…ウワァアアーー!!!」摩擦熱で炎上
(死)鳥や宙空に留まる雷によって風船を割られ海へ落下 GAMEOVER
(吾)空の星になる

まぁ筆者が筆者なだけに気のきいた答えは出ませんでしたが
あなたのお答えと近いものはあったでしょうか
実は僕もハッキリしたことはわかりませんので
わかり次第書き込もうかなーなんて思ってます
もしくは、正解募集
掲示板とかでてきとうに答えてくれたらおもろい

今日は二十一時から毎日放送系で山崎まさよしの番組があるぞ。チェキナ

三月四日
に酷いことが起こりました
実は先週末は合宿に行っていたため更新できなかったのですが
いま、重い腰をあげて更新しようとしたところ
二月の日記が全部消えてしまいました…
三月分のページを作ろうと思って
ファイル名を(nikki3.html)にしたところ
以前の(nikki_2html)に上書きされました
どういうことでしょう
僕のレベルでは理解できなかったことですが
とても悲しいことはわかります
自分の日記を度々見ることもないけれど
いつか忘れた頃に見て楽しかったらいいなぁ
なんてね
思いもあったので悲しいです
まぁ時期的に就職ネタや、研究室のぐちだったのかなぁ
わからないものを考えるのは悲しい
三月最初の日記が湿っぽいものになってしまった…
また元気になったら合宿話でもかきます
ちなみにオーケストラの合宿です
「マダガスカル速報」というページも作ったのでよろしく