バナー
DLR Japon は 
日本語圏で David Lee Roth を愛する 
あなたのためのサイトです。
リンクフリー。
DLR Japon
What's New?
 
以前と同じように、今年の終わりにもヴァンヘイレン再結成
September 10, 2000
 
  Melodkcrock等々のニュースソースによればVHは再結成される。それがいつになるかだけが問題だ。

 DLRのGatewayのCMを見たか?とてもクールで、自分がGatewayパソコンのインストールや修理してる公認技術者であることを誇りに思える。

 
DLR、サンガブリエル医療センター壁面の寄贈者銘に追加
December 26, 1999
 
 パサデナ・スター・ニュースによると、DLRは同センターの壁に掲げられた700人の一人に加えられた。彼の寄付は設備の近代化のためのもので、デイブのお父さんは長いあいだ同センターの臨床内科医だった。
 
公式コメント:DLRとサミーヘイガーがともにヴァンヘイレンとツアーすることは絶対にない!
アルバム新着
December 26, 1999
 
 TKは長い間続いているこの噂がウソだとはっきり語った。発端はヘイガー自身で、VH3が発表されるちょっと前に行われたインタビューでのくだらないアイディアだった。
 またTKによると、何曲かはすでに録音されているが、DLRバンドがスタジオにはいるまではアルバム用に準備され(おそらく完成せ)ず、だいたい来月とかになりそう。このアルバムはwawazat!!レコードからリリースされるが、違う配給元もつくかもしれない。ただしこの話はまだ変わりうると注意もされている。
 シンシナティでのショーは12/10の夜中にキャンセルされたが、この春までは次の日程は未定。
 
スローターハウスは見確認だがポールスターのリストには載ってる:DLRバンドのY2K初ライブは1/7、ラスベガスのハウスオブブルース。
December 15, 1999
 
 デーブはここで今年はじめに演奏した。この日付が気になるのは、現在のツアー最終日と間隔があいており、2000年初頭と目される新譜のレコーディング時期にちょうど当たっていることだ。
 ただしこの話はまちがってるかもしれないと、DLRNDにこの話の元ネタのあるサイト管理者は言ってる。ただし、他の信頼できる情報源からもおなじような話を聞くことができた。スティーブヴァイとビリーシーハンはこの数ヵ月のあいだにそれぞれ、DLRを褒めて、また一緒にやりたい、と語っている。もしDLRがヴァンヘイレンとやり直さないなら(その方が正しそうだし)EAS(Eat'em and smile)バンドの再結成もありうる。DLRがそっちのルートを進めば、の話だが。そのサイト管理者の意見では、このDLR-VH再結成は一度失敗したがあれはVHが信頼できないからだという。

 VHが再結成しようとEASバンドが再結成しようと、今のバンドは継続し、2000年はDLRのキャリアで最も素晴しい年になるだろう。すでに伝えたとおり、ヴァンヘイレンはその一部、傍観者かもしれないが、DLRは世界をロックし続ける。

 
シンシナティでのコンサート 延期
December 12, 1999
 
 延期日は見てい。WEBN 102.7(シンシナティ)が伝えたのとは逆に、これはDLR自身とは無関係な技術的な問題であり、ショーをきちんと行えないなどのステージングに係ることだった。ぼくらはDLRがケガをしたり、プラン通りのショーができなかったりするのは見たくないし、"Slam Dunk"がロックチャートのトップ10に入り、全米リクエスト1位だったのにこの曲をかけなかったラジオ局を満足させたくもない。これはレーベルからの「1曲いくら」という影響の悲しい例だ。ただ、WKRP だったら "Slam Dunk" をかけたかもしれない。DLRNDのスタッフが勧めるのはシンシナティでは WTUE 104.7 FM で、ここはたしかにDLRの局をオンエアしている。
 
デイブ・リー・ロスはMTVオールタイム100のビデオに2作品
December 8, 1999
 
 Jump(33位)、Just a Gigolo/I Ain't Got Nobody(55位)がMTVのトップ100カウントダウンに入った。Hot for Teacher や Yankee Rose ははずれたが、確かにへたなラップビデオなんかは作家の洞察力を超えている。DLRを入れたようにMTVはもともとすばらしい番組だった。しかしまさにこの音楽ビデオのパイオニアを高く評価しないとはふざけている。

 MTV 100 カウントダウンを見てみよう。今やってる。前はMTVがどんなにくだらなかったか思い出すよ。

any suggention?
市民の義務 GeoCities Japon