天津で見る


天津は中国の4直轄市のひとつのくせにちっとも観光名所が無いです。
でも敢えていくつかあげてみます。



天塔
天津のシンボルマークといっておきますか。
上海の東方明珠が出来るまではアジア一の高さを誇るテレビ塔だったらしいです。
実際うちの部屋の窓からも見えて、朝昼晩と様子が変わるのは美しいと思う。
いまだに良く見えるときに写真とったりするし。
でも上に登るのに50元という破格な値段が必要なのでなかなか行けない。
中にはいる時に手荷物検査や金属探知機などのチェックが入るのは
テレビ塔だから?
その後エレベーターで一気に展望台へ。
チケットを切る時に記念品をくれてこれがなかなかレア。展望台の外周は回転喫茶室になっていて
30分に一回転くらいしてます。物が高いのはこういうところのお約束でしょう。
晴れていてなおかつ空気がいい時にはかなり遠くまで見渡せると思いますが
自分が行ったときには空気が悪かったので良く見えませんでした。
展望台にある階段を上っていくと最上部の外に出られます。
ここには下がガラス張りの出っ張りがあって天塔一番のナイススポット。
中国製だけに割れないか心配な所が更にスリリング。
天塔の所要時間は最大一時間半と言ったところですか。


古文化街
天津みやげ物街といったところ。
なかなかベタなみやげ物が売ってるので楽しいといえば楽しいけど
ここのために天津に来る人は皆無に違いないでしょう。
古文化街のくせにDVDとか双眼鏡とか売っていて思わずツッコミを入れたくなるのも中国らしさ全開な証。
ほかにも動物の骨とか手品のもととかミニ四駆とかも売っています。
って言うか何でも売れるモンは売ってる。
ちゃんと期待通りの中国っぽいグッズもあり。
中ほどに天後宮っていうお宮がありますが(有料)
5分もしない内に出てきた記憶しかありません。

水上公園
行ったことなし。でもよく旅行でよその町の公園に行った人が、
「水上公園差不多的地方。」(水上公園とほとんど変わらないところ。)
って言っているのでありがちな公園であることに間違いない。
外から見た限り観覧車あり。
25元は高すぎでしょう。

水上公園動物園
水上公園とは別の入口です。ここも行ったことなし。
行った人がここを形容するのに、
「没有動物的動物園」(動物の居ない動物園)
といっていました。
一応パンダは居るけど常にやる気ナシと言う噂。


長城
なんと天津にも長城があるのです。
だからなんだと言いたい。
場所は北京から行った方が近いほどの天津市のはずれ。
近くには独楽寺とかいくつかの遺跡がありますが
長城を見るなら北京で見ればいいじゃない。

周恩来記念館、周恩来冥ying超記念館
周恩来マニアにはたまらない。ですか?

天津楽園
遊園地です。行ったことなし。
思うに世界でも中国の遊園地の乗り物はナンバーワンの怖さでしょう。ある意味。

南開大学
周恩来が勉強したという天津ナンバーワンの大学。
広い。何て広いんだ南開大学。



馬場道など旧租界地区
これは租界になったことないとありえないっすよ!
それでも上海の外灘にはかなわない。
が、古い洋風の建物がずっと連なっていて、夜はライトアップされて美しい。
絶好のデートスポットに違いないと思う。相手が居れば。
ひとつ思うに一応ここからここまでがイギリス租界、
こっちはフランス租界とかってのがあるんですが建物見ても違いがわからんっすよ、ホント。
わかる人にはわかるんですかね?
天津外国語学院なんかも租界時代の建物です。

思いつく順にあげてみましたが
天津は観光するところじゃなくて住む所です。きっと。