タイトル


私たちは、福岡県山田市を拠点に活動するコカリナのサークルです。
定期的に月に一度練習をしています。
コカリナは、東ヨーロッパ、ハンガリーで生まれた「木でできたオカリナ」です。似たようなものはドイツにもありますが、これだけ短く、しかも1オクターブ以上の音階が出せるものはありません。オカリナやコカリナと笛の違いは、閉管になっいるか開管になっているかにあります。オカリナやコカリナは閉管になっていることによって音が柔らかくなり、しかも音が管の中で回るため素材の音がそのまま出て来ます。コカリナは色々な木で作ることができ、木によってそれぞれの音色を持っています、これが実に楽しいことです。又、コカリナは、近年多くの木管楽器が金属製やプラスティック製になってしまった(フルートやリコーダー)のに対し、木管楽器の響きの素晴らしさをあらためて感じさせる楽器として注目され、木の精や木霊(こだま)が歌う音だ、とも言われています。(コカリナの吹きかた 黒坂黒太郎編 より)

嘉穂町広報より転載

私たちの先生です

 メンバー

 これまでの活動
   └嘉穂町の遊人の杜の
     柿落としで演奏しました。

 掲示板へ

 リンク
    ├飯田子ども劇場コカリナサークル
    └筑豊30人委員会
      「コカリナ」普及に取り組む


あなたは番目の訪問者です。

最終更新: