設置 -オトヲキカセテオクレヨ-

●嗚呼、音を聞かせてオクレヨ。

 家に帰って早速セッティングに入る。(っていうか、もう0時すぎてるんですけど。寝ろよ。)ソフトに音源、電源ケーブル、MIDI変換モジュール、音源ケーブル・・・あん?
 ちょっとまて。何、この音源ケーブルは。なんか端子がおっきいんですけどもー・・・。うちのPerforma君は内蔵スピーカーだから、スピーカーどうしようとは思ってたけど、もしかしたらビデオ入力端子あるからいけるかもとか、MDコンポのスピーカー使えるんでわとか思ってたんだけども・・・。ダメだね。うーん、なんか変換するコネクタとかあるんだろうか。普通のスピーカーだってこんなでかい端子入れるとこないじゃん。きっとあるさ。うん、あるある。
 ひとまず自分を納得させてはみたものの、このままでは音が鳴らん。諦めて寝ようかとも思ったけど・・・おお、音源にイヤホンつける穴発見。ひとまずイヤホンで聞けるでしょというわけでハード的セッティングが終わる。(しかし、うちのPerforma君、モデム内蔵だったのでモデムポートが使えない。ので、プリンタポートに切り替え機つけてプリンタとTAがついていたのだけど、そこにさらにMIDI音源がつく。うーん。大丈夫か?)

 そして次。ソフトのインストール。CD−ROMでなくてフロッピー1枚というのがなんとも昔っぽさを盛り上げるがまあ、な、なんとかなるでしょ。フロッピーを突っ込むとインストールはハードディスクにコピーするだけ。・・・1Mないんか。このソフト。さらに不安は膨らむが、ひとまずコピーしてダブルクリック!! ・・・「なんちゃらかんちゃら。開いてるアプリケーションを閉じて再起動して下さい。」はあ、やっぱ立ち上がらんよ。なんかなー、どう見ても漢字Talk7.5とかもっと前の頃のソフトっぽいもんなぁ。OS8.1じゃ結構前のソフト動かんのよね。だからって今さら7.5環境作るのもやだしなぁ・・・。さて。
 ひとまず原因を追求するべしと説明書をもう一回チェック。ふむ。パワーPCの場合は機能拡張のメモリのとこでメモリマネージャを切れとな。仮想メモリもだめなのね。ふむふむ。・・・ってメモリのコンパネにそんな項目ないわい。ダメじゃ。やっぱ漢字Talk時代の話かも・・・。まあやってみるかと、仮想メモリ切って再起動。でも同じエラーメッセージ。
 諦めかけるが、ひとまず情報収集しよー。と思い直し、ネットで検索を試みる。
(Mac DTMとか。)どうやらMacでMIDI音源とかをつなげるには、「Apple MIDI Manager」とやらが必要らしい。という情報発見。うーん、OSのバージョン昔のならついてたのかしら?と思いつつ、またもや検索でなんとか米AppleのFTPからダウンロード。丁度入れ方を説明していたページがあったので見ながら機能拡張やらなんやらに入れてみる。しかしソフトは起動せず。そんなこんなで機能拡張マネージャとかをいじっているうちに、機能拡張に「メモリマネージャ」発見。おお、これを切れというのか。あったあった。切って再起動すると見事ソフト起動成功!やりましたっ!!
 ・・・しかし。だがしかし。音が鳴らない。サンプルのファイルを聞いてみようとするも聞こえず。うーん、やっぱスピーカーにつなげないとだめ?イヤホンもなんか特殊なのいるの??
 まずはハード的に確認せねばということで、音源の説明書に戻る。おお、音源だけのデモというのがあるではないですか。・・・聞こえるね。ああ。美しい音色でございます。・・・・。(泣)
 やっぱ問題はMacなんですね。ええ。わかりました。・・・というわけでまた考え込む。やっぱこのApple MIDI Managerが怪しいよな。白黒だし。(笑)(<漢字トークの時代は機能拡張のアイコンとか白黒だった頃があったなぁ・・・っていつの話だよ。をい。)入れるトコ間違ったかなとかいろいろいぢるが、ダメ。なんか、どうやらシリアルコントロール(?だっけ?要確認)ってコンパネが使えないくさい。セレクタとあたるのかと思いセレクタを不使用にするもダメ。どうやらもうこのOSのバージョンでは使えないコンパネっぽい。・・・うーん、もうだめかしら。
 そこで、なんかパッケージにもう一個ソフトっぽいのが入っていたのを思い出す。パワーブックなど用とか書いてあったけどあれはどうだ? 開けてみるとOMS(?)とかいうソフト。おお、MacとMIDI音源を繋げるために必要なものとしてApple MIDI ManagerかOMSとか書いてあったやつではないですかっ!こっちでもいけるのか。早速いれるべしっ!!・・・・ああ、だめじゃん。こっちにも使えないシリアルコントロールが入っているよ・・・。一応起動して設定してはみるもやっぱりダメ。うーん、万策つきたか。やはり安物買いはダメだったのか・・・。嗚呼。
 しばらく頭を冷やして、ふと、OMSのバージョンの新しいのがないのか?というのを思い立つ。ついてたのは数年前のだし。Apple MIDI Managerは数年前から放置されたままとか聞いたけど、OMEはバージョンアップして最新のものがあるかもしれないっ!!
 早々にまたもネットで検索。やたっ。やりました。あったよ最新版!それも日本語版があるじゃあないですかっ!これでいけるかもしれない・・・。はやる心を押さえてダウンロード・・・ってなんかファイル大きい。(泣)15分ほどかかる。
 OMSの最新版(それも日本語版)をインストールしてソフトを立ち上げ、サンプルデータを再生する・・・。や、やっと音が出たよ。(泣)
 しかししかし、まだ難関は残っていた。サンプルデータを聞くことはできるのだが、新規データにして入力しても、音が出ないのだ。・・・一体、何がいけないんじゃー。
 気がつけば外は明るい。いくら今日が土曜とはいえ徹夜はいやじゃ。というわけでひとまず寝る。

動機と購入設置開始>駄々

挑戦 ■音楽 ■CASCADE日記自身足跡

mailto>>>kou-d@geocities.co.jp