History of Orquesta con Sabor



1994年9月

とある製造会社にて仕事上健康を害し製造から管理部門に異動した
バンマス長谷は、システム・エンジニア Tp石田との運命の出会い
を果たす。

   1112() 天候 くもり

会社の慰安旅行にて音楽談義に大いに盛り上がり、ついには“バン
ドをやろう”ということになってしまう(長谷は酒が回っていたの
か何も考えずに「やろう」と答えていた。)。
この日の帰り、Tp石田の土産物をバンマス長谷が自分の土産物と一
緒に持ち帰ってしまう。
(よく覚えているねえ...長谷談)

1995114()

バンマス長谷の招集により数名のメンバーが集められ、バンマス長谷
の実家のカラオケ専用ルームをBand Studioとし、記念すべきOrquesta
con Sabor第一回練習が行われる。(この時Tp石田は未だ病み上がりの
ため、Guitarにて参加。)
当初の編成はVo,AS,Tp(Gt),Bs,Congaだけだったと思う。
この後、2週間に一度のペースで地道な(?)練習活動が続けられる。

19966月頃

そろそろちゃんとしたバンド名を付けようということで(それまでは
“オルケスタ・ダレ・ソレ“などと好き勝手に呼ばれていた。)、バ
ンマス長谷により半ば強引に”Orquesta con Sabor“と命名される。

   1011()

福岡市の行事「ふくおか生涯学習フェスティバル」にからみ、福岡の
フジ系テレビ局TNCが我等が Orquesta con Sabor の練習風景取材の
ため、Band Studioを訪れる。

   1018()

春日市内のとあるスナックのステージを借りて、プレデビューライブ
を行なう。この時のお客さんの人数は、10人位だったと記憶してい
る。ライブ終了後、カラフルな服を着たこわいおにいさんに怒られな
がらも、Vo. SATUKI が持ってきた五島土産のスルメをかじりつつ、
ライブの余韻にひたるメンバーであった。(長谷注:階下が”いかが
わしいバー”だったのだ)

   119()

福岡市天神のイムズホールにて福岡市主催イベント「ふくおか生涯学
習フェスティバル」に出演、華々しくデビューを飾る。

   1222()

大野城市まどかぴあ大ホールにて大野城市まどかぴあの運営グループ
「ぐるぐる」主催親子向けクリスマスイベント「ぐるぐるのクリスマ
ス」に出演。Percusion今泉氏大活躍の「あわてんぼうのサンタクロー
ス」が内輪受けする(そういうアレンジにしちゃったんよねえ。ごめん
>今泉氏)。

1997419()

サルサ・バー“ONE WAY Off Broadway”でライブ。福岡のサルサ・シー
ンにデビューする。当日イベントで来福していたラテン野郎、バイラド
ーラの乱入をうけ、ちかっぱい盛り上がる。

   76()

スペイン料理店「ビオビオ」で開催されたサルサ・イベント「ノーチェ
・デ・エストレージャス」の招聘を受け、演奏。

   722()

1年近く一緒にやってくれていた今泉氏が転勤で沖縄へ。ONE WAYでさよ
ならライブを決行。というとカッコイイが、送別会の2次会でライブを
やるというただの酔っ払いバンドだった。

   83()

久留米市の「水の祭典」がらみのイベントで招聘を受け、ライブをお
こなった。この日は、ONE WAYで習っていた人で、ダンス・チームを
作って数曲踊ってくれた。

   88()

青山ケンネル・カレッジ殿創設記念イベントに出演。会食の残り物に
みんなハイエナ状態になる。ハコがハイアット・ホテルだったのでお
いしかった。

   820()

Orquesta del Sol、10年以上ぶりの来福。当日我が Orquesta con
SaborもONE WAYでライブをやった。佐々木氏、キムチ氏などの飛び入
りあり。

   824()

ラテン文化団体 Tiempo Iberoamericano 主催サルサ・イベント“Is
la de Salsa”に出演。入場者800人。

   1018()

いつもお世話になっているONE WAYのマネージャー SONIA の Birthday
を記念してライブを開催。

   1222()

ONE WAY 主催イベント「船上パーティー」で演奏。揺れました。これ
が受けてその船会社に気に入られてしまい、結局その船のパーティー
プランのオプションに “サルサ・バンド演奏” が入ることになる
(が、実はみんな揺れるのでやりたがってなかったりする)。

1998418()

Trpで頑張ってくれていた中ちんが山梨に転勤することになり。またもや、
送別会の2次会をライブにし、飲酒運転ならぬ飲酒演奏をする。

   75()

博多埠頭ベイサイドプレイスのデッキで、無償で自主ライブを開催。かな
り人が集まった。Satuki、貧血の為ライブ終了直後に倒れる。

   711()

ファシナシオン・ラティーナ広島の招聘で広島に遠征。6年ほど生バンド
が入ってないということで、かなり盛り上がった。感動的なまでの好待遇
もあり、みんな「また行きたいー!!」。

   823()

Tiempo Iberoamericano主催 ”Isla de Salsa‘98 ”に出演。入場者1,5
00人を超える。多分、西日本最大のサルサ・イベントに成長したのでは
ないだろうか? スタッフエリアでドミニカのメレンゲ・バンド “La su
per banda”のメンバーとバーベキューを楽しむ。

   911()

”Isla de Salsa‘98 ”の模様が、福岡のFM局 LOVE-FM で放送される。
DJは、対バンだったLa Fa'brica のリーダー Magno。

   912()

自主ライブ“ Nao Omodaka vs Orquesta con Sabor ”を ONE WAY で開催。
ばくなおさんの、壮絶なソロが福岡に響き渡った!


BACK