天津で買う

まずお土産を買うなら
古文化街。
ここは観光客向けなので相当値切る必要があります。
観光客向けだけにベタなおみやげ物がいっぱいでたまに行くと今でも楽しめます。
場所は東北角や東南角のバス停から歩いて2〜3分くらい。

洋服やカバン、靴を買うなら
八里台
ここのものは結構高め。値切りも全然効きません。
最初から張り紙で「価格交渉お断り」と書いてあったりして興ざめですが、
わりと流行には敏感な感じの店が多いと思う。
場所は南開大学南門の真向かい、八里台というバス停は2種類あってはずれのほうは結構遠いです。
衛津路にあるほうのバス停降りてすぐ。

濱江道歩行街
この道の入口の両脇に市場があって
中国人の若者で賑わっています売ってるものはピンきりで
よく選んでから値切りスタートです。
ここのものも割りと高め。
歩行街は両側にずらっと店が並んでますがほとんどが
メーカー直営店やチェーン店で普通のものを売ってます。
濱江道バス停目の前

赤峰道、賓江道付近
赤峰道は濱江道の一本東の道なんですが、
この辺が天津で一番最新のものを売ってると思います。
値段もそれなりに高いですし、あまりまけません。
それでもここに来るとお金を使いたくなってしまうのが危険。
特にストリート系やヒップホップ系が好きな人はここでしょう。

小白楼
ピアスやアクセサリーは割りと安く売ってるような気がします。
小白楼バス停徒歩五分

大胡同、その付近
ここは元々卸売りなので、安いです。
大量に買うともっと安い(無理だけど)。
大量の品の中からいい物を選ぶ必要があります。
それに当たり外れも多く行っても気に入ったものが無い事があります。
でも靴を買うならここが安いとおもう。
それと、小物やアクセサリー、生活雑貨、おもちゃなども
卸売りしてるのでかなり楽しい場所。
東北角の西隣のバス停(名前忘れた)

DVDを買うなら
古文化街
白堤路
西湖村
小白楼

本を買うなら
図書大廈
南開大学書店

コンピューター関係を買うなら
鞍山西道のサイバーマートとその付近の
電気系卸売市場