ピアノ、チェロ、ソプラノという珍しい構成からなるトリオ

  • 川村奈美子(Piano 日本)
  • 黄甦(Cello 米国)
  • 蔡則平(Soprano 中国)

3人の国際的に活躍している国籍の異なる演奏家が集まって,2001年10月に結成され,2002年3月に上海でデビューコンサートを行い,上海のTVで放映されるなど,中国で大きな反響を呼びました.日本でも6月にデビュー演奏会を行い好評を得ました.

右の写真をクリックすると大きな画像が御覧になれます.


米国クラシック音楽家協会理事でチェリストである彼は,作曲家,教育者,企業家,社会活動家として多面的な活動を行っている.上海音楽院を卒業後,上海舞踊劇場管弦楽団の主席チェロ奏者を務めると同時にソロ活動を行う.1986年米国ミシガン州立大学客員研究員として招かれる.1987年南カリフォルニア大シェーンフェルド教授に奨学生として師事し,暖かく,自然で,率直な演奏スタイルを築いた.作曲家,教育者としては,ロサンゼルス音楽学校校長を務めて後進の指導にあたっており,「子供のための弦楽合奏名曲選」シリーズを出版し好評を得ている.また,Frank Su Huangの名前は,南カリフォルニアでの事業の成功から著名な実業家として知られ,成功経験をまとめた「黄のビジネス原則」を出版準備中である.また米中の文化交流に奔走する社会活動家としても広く認知されている.

中国の有名なソプラノ歌手である蔡則平は,現在上海師範大学芸術学部声楽教育科の学科長を務めている.彼女の歌は,優雅さ,透明さ,そして雄弁さが特徴であり,彼女独自の発声法と豊かな情感は,作品の持つ深い意味を引き出している.90年代初頭のリサイタルで大きな人気を博し数多くの賞を受賞した.また彼女自身のCDアルバムの他,数多くの映画やテレビ番組のアリアやテーマソングの録音を行い,特に彼女が出演したテレビ番組「平和と母」は第7回中国テレビ音楽番組コンクールで金賞を受賞した.その他文化交流演奏活動でも賞を受賞.また多くの声楽コンクールの審査員を務める.2001年には米国ユタ州のWeb大学に客員研究員として招かれ,ソロリサイタル,オーケストラとの共演を行う.上海師範大学教授としても,声楽や音楽理論の指導に携わる.教育および歌の業績により大学から東方記念業績賞を受賞した.