管理人の紹介


1999年の秋のことです。
当時、パソコン教室でバイトをしていたために、ホームページを自分で作ってみよう!と思い立ちました。
まあ、もともと興味はあったのですが・・・。

ある日、教室のパソコンでインターネットをしていると、重大な(?)ことに気が付きました。
それは
「KANさんのホームページがないこと」
です。あの、「Yahoo!Japan」でです!

えーっ!と思い、その他の検索エンジンで探したところ、出てきましたが・・・。
そこで、私は決めました。
「Yahoo!Japan」で「KAN」をサーチして、一発で出てくるような、ホームページを作ることを・・・。


さて、2000年春からの管理人の仕事ですが・・・。
非常勤講師として、京都府内の中学校を2校掛け持ちしております。
担当は国語なのでした。

2001年春からも、非常勤講師をすることになりました。
今度は、昨年同様に中学校ではあるのですが、3校掛け持ちです・・・。
という訳で、HNは今年も「みほ先生@伏見」でいくことにします。
ずっと、明記してなかったのですが、実はこれでした。
よろしくお願いします。

2002年春からはといいますと・・・なんと大学生です。
小学校の教員免許を取るべく、単位の取得の毎日です。しかも教育実習まであります。
そんなこんなで、とうとう小学校でも講師をすることになってしまいました。
今年で27歳。こんな社会人でいいのだろうか・・・。


KANとの出会い  

私がKANと初めて出会ったのは、ラジオです。
FM大阪で、当時マーキーさん(現在はFM802でDJをされています)の番組でかかった曲が
「テレビの中に」
でした。10年ぐらい前でしょうか・・・。

「今まで聞いていた曲は音楽と呼べるのだろうか。
この名前も知らない1アーティストの曲に、こんなに心が奪われるものなのだろうか。」
という新鮮な驚きとともに愕然とした思いで聞き入っていたように思います。

その後、雑誌で4thアルバム「HAPPY TITLE−幸福選手権−」に関してインタビューを受けているKANを見、「こういう顔なんだあ・・・」と発見。
本人は「BAD LOOKS」なんて言っているけど、私は好きなんだけどなあ・・・。

1991年7月25日5thアルバム『野球選手が夢だった。』を発売日に買いに行き、正真正銘の(?)ファンとなったに至ります。(その他のアルバムはこの後買いに行った・・・。すいません。)
これが初めて出会ったアルバムであり、一番好きなアルバムだったりします。
一番好きな曲は、このアルバムに収録されている「けやき通りがいろづく頃」です。

この曲に関してKANは
「あたらしいアルバムを作るときに『前作より良いものができるだろうか』という不安はつきものである。
そんな中で、『できた!』という一曲が誕生すると精神的に楽になり、そのあとはけっこうスムーズにいったりする。
4枚目のときのそれは『REGRETS』であり、今回のそれはこの『けやき通りがいろづく頃』であった。
この曲も3枚目の『だいじょうぶI’M ALL RIGHT』同様、ビリー・ジョエルかぼくにしか書けないメロディだと自負している。」
と語っています。
やっぱり、いい曲だもんね!

ところどころ、本編にも書いている通り、コンサートには毎年行っています。
初めて行ったコンサートは
KAN コンサートツアー’93「はやくよくなってね。」
の京都会館第一ホールです。7年前ですか・・・。
ブリーフ星人には、驚かされました・・・。
1999年のコンサートツアー及び、1999−2000のライブツアーには、残念ながら、行けておりません。
また感想など寄せて頂ければ、幸いです。

・・・2002年もKANの年であることを願って・・・



参考文献(論文と同じ扱いだと思って下さい。無許可です。)

KANコンサートツアーパンフレット(1993〜1998・2001)
KANファンクラブ会報「輝」(北青山イメージ開発)1998〜2002
「ぼけつバリほり」(株式会社ワニブックス)1992.3.10
「Pati−Pati」(ソニーマガジンズ)のKANに関する部分(主に1991〜1992)
「ギターブックGB」(ソニーマガジンズ)のKANに関する部分(主に1991〜1992)
「ぴあ」(1997)
1ページ程度のインタビュー記事(主に1991〜1992)
あらゆるKANのちらし(灰色文献ってやつですね)1991〜1999





戻る