いやはや。

2003.12.9

お隣さんから海鮮もののお裾分けを頂いた。北海道の親戚からだそうで。
特大の殼に入った生のホタテと、ボイルした海老である。 微妙に冷凍が融けかかっている状態だったので、 ストーブの上で温めながら戴いた。
これがもう、激烈に美味しいのですよ。 ホタテも海老も、とても甘味があってまろやかで、調味料は一切不要。 ごちそうさまでした。


さて今日は、ボーカルデータの編集をしていた訳だけれども。
『ラジオボイスっぽくして』というご注文なので、 とりあえずEQでそれっぽい帯域だけ通してみたのだが、 どうもお客はご満足ではないらしい。 もっと歪ませた感じにしてほしいそうな。 「もっと」って言われてもね、EQかけただけだからそもそも歪んでないのだよ。 まあよい。作業にかかる。
残念ながら、ディストーションのエフェクトはシーケンサソフトについていない。 ファイルを書き出して別ソフトでの処理になるが、 パラメータがたくさんあって何をどーするのか結構迷う。
えーい面倒だ。本当に歪ませてしまえ。
要するに、アホほど音量を上げてクリップさせ、また常識的な音量に戻す。
はい、ディストーションサウンドのできあがり。
しかしこれ、ラジオというより拡声器ですがな。ま、いいか。

2003.12.8

さむい。
とってもさむい。
こんな日は、部屋の中でも手袋が重宝する。
手の甲は隠れて、指先だけ出るやつね。
そして足には毛布。つま先まですっぽり覆えば結構暖かい。

え、暖房?
何のことやら。


そんな中、ミックス作業をしていた訳だけれども。
どうもギターのノイズが気になる。 こちらでかけたエフェクトのせいかと思ったけれど、 よく聴くと元の音にも入っている。 単体では気にならなかったのが、他の音と混ぜたら妙に目立つようになってしまった。 こりゃ不思議。 とりあえず5kHz辺りを削ったら小さくなったのでめでたしめでたし。

2003.12.7

台所のレンジ台の上がモノで一杯で、買ってきた果物を置くところがない! と母親が怒る。
さっぱり使わない 「 Let's Beer Great! 」 なんてのが鎮座してるからいかんのだ。 家族がどこぞのビンゴゲームか何かで貰ってきたものらしいが、 そんなしょっちゅうビール飲む家でもないし、 使ったら後片付けが面倒だしで、ほぼ忘れられた存在になっている。
なので本人に訊いてみた。
「これ、いらんのやったら処分するけど」
「え、何でや、もったいない。」
「別に処分つーても捨てる訳やないで。欲しい人にあげたらええやろ」
「そんなの捨てるんと一緒や。邪魔やったらどっかにしまっとけ」

「・・・」

この心理が分からん。
使いもせんものをしまっといてどーするんだ?
そーいうのを死蔵つーんだよ。
喜んで使ってもらえる人のところに行った方が、モノだって嬉しかろうに。

。やはやい

本館へ行ってみる?
がくえんさい