大渕のバー    ホームページへ
 

大渕ただ今(部屋では)禁酒断行中!
2001年1月〜
 

グレンモーランジー10年

月に1本くらいは飲みたい。
グレンモーランジー18年
免税店で過去に1本だけ買った。死ぬまでにもう一度飲みたい。

本日、渋谷センター街あたりの酒屋のぞいたら、5000円でおいてあった。こんなに安かったけっか?(とは言ってもおいそれと飲める値段ではないが・・・)これなら年1本くらい飲んでもいいか。記憶は怪しいが、マッカラン18年も同じ値段であった。ブッシュミルズ・モルトとかいうのもあった。流石は都心の酒屋。(2000-12-15追記)

マッカラン8年
月に1本くらいは飲みたい。
マッカラン12年
ボーナスもらったら1本くらいは飲みたい。
マッカラン18年
渋谷になど滅多に来ないので、昨日、大枚6,000円はたいて購入。試飲報告はまた後日。(2000-12-20)


ブッシュミルズ黒ラベル

おいてある酒屋が近くにない。アイリッシュウィスキーで唯一知っている銘柄。
スーパーニッカ
せめてこの位の酒を常備しておきたい。
ジョニ青
ジョニーウォーカーオールディスト。青ラベル。ジョニーウォーカーの最高峰(かな?)。誰かお歳暮に下さい。
ターキー12年
年に1本くらいはのみたい。
タンカレー
なかじまらもの雑文の中で「タンカレーというとカツカレーのカツの代わりに・・・」という与太話がおもしろかった。「変」参照。
マティーニ
たのむ前から味の分かるカクテル。ちゃんと酒の味がする。過去、唯一飲んだ後上から出てきた酒。しかし、懲りずにことあるごとに注文する。

ドライマティーニというと、昔の映画で、ベルモットのコルクを抜いて、それでグラスの縁をふいて、それにジンを注ぐ、というシーンがあったそうだ。また、チャーチルはベルモットの瓶を睨みながらジンのストレートを飲む、という笑い話もあるそうだ。(ネタは「酒呑みの自己弁護/山口瞳/新潮文庫)「ステアではなくシェイクで」は007だっけ?

先日TVで「ゴールドフィンガー」を見るとはなしに見てしまった。で、そのなかで「ステアではなくシェイクで」の台詞が出てきた。話は酒から離れるが、ゴールドフィンガーの中のショーン・コネリーはかっこいい。今となっては、話のストーリーは陳腐と言わざるを得ないが、ショーン・コネリーはかっこいい。(2001-1-30追記)

太田胃散
先日、旅行先でいい気になってウィスキー飲んでいたら、歩けなくなるまで酔っぱらった(らしい)。で、寝る前に無意識のうちに飲んだ(らしい)のがこれ。おかげて翌日二日酔いにならなかった。
じん露、鏡月
日本ではまず焼酎を飲むことはないが、韓国に行くときは、夕食の時には必ず飲む。韓国料理に実によく合う。向こうでは割って飲む、などということはせず、日本の冷や酒のように、冷やしてお猪口で飲む。ウィスキーにしろ、酒を割って飲むのは日本人だけか?
フランケンワイン
懐かしの味。ワインの味など分からない私であるが、これだけは分かると思う。マテウスみたいな瓶に入っている。ドイツ人に言わせると、マテウスの方がフランケンワインの瓶の形を真似した、だそうだ。あの形はブドウの粒をかたどったのだそうで、ドイツ(フランケン地方?)のレストランの軒下には、その瓶をブドウの房のように合わせて吊してあるのを見かける。
リースリング種ワイン
先日、某レストランで白ワインを2本飲んだ。その内1本はリースリング種のフランスワインだったのだけど、ドイツワイン(ラインワインだか、モーゼルワインとかいうやつだと思うが)と同じ味がした。あれはブドウの味だったのか。フランケンワインも明らかに他とは違う独特な味がするけど、あれもブドウの味から来ているのかしら?

ワインの味などほとんど識別できない私であるが、もしかしたら違いの分かるワインが1種類出来なのかもしれない。(2001-1-30)
 

白馬の地ワイン(名前失念)
スキーの帰り、車内宴会用として購入。飲んでびっくり。デラウェア(だと思うのだけど)の葡萄そのまんまの味がする。あと、マスカットの香り少々。やっぱ、葡萄の味ってワインの味に大きく影響するんだ、と思った次第。白馬駅前当たりの酒屋で「登山者などに人気の辛口白ワイン」と言えば、このワインに当たると思います。1本1000円位。

ただし、原料がデラウェアであるかは不明。ふつー、デラウェアでワインは作らないか?(2001-2-17)
 
 

先頭へ